情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 用の Windows Phone エミュレーター

2014/06/18

Windows Phone エミュレーターは、Windows Phone デバイスをエミュレートするデスクトップ アプリケーションです。このアプリケーションは、物理デバイスがなくても Windows Phone アプリをデバッグおよびテストできる仮想化環境を提供します。また、アプリケーションのプロトタイプのための隔離環境としても使用できます。

Windows Phone エミュレーターは、パフォーマンスが実際のデバイスと同等となるように設計されています。ただし、Windows Phone ストア に公開する前にアプリを物理デバイスでテストすることをお勧めします。詳細については、「Windows Phone 8 のアプリを配置し、実行する方法」を参照してください。

Windows Phone でサポートされている OS のバージョンおよび画面解像度ごとに、独自のエミュレーター イメージ上でアプリをテストすることができます。Visual Studio の既定のエミュレーター イメージは Emulator WVGA 512MB であり、メモリに制約のある Windows Phone 8 電話をエミュレートします。これが既定の選択となっているため、可能な限り広いマーケットを対象とした Windows Phone 8 アプリ開発が促進されます。詳細については、「低メモリの電話向けの Windows Phone 8 用のアプリ開発」を参照してください。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

 

インストール

Windows Phone エミュレーターは、Windows Phone SDK のコンポーネントの 1 つです。Windows Phone SDK をインストールする方法については、「SDK を取得する」を参照してください。

Windows Phone SDK 8.0 をインストールすると、Windows Phone 8 Emulator エミュレーターと Windows Phone 7.1 エミュレーターの両方がインストールされます。

アンインストール

Windows Phone SDK 8.0 をアンインストールしても、エミュレーターを使用するために作成された Hyper-V Virtual Ethernet Adapter が自動的に削除されることはありません。コントロール パネルの [ネットワーク接続] から、この仮想アダプターを手動で削除する必要があります。

システム要件

Windows Phone エミュレーターのハードウェア、ソフトウェア、および構成の要件については、次のトピックを参照してください。

重要:重要:

Windows Phone SDK 8.0 セットアップ プログラムは、Windows Phone 8 Emulator 実行の前提条件を確認します。前提条件が存在しない場合、警告を表示しますが、前提条件は必要ありません。

コンピューターまたはネットワークで、エミュレーターを実行するためのすべての要件をサポートしていない場合でも、SDK をインストールし、Windows Phone 8 用のアプリを開発できます。ただし、それらは登録済みの Windows Phone 8 の電話でのみ、デバッグおよびテストできます。

下位互換性

Windows Phone 8 Emulator は Visual Studio 2012 を必要とし、以前のバージョンの Visual Studio との下位互換性はありません。

Windows Phone 8 Emulator は、Windows Phone OS 7.1 より前の Windows Phone OS バージョンを対象にしているアプリを読み込むことができません。

Windows Phone 8 Emulator のネットワーク機能は、以下の特性を持つデスクトップ コンピューターの接続と同じように動作します。

  • エミュレーターは、独自の IP アドレスを持つ独立したデバイスとしてネットワーク上に表示されます。

  • Windows 8 オペレーティング システムと共にあらかじめインストールされている以外の追加のネットワーク ソフトウェアを必要としません。

  • Windows ドメインに参加しません。

  • 開発用コンピューターからプロキシ設定をコピーします。

エミュレーターのネットワーク接続機能を理解するために、使用中の Windows Phone から同じネットワークへの Wi-Fi 接続に似たものだと考えてください。電話上で動作するアプリが Wi-Fi 接続を経由してネットワーク リソースに接続できる場合、エミュレーター上で動作しているアプリも同じネットワーク リソースにアクセスできます。

重要:重要:

開発用コンピューターからネットワーク リソースにアクセスするためにドメイン メンバーシップまたはクライアント ソフトウェアが必要な場合は、エミュレーター上で動作しているアプリは、企業の IT 部門から例外の許可を受けない限り、そのようなネットワーク リソースにアクセスできません。

エミュレーターのネットワーク要件の詳細については、「Windows Phone 8 エミュレーターのシステム要件」を参照してください。

エミュレーターのネットワークに関する問題のトラブルシューティングを行うには、「エミュレーターのトラブルシューティング」を参照してください。

Windows Phone 8 Emulator でのグラフィックスの描画やネットワーク機能に関する実装は、Windows Phone OS 7.1 エミュレーターから変更されました。次の表に、これらの変更、およびエミュレーター内でのアプリのテストに及ぼす影響を簡単に説明します。

エミュレーターの機能

Windows Phone OS 7.1 エミュレーターの動作

Windows Phone 8 Emulator の動作

[効果]

グラフィックスの描画

コンピューターのハードウェア グラフィックス カードを使用します。

ソフトウェア エミュレーションを使用します。

Windows Phone 8 Emulator のグラフィックスは、物理的な電話のグラフィックスよりも高速な場合と低速な場合があります。

Networking (ネットワーク)

コンピューターのネットワーク接続を使用します。

個別のデバイスとしてネットワークに直接接続します。

詳細については、「Windows Phone 8 エミュレーターにおけるネットワーク」を参照してください。

Windows Phone 8 Emulator は独自の IP アドレスを使用して、ネットワークに直接接続されます。ネットワーク構成とファイアウォールまたはプロキシの設定によっては、エミュレーターはネットワークの特定の宛先に到達できない可能性があります。

サンプルの写真

メディア ライブラリにサンプルの写真があらかじめ記録されています。

エミュレーターで [写真ハブ] を初めて開いたときに、サンプルの写真がメディア ライブラリに追加されます。

写真セレクター タスクを使用するアプリや、MediaLibrary クラスを使用するアプリをテストする場合は、アプリをテストする前に、エミュレーターを実行し、手動で [写真ハブ] を開いてサンプルの写真をアルバムに追加してください。

エミュレーターでテストできる Windows Phone 8 のハードウェアおよびプラットフォームの機能について、次の表で説明します。Windows Phone 8 Emulator は、Windows Phone 7.1 Emulator でサポートされていないいくつかの機能をサポートしています。

ここに示す機能の中には、部分的にのみサポートされているか、特定の状況においてのみサポートされている機能や、追加のダウンロードが必要な機能があります。

サポートされている機能

説明

複数の画面解像度

Windows Phone 8 エミュレーターを使用して、以下の画面解像度でアプリをテストできます。

  • WVGA (800 x 480)

  • WXGA (1280 x 768)

  • 720p (1280 x 720)

詳細については、「Windows Phone 8 の複数解像度アプリ」を参照してください。

画面構成のオプション

Windows Phone エミュレーターは、次の画面構成オプションをサポートしています。

メモリに制約のあるデバイス

エミュレーターを使用して、メモリに制約のある、次のようなデバイスをエミュレートしたイメージでアプリをテストすることができます。

  • エミュレーター WVGA 512MB (Windows Phone 8 を対象とするアプリ用)。

  • エミュレーター WVGA 512MB、エミュレーター 7.8 256 MB、およびエミュレーター 7.1 256 MB (Windows Phone OS 7.1 を対象とするアプリ用)。

詳細については、「低メモリの電話向けの Windows Phone 8 用のアプリ開発」を参照してください。

Networking (ネットワーク)

ネットワーク機能のサポートは Windows Phone エミュレーターに統合されています。ネットワーク機能は既定で有効になっています。Windows Phone エミュレーター用のネットワーク ドライバーをインストールする必要はなく、ほとんどの環境ではネットワーク機能オプションを手動で構成する作業も不要です。詳細については、「Windows Phone 8 Emulator におけるネットワーク」を参照してください。

シミュレーション ダッシュボードを使用して、ネットワーク接続の不良をシミュレートすることもできます。詳細については、「Windows Phone で低帯域幅接続やシグナル不良をシミュレートする方法」を参照してください。

言語と地域の設定

テスト目的で、Windows Phone エミュレーターの表示言語や地域設定を変更できます。詳細については、「Windows Phone エミュレーターの地域設定のテスト方法」および「Windows Phone のローカライズされたアプリをテストする方法」を参照してください。

アプリケーションのライフサイクルと廃棄

アプリを非アクティブにした場合または廃棄した場合の動作をテストすることができます。詳細については、「Windows Phone のアプリ状態変化のテスト方法」を参照してください。

ローカル フォルダー (以前の分離ストレージ)

エミュレーターを実行している間は分離ストレージ内のデータは維持されますが、エミュレーターを終了するとデータは失われます。分離ストレージの詳細については、「クイックスタート: Windows Phone 8 でのファイルとフォルダーの操作」を参照してください。

カメラとビデオ (制限付き)

Windows Phone 8 Emulator におけるカメラとビデオのサポートに関する詳細については、以下のトピックにある「エミュレーターの使用」のセクションを参照してください。

この機能は、Windows Phone 7.1 Emulator ではサポートされていません。

位置情報 (GPS) シミュレーション

詳細については、「Windows Phone の位置データを使用するアプリのテスト方法」を参照してください。

加速度計シミュレーション

詳細については、「Windows Phone の加速度計を使用するアプリをテストする方法」を参照してください。

マルチタッチ

ホスト コンピューターがマルチタッチ入力をサポートしている必要があります。マウスを使用したマルチタッチのシミュレーションは、エミュレーターではサポートされていません。

マイク

ホスト コンピューター上のマイクを必要とし、それを使用します。

近接 (NFC)

追加のダウンロードを使用して近接通信をテストすることができます。詳細については、「Windows Phone 8 の近接通信」を参照してください。

アプリ内購入

追加のダウンロードを使用してアプリ内での購入をテストすることができます。詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ内購入のテスト」を参照してください。

コピーと貼り付け

詳細については、「Windows Phone エミュレーターでコピーと貼り付けをテストする方法」を参照してください。

ロック画面

詳細については、「Windows Phone でロック画面をシミュレートする方法」を参照してください。

通知

詳細については、「Windows Phone で割り込みをシミュレートする方法」を参照してください。

エミュレーターのその他の機能を次の表に示します。

機能

説明

ハードウェア キーボードとハードウェア ボタン

ホスト コンピューターのキーボードを、エミュレーション用のハードウェア キーボードとして使用できます。特別なキーを使用して電話のハードウェア ボタンをエミュレートすることもできます。詳細については、「Windows Phone 8 エミュレーターでのコンピューター キーボードの使用方法」を参照してください。

スクリーンショット ツール

Windows Phone エミュレーターのスクリーンショット ツールを使用すると、ストア のサイズ要件に合わせてアプリケーションのスクリーンショットを簡単に作成できます。詳細については、「Windows Phone ストア用のスクリーンショットの作成方法」を参照してください。

エミュレーターでテストできない Windows Phone 8 のハードウェアおよびプラットフォームの機能について、次の一覧で説明します。以下の機能は物理的なデバイス上でテストする必要があります。

  • コンパス

  • ジャイロスコープ

  • バイブレーション コントローラー

  • 画面の明るさ。画面の明るさレベルは常に高です。

エミュレーターでのアプリの実行については、「Windows Phone 8 のアプリを配置し、実行する方法」を参照してください。

Windows Phone SDK 8.0 でツールを使用するときに回答を探して問題を解決するには、Windows Phone 開発用ツールに関するフォーラムを利用してください。Windows Phone の開発に関するすべてのフォーラムを見るには、Windows Phone 開発フォーラムにアクセスしてください。他のサポート オプションを確認するには、「MSDN のトラブルシューティングとサポート」を参照してください。

表示: