エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone のコードを使用してアプリ バーを作成する方法

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

ユーザーがアプリケーションの最も一般的なタスクにすばやくアクセスできるように、C# または Visual Basic のコードでアプリケーション バーを作成できます。アプリケーション バーを XAML またはコードのどちらで作成するかを決めるための情報については、「Windows Phone のアプリ バー」を参照してください。

ユーザーが展開したアプリケーション バーの例を次の図に示します。

App Bar expanded with menu items

このトピックは、次のセクションで構成されています。

アプリケーション バーは完全にコードでアプリケーションに追加できます。XAML ファイルを編集する必要はありません。この手順は、ページが含まれる Windows Phone アプリケーションがあることを前提としています。アプリケーション バーでアイコン ボタンのイメージを使用するには、そのイメージをアプリケーションに追加しておく必要があります。詳細については、「Windows Phoneのアプリケーション バー アイコン ボタン」を参照してください。

コードでアプリケーション バーを作成するには

  1. エディターでページの分離コード ファイルを開きます。

  2. コードの先頭に、次のステートメントを追加します。

    Imports Microsoft.Phone.Shell
    
  3. ページのコンストラクターで、InitializeComponent を呼び出した後、次のコードを追加します。このコードは新しい ApplicationBar オブジェクトを初期化し、そのオブジェクトをページの ApplicationBar プロパティに割り当てます。

    ApplicationBar = new ApplicationBar()
    
  4. 必要に応じて、アプリケーション バーのプロパティを設定します。プロパティの詳細については、「Windows Phone のアプリ バー」を参照してください。

    ApplicationBar.Mode = ApplicationBarMode.Default
    ApplicationBar.Opacity = 1.0
    ApplicationBar.IsVisible = true
    ApplicationBar.IsMenuEnabled = true
    
  5. 必要に応じて、1 つまたは複数の ApplicationBarIconButton オブジェクトを作成します。アイコンのイメージとボタンのテキストを設定し、アプリケーション バーに追加します。ボタンのテキストを設定しないと、実行時例外が発生します。

    Dim button1 as ApplicationBarIconButton = new ApplicationBarIconButton()
    button1.IconUri = new Uri("/Images/YourImage.png", UriKind.Relative)
    button1.Text = "button 1"
    ApplicationBar.Buttons.Add(button1)
    
  6. メニュー項目は省略可能です。必要に応じて、1 つまたは複数の ApplicationBarMenuItem オブジェクトを作成します。テキストを設定し、アプリケーション バーに追加します。

    Dim menuItem1 as ApplicationBarMenuItem = new ApplicationBarMenuItem()
    menuItem1.Text = "menu item 1"
    ApplicationBar.MenuItems.Add(menuItem1)
    
  7. 完成したアプリケーション バーの例を次に示します。クリックのイベントとハンドラーは次の手順で追加します。

    Public Sub New()
        InitializeComponent()
            
        ApplicationBar = new ApplicationBar()
    
        ApplicationBar.Mode = ApplicationBarMode.Default
        ApplicationBar.Opacity = 1.0
        ApplicationBar.IsVisible = true
        ApplicationBar.IsMenuEnabled = true
    
        Dim button1 as ApplicationBarIconButton = new ApplicationBarIconButton()
        button1.IconUri = new Uri("/Images/YourImage.png", UriKind.Relative)
        button1.Text = "button 1"
        ApplicationBar.Buttons.Add(button1)
    
        Dim menuItem1 as ApplicationBarMenuItem = new ApplicationBarMenuItem()
        menuItem1.Text = "menu item 1"
        ApplicationBar.MenuItems.Add(menuItem1)
    End Sub
    

アイコン ボタンとメニュー項目は、コード内で処理できるクリック イベントを公開します。

クリック イベントを処理するには

  1. エディターでページの分離コード ファイルを開きます。

  2. アイコン ボタンやメニュー項目ごとに、ユーザーがクリックしたときに呼び出すイベントを特定します。クリック イベントが特定された、前の手順のアプリケーション バーの例を次に示します。

    Dim button1 as ApplicationBarIconButton = new ApplicationBarIconButton()
    button1.IconUri = new Uri("/Images/YourImage.png", UriKind.Relative)
    button1.Text = "button 1"
    ApplicationBar.Buttons.Add(button1)
    AddHandler button1.Click, AddressOf button1_Click
    
    Dim menuItem1 as ApplicationBarMenuItem = new ApplicationBarMenuItem()
    menuItem1.Text = "menu item 1"
    ApplicationBar.MenuItems.Add(menuItem1)
    AddHandler menuItem1.Click, AddressOf menuItem1_Click
    
  3. アイコン ボタンやメニュー項目ごとに、ユーザーがクリックしたときに呼び出すイベントを追加します。ページ クラス内にコードを追加します。前の手順のアプリケーション バーに対するクリック イベントの例を次に示します。

     Private Sub button1_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs)
    
        MessageBox.Show("Button 1 works!")
        'Do work for your application here.
    End Sub
    
    
    Private Sub menuItem1_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs)
    
        MessageBox.Show("Menu item 1 works!")
        'Do work for you application here.  
    End Sub
    

表示:
© 2015 Microsoft