この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Azure サービスの構成スキーマ (.cscfg ファイル)

 

.cscfg には、サービス内のロールごとにデプロイするロール インスタンスの数、構成設定の値、ロールに関連付けられている証明書のサムプリントが指定されています。 サービスが仮想ネットワークの一部である場合は、ネットワークの構成情報をサービス構成ファイルと仮想ネットワーク構成ファイルの両方に指定する必要があります。 サービス構成ファイルの既定の拡張子は .cscfg です。

サービス モデルは、 Azure サービスの定義スキーマ (.csdef ファイル)です。

既定では、Azure 診断の構成スキーマ ファイルがインストールされている、 C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows Azure\.NET SDK\<version>\schemas ディレクトリ。 置き換える <version> のインストール済みのバージョンで、 Azure SDKです。

詳細については、サービスでロールの構成、を参照してください How To:Visual Studio で Azure アプリケーションのロールを構成するです。

サービス構成ファイルの基本形式は次のとおりです。


<ServiceConfiguration serviceName="<service-name>" osFamily="<osfamily-number>" osVersion="<os-version>" schemaVersion="<schema-version>"> <Role …> … </Role> <NetworkConfiguration> … </NetworkConfiguration> </ServiceConfiguration>

次のトピックでは、スキーマについての説明、 ServiceConfiguration 要素。

サービス構成ファイルの XML 名前空間は、次のとおりです。

http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceConfiguration

ServiceConfiguration 要素は、サービス構成ファイルの最上位の要素。

次の表の属性を記述する、 ServiceConfiguration 要素。 属性値はすべて文字列型です。

属性

description

serviceName

必須。

クラウド サービスの名前。 ここで指定する名前は、サービス定義ファイルに指定されている名前と一致する必要があります。

osFamily

省略可能です。 クラウド サービスのロール インスタンスで実行されるゲスト OS を指定します。 サポートされているゲスト OS のリリースの詳細については、次を参照してください。 Azure ゲスト OS リリースと SDK の互換性対応表です。

指定しない場合、 osFamily 値とする設定していない、 osVersion 属性を特定のゲスト OS バージョン、既定値は 1 を使用します。

osVersion

省略可能です。 クラウド サービスのロール インスタンスで実行されるゲスト OS のバージョンを指定します。 ゲスト OS バージョンの詳細については、次を参照してください。 Azure ゲスト OS リリースと SDK の互換性対応表です。

ゲスト OS が最新のバージョンに自動的にアップグレードされるよう指定できます。 これを行うには、値を設定、 osVersion 属性を *です。 設定すると *, 、ロール インスタンスが指定されている OS ファミリのゲスト OS の最新バージョンを使用して展開され、ゲスト OS の新しいバージョンがリリースされたときに自動的にアップグレードします。

特定のバージョンを手動で指定するには、次のように使用します。、 Configuration String 内のテーブルから、 将来、現在、過渡期のゲスト OS バージョン 」の「 Azure ゲスト OS リリースと SDK の互換性対応表です。

既定値、 osVersion 属性が *です。

schemaVersion

省略可能です。 サービス構成スキーマのバージョンを指定します。 スキーマ バージョンは、SDK の複数のバージョンがサイド バイ サイドでインストールされている場合に、スキーマ検証に使用する正しい SDK ツールを Visual Studio で選択できるようにします。 詳細については、スキーマとバージョンの互換性、を参照してください Azure ゲスト OS リリースと SDK の互換性対応表

サービス構成ファイルには、1 つ含める必要があります ServiceConfiguration 要素。 ServiceConfiguration 要素は、任意の数を含めることが Role 要素と 0 個または 1 NetworkConfiguration 要素。

表示: