このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 のアプリのデバッグ

2014/06/18

Windows Phone プロジェクトは他の種類のプロジェクトと同じようにデバッグできます。Visual Studio で F5 キーを押すと Windows Phone エミュレーターまたは Windows Phone デバイスでアプリが起動し、同時にデバッガーが起動します。その後で、ブレークポイントの設定、呼び出し履歴の確認などの一般的なタスクを実行できます。デバイスまたはエミュレーターへのアプリケーションの配置の詳細については、「Windows Phone 8 のアプリをビルドする方法」を参照してください。

これで、直接起動した場合に限らず、タイルやプッシュ通知で起動したときでも、Windows Phone 8 をターゲットとするアプリをデバッグすることができます。Windows Phone 8 Emulator または Windows Phone 8 デバイスでアプリを起動してデバッグする場合、[戻る] ボタンをクリックするとアプリは終了しますが、デバッガーはアタッチされたままになります。タイルまたはプッシュ通知を使ってもう一度アプリを起動すれば、アプリのデバッグを続けることができます。

[プロジェクト デザイナー] の [デバッグ] ページの [デバッガーの種類] セクションでは、アプリのマネージ コード部分またはネイティブ コード部分をデバッグするかどうかを選択できます。アプリがバックグラウンド エージェントと通信する場合は、バックグラウンド エージェントのマネージ コード部分またはネイティブ コード部分を独立してデバッグするかどうかも選択できます。アプリとバックグラウンド エージェントの両方を同じデバッグ セッションでデバッグできます。ただし、アプリのマネージ コード部分とネイティブ コード部分、またはバックグラウンド エージェントのマネージ コード部分とネイティブ コード部分を、同時にデバッグすることはできません。

Visual Studio でのデバッグに一般的な説明については、「Visual Studio によるデバッグ」を参照してください。

アプリケーションのデバッグ中に画面がロックされないようにするため、アプリケーションに次のコード例を加えてください。後で、画面ロック発生時のアプリの動作をテストする場合は、このコードを削除してください。

' Avoid screen locks while debugging.
If System.Diagnostics.Debugger.IsAttached Then

    PhoneApplicationService.Current.UserIdleDetectionMode = IdleDetectionMode.Disabled
End If

次の表に、Visual Studio Express 2012 for Windows Phone と Windows Phone Add-in for Visual Studio 2012 でサポートされているデバッグ機能を示します。

機能

Windows Phone Add-in for Visual Studio 2012

Visual Studio Express 2012 for Windows Phone

メモ

マネージ デバッグ

Windows Phone 用の XAML と XNA Framework プロジェクトのデバッグがサポートされています。

ローカル プロセスへのアタッチ

×

×

このコマンドは、Windows Phone Add-in for Visual Studio 2012 内にのみあります。アドインを使用してローカル プロセスにアタッチしようとすると、指定されたデバイスに接続できないことを示すメッセージが表示されます。

リモート プロセスへのアタッチ

×

×

ブレークポイント:

  • ブレークポイントの設定と削除

  • ブレークポイントの有効化と無効化

  • コール スタックからブレークポイントを挿入する

ブレークポイント:

  • ブレークポイントの位置

  • ブレークポイント条件

  • ブレークポイントのラベル付け、消去、および並べ替え

  • ヒット カウント

  • ブレークポイントのインポートとエクスポート

ブレークポイント:

  • トレースポイントとマクロ

  • ブレークポイント フィルター

×

×

ブレークポイント:

  • アドレス ブレークポイント

  • 逆アセンブルからのブレークポイント挿入

ネイティブ デバッグのみ

ネイティブ デバッグのみ

コンピューター間デバッグ

×

×

この機能は、他の Visual Studio Express Edition ではサポートされていません。Windows Phone ベースのアプリには該当しません。

スレッド間デバッグ

×

デバッグ中に別スレッドに切り替えることを指します。

データヒント

デバッガー ウィンドウ:

  • 出力

  • コール スタック

  • ローカル

  • イミディエイト

  • ウォッチ

  • シンボル結果の検索

  • ブレークポイント

  • 自動

  • スレッド

  • モジュール

  • プロセス

デバッガー ウィンドウ:

  • Command

×

この機能は、他の Visual Studio Express Edition ではサポートされていません。

デバッガー ウィンドウ:

  • メモリ

  • レジスタ

  • 逆アセンブル

ネイティブ デバッグのみ

ネイティブ デバッグのみ

セキュリティ ゾーン内のデバッグ

×

×

この機能は Internet Explorer にのみ該当します。

デザイン時の式の評価

×

×

たとえば、デザイン時にイミディエイト ウィンドウに入力した関数は評価されません。

すべてデタッチ

×

×

[すべてデタッチ] コマンドは [すべて中止] コマンドと同じように動作します。つまり、プロセスはデバッグセッションと共に終了します。このコマンドは Visual Studio Express のいずれのバージョンにもありません。

エディット コンティニュ

×

×

デバッグ セッション中、コード編集はブロックされます。

例外処理アシスタント

×

例外処理構成

ネイティブ デバッグのみ

×

Windows Phone プロジェクトは常にハンドルされていない例外でブレークします。[デバッグ] メニューの [例外] をクリックしてこの設定を変更できますが、変更は適用されません。このコマンドは、Windows Phone Add-in for Visual Studio 2012 内にのみあります。

上級者用の設定

IntelliTrace

×

×

この機能は、他の Visual Studio Express Edition ではサポートされていません。デバッグ履歴の構成は利用できません。

相互運用機能デバッグ

×

×

相互運用機能は Windows Phone ではサポートされていません。

Just-In-Time デバッグ

×

×

この機能は、他の Visual Studio Express Edition ではサポートされていません。

Just My Code (JMC) デバッグ

×

×

デバッグ エンジンの手動設定

Direct3D XAML アプリケーションなどのハイブリッド アプリケーションでは、UI タスクと任意のエージェント タスクの両方に Managed Only または Native Only を選択できます。マネージ アプリケーションの場合、デバッグ エンジンは [Managed Only] で、これを変更することはできません。

ミニダンプのサポート

×

×

この機能は、他の Visual Studio Express Edition ではサポートされていません。

MPI クラスター デバッグ

×

×

この機能は、他の Visual Studio Express Edition ではサポートされていません。

複数プロセスのデバッグ

×

×

この機能は、他の Visual Studio Express Edition ではサポートされていません。

ネイティブ デバッグ

NTSD 拡張機能のサポート

×

×

この機能は、他の Visual Studio Express Edition ではサポートされていません。ネイティブ デバッグはサポートされていません。

リモート デバッグ

×

×

この機能は、他の Visual Studio Express Edition ではサポートされていません。

カーソル行の前まで実行

この機能は、他の Visual Studio Express Edition ではサポートされていません。Windows Phone Add-in for Visual Studio 2012 では、コード エディターまたはコール スタック ウィンドウでショートカット メニューを使用してこの機能にアクセスできます。

スクリプトのデバッグ

×

×

JScript はサポートされていません。

簡易デバッグ UI

×

この機能は、他の Visual Studio Express Edition ではサポートされていません。

ソース サービス

×

×

この機能は、他の Visual Studio Express Edition ではサポートされていません。この機能は自動的に処理されます。

コードのステップ実行 (ステップ イン、ステップ オーバー)

フレームに切り替え (コール スタックのリワインド)

シンボル サーバー

×

×

Windows Phone コンポーネントのデバッグ中、シンボルは利用できません。

トレースポイント

×

×

Transact-SQL と SQL Server CLR 統合デバッグ

×

×

この機能は、他の Visual Studio Express Edition ではサポートされていません。この機能は Windows Phone Add-in for Visual Studio 2012 ではサポートされていませんが、ブロックはされません。

XSLT デバッグ

×

×

この機能は、他の Visual Studio Express Edition ではサポートされていません。

Windows Phone OS 7.1 をターゲットとする XNA Framework プロジェクトは、Windows Phone 用の他のアプリケーションのデバッグと同じようにデバッグできます。XNA Framework プロジェクトのサポート済みおよび未サポートのデバッグ機能の詳細については、「Windows Phone ゲームのデバッグ」を参照してください。

メモメモ:

XNA コンテンツをレンダリングするアプリケーションをエミュレーターでデバッグするには、アプリケーションのデバッグに使用するコンピューターで GPU が有効になっている必要があります。

表示:
© 2015 Microsoft