情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 の Reactive Extensions for .NET (Rx .NET)

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

このトピックでは、Reactive Extensions for .NET (Rx .NET) の簡単な概要、および Windows Phone アプリで使用できる Rx .NET ライブラリについて説明します。Rx .NET の詳細については、Reactive Extensions デベロッパー センターを参照してください。

Rx .NET は、反応型、プッシュベースのアプリを作成するための API を提供するマネージ ライブラリです。反応型アプリは環境に基づいて実行されます。反応型モデルでは、データ ストリーム、非同期要求、およびイベントは、観測可能なシーケンスとして表されます。アプリは、これらの観測可能なシーケンスをサブスクライブし、新しいデータが到着したときに非同期メッセージを受け取ることができます。Reactive Extensions を使用すると、クエリ演算子を使用してこれらのシーケンスを作成できます。

アプリが複数のデータ ソース (ユーザー入力イベント、Web サービス要求、システム通知など) と対話する場合、従来の方法でこれらの対話すべてを管理するには、データ ストリームごとに異なるハンドラーを実装する必要があります。これらのハンドラーの内部では、すべての異なるデータ ストリーム間で調整を行い、このデータを処理して使用可能な形式にするコードを作成する必要があります。Reactive Extensions を使用すると、これらすべてのデータ ストリームを単一のストリームに結合して単一のハンドラーをトリガーする単一のクエリを作成できます。データのフィルター処理、同期、および変換の作業は Reactive Extensions クエリによって実行されるので、ハンドラーは受信したデータに反応し、データに対して何らかの処理を行うだけで済みます。

詳細については、Reactive Extensions デベロッパー向け文書を参照してください。

Windows Phone アプリで使用できる Rx .NET ライブラリは複数あります。最新のライブラリでは System.Reactive 名前空間を使用します。また、ライブラリは別途ダウンロードする必要があります。Microsoft.Phone.Reactive 名前空間は SDK に付属していますが、これらの API を既に使用している既存のアプリ専用にすることをお勧めします。最新の Rx .NET ライブラリの詳細については、Reactive Extensions デベロッパー センターを参照してください。

ヒントヒント:

新しいアプリを開発する場合は、最新の Windows Phone 互換 Rx .NET API を使用することをお勧めします。

System.Reactive

最新の Rx .NET ライブラリでは System.Reactive 名前空間を使用します。このライブラリは、Windows Phone SDK に付属する Reactive Extensions の改良拡張版です。Microsoft.Phone.Reactive との競合を避けるために、ライブラリは System.Reactive 名前空間に配置されています。System.Reactive API の詳細については、Reactive Extensions デベロッパー向け文書を参照してください。

Microsoft.Phone.Reactive

Windows Phone SDK には、Microsoft.Phone.Reactive 名前空間を使用する Reactive Extensions ライブラリが付属します。このライブラリは、それらの API を既に使用している既存のアプリ専用にすることをお勧めします。新しいアプリケーションを開発するときは、System.Reactive API を使用することをお勧めします。Microsoft.Phone.Reactive API の詳細については、Microsoft.Phone.Reactive API リファレンスを参照してください。

表示: