この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

WEEKDAY 関数

日付に対応する曜日を 1 ~ 7 の数値で返します。 既定では、曜日の範囲は 1 (日曜日) ~ 7 (土曜日) です。

WEEKDAY(<date>, <return_type>)

項目

定義

date

datetime 形式の日付。

日付の入力には、DATE 関数、日付を返す式、または別の数式の結果を使用してください。

return_type

戻り値を決定する次のいずれかの数値。

return_type

週の始まり

1

週の始まりを日曜日 (1)、終わりを土曜日 (7) とします。

2

週の始まりを月曜日 (1)、終わりを日曜日 (7) とします。

3

週の始まりを月曜日 (0)、終わりを日曜日 (6) とします。

1 ~ 7 の整数。

日付をシリアル値として保存する Microsoft Excel とは異なり、DAX では日時を datetime 形式で処理します。 日付をシリアル値として表示する必要がある場合は、Excel の書式設定オプションを使用できます。

許容されるテキスト表現で日付を入力することもできますが、予期しない結果が発生しないように、テキストの日付をまず datetime 形式に変換することをお勧めします。

日付引数が日付のテキスト表現である場合、関数は、クライアント コンピューターのロケールおよび日付と時刻の設定を使用してテキスト値を解釈し、変換を行います。 現在の日付と時刻の設定で、日付が月/日/年の形式で表されている場合、文字列 "1/8/2009" は 2009 年 1 月 8 日に相当する datetime 値として解釈されます。 一方、現在の日付と時刻の設定で、日付が日/月/年の形式で表されている場合、同じ文字列が 2009 年 8 月 1 日に相当する datetime 値として解釈されます。

次の例では、[HireDate] 列から日付を取得し、1 を加算し、その日付に相当する曜日を表示します。 引数 return_type が省略されているため、既定の形式 (1 が日曜日で、7 が土曜日) が使用されます。 結果が 4 の場合、曜日は水曜日になります。

=WEEKDAY([HireDate]+1)
表示: