Office 2010 のリボンの拡張性 : タブのアクティブ化と自動サイズ調整

Office 2010

概要 : タブのアクティブ化と自動サイズ調整が Microsoft Office 2010 Fluent™ ユーザー インターフェイスのリボンの拡張性モデルに追加されました。この記事では、これらの機能について詳しく説明します。

最終更新日: 2015年4月24日

適用対象: Excel 2010 | Office 2007 | Office 2010 | Open XML | PowerPoint 2010 | SharePoint Server 2010 | VBA | Word 2010

この記事の内容
機能の概要
タブのアクティブ化の設定
カスタム コントロールの自動サイズ調整
まとめ
追加情報

Microsoft アイコン Frank Rice、Microsoft Corporation

2009 年 11 月

適用対象 : Microsoft Office 2010

目次

Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイス (UI) のリボンを使用するソリューションを作成する開発者から頻繁に求められた 2 つの機能は、タブのアクティブ化とグループの自動サイズ調整です。タブのアクティブ化では、タブを必要に応じてアクティブ化する (フォアグラウンドに移動する) ことができます。自動サイズ調整では、ウィンドウの横幅と一致するようにリボン グループのレイアウトを自動的に調整できます。

Microsoft Office 2010 で、カスタム タブをアクティブ化するには、次のように IRibbonUI オブジェクトの ActivateTab メソッドを使用します。

expression.ActivateTab(tabID As String)

カスタム タブをアクティブ化するため、式から IRibbonUI オブジェクトが返されます。tabID は、アクティブにするカスタム タブの ID を指定する String 型パラメーターです。

組み込みのタブには ActivateTabMso メソッドを使用し、複数のアドイン間で共有するタブには ActivateTabQ メソッドを使用します。ActivateTabQ には、次のようにアドインの名前空間を指定する追加の String 型パラメーターも必要です。

expression.ActivateTabQ(tabID As String, namespace As String)
メモメモ

アクティブ化は、表示されるタブにのみ適用されます。

次に、Microsoft Excel 2010 に組み込みの [データ] タブをアクティブ化する例を示します。

Private myRibbon As IRibbonUI
myRibbon.ActivateTabMso("TabData ")

Office 2010 で、自動サイズ調整を有効にするには、次のように、<group> タグの autoScale 属性を True に設定します。

メモ メモ

自動サイズ調整は、グループ単位で設定されます。

autoScale="true"

あるグループの自動サイズ調整を有効にして、リボンが横方向 (常に右から左) にサイズ調整される場合は、そのグループ内のコントロールも、自動的に、通常のサイズ (図 1 を参照) から中間のサイズ (図 2 および 3 を参照)、さらに小さいサイズ (図 4 を参照) に順にサイズ調整されます。

図 1. 通常のサイズのコントロール

標準サイズのコントロール
図 2. 少し圧縮されたコントロール

わずかに圧縮されたサイズのコントロール
図 3. 非常に圧縮されたコントロール

より縮小されたサイズのコントロール
図 4. 1 つのボタンとして表示されたグループ

列内に表示されたグループ
メモメモ

グループが圧縮されて 1 つのボタンになったときに表示するアイコンは、グループ自体にイメージを割り当てることによって指定できます。

タブのアクティブ化では、特定のタブを必要に応じてアクティブ化する (フォアグラウンドに移動する) ことができます。自動サイズ調整では、ウィンドウの横幅と一致するようにリボン グループのレイアウトを自動的に調整できます。これらの機能を使用することにより、以前は対処できなかったシナリオに対処できるだけでなく、ユーザーの UI の操作性を向上させることができます。

この記事に記載されているトピックの詳細については、次の追加情報を参照してください。

謝辞 : この記事の発表の準備にご協力くださった担当編集者の Linda Cannon 氏に感謝いたします。

表示: