この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

OnDemandTransferOptions クラス

 

更新日: 2011年10月

オンデマンド転送のオプションを指定します。

名前空間:   Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.Management
アセンブリ:  Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics (Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.dll 内)

System.Object
  Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.Management.OnDemandTransferOptions

public class OnDemandTransferOptions

名前説明
System_CAPS_pubpropertyFrom

イベント データを転送する時間枠の開始を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyLogLevelFilter

レベル情報付きで記録されたイベント データのフィルター レベルを取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyNotificationQueueName

転送完了通知 (任意) の送信先となるキューの名前を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyTo

イベント データを転送する時間枠の終了を取得または設定します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodToString()

(Object から継承されました。)

OnDemandTransferOptions クラスは、ロール インスタンスから診断データを転送するためのオプションを指定するために使用します。 たとえば、結果を返す期間を指定できるほか、永続的ストレージの通知キューの名前やログ レベルを指定することができます。

Example

次のコード スニペットは完全な作成 OnDemandTransferOptions オブジェクトし、オンデマンド転送を開始します。

// Specify the on-demand transfer options for the diagnostic data. OnDemandTransferOptions transferOptions = new OnDemandTransferOptions(); // Get data starting from an hour ago until now. transferOptions.From = DateTime.UtcNow.AddHours(1.0); transferOptions.To = DateTime.UtcNow; // Specify only error-level logs. transferOptions.LogLevelFilter = LogLevel.Error; // Provide a name for the queue where completion messages will be stored. transferOptions.NotificationQueueName = "wad-on-demand-transfers"; // Start a transfer of Windows event logs. roleInstanceDiagnosticManager.BeginOnDemandTransfer(DataBufferName.PerformanceCounters, transferOptions);

System_CAPS_warning警告

は、この API はサポートされていない Azure SDK バージョン 2.5 以降。 代わりに、XML 構成ファイル diagnostics.wadcfg を使用してください。 詳細については、次を参照してください。 Azure 診断を使用してログ データの収集です。

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: