このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開

RoleInstanceDiagnosticManager クラス

更新日: 2013年11月

特定のロール インスタンスの構成データと診断データをリモートで管理するためのクラスです。

名前空間: Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.Management
アセンブリ: Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics (Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.dll)

public class RoleInstanceDiagnosticManager

RoleInstanceDiagnosticManager クラスは、ロール インスタンスの現在の診断マネージャーを表します。このクラスのメソッドとプロパティを使用すると、オンデマンド転送を構成し、デプロイメントとそのロールに関する情報を取得できます。

Warning警告
Azure SDK Version 2.5 以上では、この API がサポートされません。代わりに、XML 構成ファイル diagnostics.wadcfg を使用してください。詳細については、「Collect Logging Data by Using Azure Diagnostics」を参照してください。


System.Object
  Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.Management.RoleInstanceDiagnosticManager

この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバーはすべてスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

開発プラットフォーム

Windows Vista、Windows 7 および Windows Server 2008

ターゲット プラットフォーム

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft