エクスポート (0) 印刷
すべて展開

方法: Windows Phone Emulator でアプリケーションを起動する

2012/02/09

Windows Phone アプリケーションを開発するときは、Windows Phone エミュレーターを使用してアプリケーションを配置しテストできます。Windows Phone エミュレーターで実際の Windows Phone デバイスのテストを置き換えることはできませんが、Windows Phone エミュレーターはアプリケーションを手軽にテストできる便利なツールです。

注注:

Visual Studio 2010 Express for Windows Phone を使用しているか、Visual Studio 2010 Professional または Visual Studio 2010 Ultimate のアドインを使用しているかによって、メニュー コマンドやウィンドウ レイアウトが多少異なる場合があります。

Visual Studio において、Windows Phone エミュレーターで Windows Phone プロジェクトを初めて実行する場合、次の処理が行われます。

  • エミュレーターが起動します。

  • Windows Phone OS 7.1 オペレーティング システムが読み込まれます。

  • Windows Phone のスタート画面が表示されます。

  • アプリケーションがエミュレーターに配置されます。

  • アプリケーションが起動します。

Windows Phone エミュレーターが既に実行されている場合、実行中のエミュレーターにアプリケーションが配置され、起動されます。1 回にエミュレーターの 1 つのインスタンスのみ実行できます。

Windows Phone エミュレーターでアプリケーションを起動するには

  1. Visual Studio で Windows Phone プロジェクトを開きます。

  2. 標準のツール バー上で、[Windows Phone エミュレーター] をクリックします。

    エミュレーターを選択している標準ツールバー上のターゲット
  3. [デバッグ] メニューの [デバッグ開始] をクリックするか、F5 キーを押します。

    アプリケーションがエミュレーターに展開され、起動します。

注注:

アプリケーションの配置を高速にするため、複数のデバッグ セッション間でエミュレーターを開いたままにします。エミュレーターを開いたままにするには、エミュレーターの [戻る] をクリックし、[デバッグの停止] コマンドを使用するか Shift キーを押しながら F5 キーを押します。詳細については、「方法: Windows Phone Emulator でアプリケーションを停止および再起動する」を参照してください。

表示:
© 2015 Microsoft