情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 用の WebBrowser コントロールを使用して、動的に生成された Web コンテンツを表示する方法

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

このトピックでは、XAML および C# を使用し、WebBrowser コントロールの NavigateToString(String) メソッドを使用して、コントロール内に、動的に生成された Web コンテンツを表示する方法を説明します。このメソッドを使用する前に、WebBrowser コントロールのセキュリティ上の考慮事項を確認する必要があります。詳細については、「Windows Phone 8 の WebBrowser コントロールのセキュリティに関するベスト プラクティス」を参照してください。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

ツールを使用して、または手動で WebBrowser コントロールを追加できます。

ツールを使用して WebBrowser コントロールを追加する

  1. Visual Studio で新しいソリューションまたは既存のソリューションを開きます。

  2. プロジェクトの XAML ファイルの表示中に [ツールボックス] をクリックし、WebBrowser コントロールをデバイス イメージにドラッグします。

手動での WebBrowser コントロールの追加

XAML で WebBrowser コントロールを作成して手動で追加できます。

XAML で WebBrowser コントロールを作成するには

  1. WebBrowser コントロールを追加するページの XAML ファイルを開きます。ソリューション エクスプローラーで、ページの .xaml ファイル (既定で新しいアプリケーションのメイン ページは "MainPage.xaml" と呼ばれる) を右クリックし、[開く] を選択します。

  2. ContentGrid 内に WebBrowser コントロールを追加します。例:

    
    <Grid x:Name="ContentGrid" Grid.Row="1">
        <phone:WebBrowser HorizontalAlignment="Left" Margin="20,50,0,0" Name="webBrowser1" VerticalAlignment="Top" Height="500" Width="430" />
    </Grid>
    
    

NavigateToString への呼び出しを含めるように、分離コード ページを更新します。たとえば、既定の名前付け規則のメイン ページを使用している場合は、MainPage.xaml.cs を更新します。その方法の 1 例を次のサンプル コードに示します。

public MainPage()
{
      InitializeComponent();
      SupportedOrientations = SupportedPageOrientation.Portrait | SupportedPageOrientation.Landscape;

      webBrowser1.Loaded += WebBrowser_OnLoaded;
}

private void WebBrowser_OnLoaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
      webBrowser1.NavigateToString("<html><head><meta name='viewport' content='width=480, user-scalable=yes' /></head><body>HTML Text</body></html>"); 
}

表示: