このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 アプリ内ナビゲーション

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

このトピックは、次のセクションで構成されています。

Windows Phone アプリケーションでは、ユーザーはさまざまなコンテンツの画面を経由して次に進むことができます。また、Windows Phone ハードウェアの [戻る] ボタンを使用して前に戻ることもできます。このモデルでは、開発者は以下のことを実行できます。

  • Windows Phone のナビゲーション モデルに自然に適合するビュー ベースのアプリケーションを簡単に作成できます。

  • Windows Phone の外観と操作性に適合した既定のトランジションを提供できます。

中心となる要素には、PhoneApplicationPage をホストできる PhoneApplicationFrame と呼ばれる最上位レベルのコンテナー コントロールが含まれます。アプリケーションのページには、独立したコンテンツのセクションが含まれます。Windows Phone アプリ プラットフォーム では、独立したコンテンツ セクションへのナビゲーションを容易にする Frame クラスと Page クラスが利用できます。コンテンツをアプリケーションに表示するために必要な数のさまざまなページを作成し、フレームからそれらのページに移動できます。アプリケーションのフレームとページの階層の例を次の図に示します。

重要:重要:

アプリケーションを開発する際には、標準的な PhoneApplicationFrame 型および PhoneApplicationPage 型ではなく、Frame 型および Page 型を使用する必要があります。詳細については、クラス ライブラリ リファレンスの PhoneApplicationFrame クラスと PhoneApplicationPage クラスの各トピックを参照してください。

 

AP_Con_Frame

 

フレーム

フレームは Windows Phone の外観と操作性に統合されるので、他のアプリケーションと同様の表示になります。例外なく、アプリケーションで使用できるフレームは 1 つだけです。フレームには次の特徴があります。

  • 画面の向きなどホスト側ページから取得したプロパティを公開します。

  • ページの表示に使用されるクライアント領域を公開します。

  • ページ間の移動を容易にする NavigationService を公開します。

  • ステータス バーおよびアプリケーション バーのための領域を予約します。

メモメモ:

フレームは通話などの特定の操作で Obscured イベントや Unobscured イベントを受け取る場所にもなります。詳細については、「Obscured」および「Unobscured」を参照してください。

ページ

ページには、フレームのコンテンツ領域全体が含まれます。ページには次の特徴があります。

  • オプションで、アプリケーション バーの外観を変更します。

ステータス バーとアプリケーション バーは、アプリケーション クロムを表現します。クライアント領域はホスト アプリケーションで描画できるウィンドウで、論理クライアント領域はユーザーに表示される領域です。アプリケーションのコンテンツは、論理クライアント領域の外側にも存在することができます (垂直方向にスクロールする場合など)。

ステータス バー

ステータス バーでは、システムレベルのステータス情報を簡潔に表示します。ステータス バーはアプリケーション ワークスペース内に確保されています。ユーザーはステータス バーを通じて、さまざまな通知や重要情報を常に把握することができます。

メモメモ:

ステータス バーは、システム トレイと呼ばれることもあります。

ステータス バーには、次の特徴があります。

  • ステータス バーの表示設定はアプリケーションで変更できます。

  • ステータス バーの不透明率はアプリケーションで変更できます。

  • ステータス バーの色はアプリケーションで変更できます。

  • アプリケーションでステータス バーの進行状況インジケーターを使用して進行状況を表示できます。

メモメモ:

ステータス バーのプロパティを設定するコード例については、SystemTray を参照してください。

アプリケーション バー

アプリケーション バーは、よく使うタスクを起動する場所として利用することができます。使用頻度が高くないタスクの場合は、アプリケーション バーから起動する 1 つのメニューをアプリケーションに含めることができます。

アプリケーション バーには、次の特徴があります。

  • アプリケーション バーの表示設定はアプリケーションで変更できます。

  • アプリケーション バーの不透明率はアプリケーションで変更できます。

  • アプリケーション バーの色はアプリケーションで変更できます。

Windows Phone は向きの変更をサポートしており、横向きおよび縦向きのどちらでも使用できます。必要に応じて、アプリケーションは複数の向きをサポートするように構成する必要があります。既定では、縦向きのみに設定されます。アプリケーションで指定したページが縦向きと横向きの両方をサポートしている場合、ユーザーはデバイスを物理的に回転して向きを変更することができます。Orientation プロパティは読み取り専用に設定されているため、プログラムで向きを直接切り替えることはできません。向きを切り替えるには、SupportedOrientations プロパティを希望の向きに設定する必要があります。

メモメモ:

縦向き下 (上下逆) は Windows Phone ではサポートされていません。この機能を使用する必要があるアプリケーションは、デバイスの加速度計を使用して UI を変更できます。ただし、クロムは通常の縦向きモードのままになります。

ページには、Orientation プロパティと SupportedOrientations プロパティがあります。アプリケーションの移動先ページで、SupportedOrientations プロパティに現在の向きが含まれていない場合、UI の向きが指定の向きに変更されます。

ハードウェアの [戻る] ボタンは、アプリケーション内またはアプリケーション間で前に戻る場合に使用します。また、[戻る] ボタンでは、画面上のキーボード、メニュー、ダイアログの終了、前のページへの移動、またはアプリケーションの切り替えを行うこともできます。ただし、主な用途は現在の画面から前の画面に戻ることです。

重要:重要:

アプリケーションは認定を受けて ストア に表示されるために、戻るボタンの使用に関連するいくつかの要件を満たす必要があります。詳細については、「Windows Phone の技術的な認定要件」を参照してください。

メモメモ:

Navigating イベントでは、移動をキャンセルすることができます。ただし、これは API 呼び出しで移動が行われた場合にのみ機能します。[戻る] ボタンまたは [スタート] ボタンによる移動をキャンセルすることはできません。[戻る] ボタンの場合、OnBackKeyPress(CancelEventArgs) メソッドを使用して移動をキャンセルできますが、[スタート] ボタンによる移動をキャンセルすることはできません。

表示:
© 2015 Microsoft