Get Cloud Service Properties
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Get Cloud Service Properties

 

Get Cloud Service Properties 操作を指定したクラウド サービスのプロパティを取得します。 これらのプロパティには以下の値が含まれます。

  • クラウド サービスの名前と説明。

  • クラウド サービスが属するアフィニティ グループの名前、またはアフィニティ グループに属していない場合はその場所。

  • クラウド サービスの追跡に使用できるラベル。

  • クラウド サービスが作成または変更された日時。

  • 詳細情報が要求されている場合は、クラウド サービス内のデプロイに関する情報が返されます。

Get Cloud Service Properties 要求は次のように指定することがあります。 置き換える <subscription-id> をサブスクリプション ID に、および <cloudservice-name> をクラウド サービスの名前。

メソッド

要求 URI

get

https://management.core.windows.net/<subscription-id>/services/hostedservices/<cloudservice-name>

管理サービスに対して行われる要求をセキュリティで保護する必要があります。 詳細については、次を参照してください。 サービス管理要求の認証です。

URI パラメーター

description

embed-detail=true

省略可能です。 クラウド サービス内のすべてのデプロイのプロパティを返すことを指定します。 既定値は falseです。

要求ヘッダーの説明を次の表に示します。

要求ヘッダー

description

x-ms-version

必須。

この要求に使用する操作のバージョンを指定します。 このヘッダーを設定する必要があります 2009年-10-01 またはそれ以降。 バージョン ヘッダーの詳細については、次を参照してください。 サービス管理のバージョン管理です。

ありません。

応答には、HTTP 状態コード、一連の応答ヘッダー、および応答本文が含まれています。

操作に成功すると、状態コード 200 (OK) が返されます。 状態コードについては、次を参照してください。 サービス管理のステータス コードとエラー コードです。

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。 追加の標準 HTTP ヘッダーが応答に含まれていることもあります。 すべての標準ヘッダーに準拠している、 http/1.1 プロトコル仕様です。

応答ヘッダー

description

x-ms-request-id

管理サービスに対して行われた要求を一意に識別する値。

要求が含まれていない場合は、応答本文の基本的な書式 embed-detail を次に示します。


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <HostedService xmlns="http://schemas.microsoft.com/windowsazure"> <Url>hosted-service-url</Url> <ServiceName>hosted-service-name</ServiceName> <HostedServiceProperties> <Description>description</Description> <AffinityGroup>name-of-affinity-group</AffinityGroup> <Location>location-of-service</Location > <Label>base-64-encoded-name-of-service</Label> <Status>current-status-of-service</Status> <DateCreated>creation-date-of-service</DateCreated> <DateLastModified>last-modification-date-of-service</DateLastModified> <ExtendedProperties> <ExtendedProperty> <Name>name-of-property</Name> <Value>value-of-property</Value> </ExtendedProperty> </ExtendedProperties> <ReverseDnsFqdn>reverse-dns-fqdn</ReverseDnsFqdn> </HostedServiceProperties> <DefaultWinRmCertificateThumbprint>thumbprint-of-winrm-certificate</DefaultWinRmCertificateThumbprint> </HostedService>

次の要素には、ときに返される embed-detail に設定されている true:

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <HostedService xmlns="http://schemas.microsoft.com/windowsazure"> <Url>hosted-service-url</Url> <ServiceName>hosted-service-name</ServiceName> <HostedServiceProperties> <Description>description-of-service</Description> <AffinityGroup>name-of-affinity-group</AffinityGroup> <Location>location-of-service</Location> <Label>base-64-encoded-name-of-service</Label> <Status>current-status-of-service</Status> <DateCreated>creation-date-of-service</DateCreated> <DateLastModified>last-modification-date-of-service</DateLastModified> <ExtendedProperties> <ExtendedProperty> <Name>name-of-property</Name> <Value>value-of-property</Value> </ExtendedProperty> </ExtendedProperties> <ReverseDnsFqdn>reverse-dns-fqdn</ReverseDnsFqdn> </HostedServiceProperties> <Deployments> <Deployment xmlns=”http://schemas.microsoft.com/windowsazure”> <Name>name-of-deployment</Name> <DeploymentSlot>current-deployment-environment</DeploymentSlot> <PrivateID>deployment-id</PrivateID> <Status>status-of-deployment</Status> <Label>base64-encoded-name-of-deployment</Label> <Url>deployment-url</Url> <Configuration>base-64-encoded-configuration-file</Configuration> <RoleInstanceList> <RoleInstance> <RoleName>name-of-role</RoleName> <InstanceName>name-of-role-instance</InstanceName> <InstanceStatus>status-of-role-instance</InstanceStatus> <InstanceUpgradeDomain>update-domain-of-role-instance</InstanceUpgradeDomain> <InstanceFaultDomain>fault-domain-of-role-instance</InstanceFaultDomain> <InstanceSize>size-of-role-instance</InstanceSize> <InstanceStateDetails>state-of-role-instance</InstanceStateDetails> <InstanceErrorCode>error-code-returned-for-role-instance</InstanceErrorCode> <IpAddress>ip-address-of-role-instance</IpAddress> <InstanceEndpoints> <InstanceEndpoint> <Name>name-of-endpoint</Name> <Vip>virtual-ip-address-of-instance-endpoint</Vip> <PublicPort>public-facing-port-of-instance-endpoint</PublicPort> <LocalPort>internal-facing-port-of-instance-endpoint</LocalPort> <Protocol>protocol-of-instance-endpoint</Protocol> </InstanceEndpoint> </InstanceEndpoints> <PowerState>state-of-role-instance</PowerState> <HostName>dns-name-of-service</HostName> <RemoteAccessCertificateThumbprint>cert-thumbprint-for-remote-access</RemoteAccessCertificateThumbprint> </RoleInstance> </RoleInstanceList> <UpgradeStatus> <UpgradeType>type-of-upgrade</UpgradeType> <CurrentUpgradeDomainState>status-of-current-upgrade</CurrentUpgradeDomainState> <CurrentUpgradeDomain>n</CurrentUpgradeDomain> </UpgradeStatus> <UpgradeDomainCount>number-of-upgrade-domains-in-deployment</UpgradeDomainCount> <RoleList> <Role> <RoleName>name-of-role</RoleName> <OSVersion>operating-system-version</OSVersion> <ConfigurationSets> <ConfigurationSet> <ConfigurationSetType>NetworkConfiguration</ConfigurationSetType> <InputEndpoints> <InputEndpoint> <Port>port-number-of-input-endpoint-in-network</Port> <Protocol>protocol-of-input-endpoint-in-network</Protocol> <Vip>virtual-ip-address-of-input-endpoint-in-network</Vip> </InputEndpoint> </InputEndpoints> </ConfigurationSet> </ConfigurationSets> </Role> <Role> <RoleName>name-of-role</RoleName> <OSVersion>operating-system-version</OSVersion> <RoleType>PersistentVMRole</RoleType> <ConfigurationSets> <ConfigurationSet> <ConfigurationSetType>NetworkConfiguration</ConfigurationSetType> <InputEndpoints> <InputEndpoint> <LoadBalancedEndpointSetName>name-of-load-balanced-endpoint-set</LoadBalancedEndpointSetName> <LocalPort>internal-facing-port-of-input-endpoint</LocalPort> <Name>name-of-input-endpoint</Name> <Port>external-facing-port-of-input-endpoint</Port> <LoadBalancerProbe> <Path>path-of-probe</Path> <Port>port-assigned-to-probe</Port> <Protocol>protocol-of-probe-port</Protocol> </LoadBalancerProbe> <Protocol>protocol-of-input-endpoint</Protocol> <Vip>virtual-ip-address-of-input-endpoint</Vip> </InputEndpoint> </InputEndpoints> <SubnetNames> <SubnetName>name-of-subnet</SubnetName> </SubnetNames> </ConfigurationSet> </ConfigurationSets> <AvailabilitySetName>name-of-availability-set</AvailabilitySetName> <DataVirtualHardDisks> <DataVirtualHardDisk> <HostCaching>host-caching-mode-of-data-disk</HostCaching> <DiskName>name-of-data-disk</DiskName> <Lun>logical-unit-number-of-data-disk</Lun> <LogicalDiskSizeInGB>size-of-data-disk</LogicalDiskSizeInGB> <MediaLink>path-to-vhd</MediaLink> </DataVirtualHardDisk> </DataVirtualHardDisks> <OSVirtualHardDisk> <HostCaching>host-caching-mode-of-os-disk</HostCaching> <DiskName>name-of-os-disk</DiskName> <MediaLink>path-to-vhd</MediaLink> <SourceImageName>image-used-to-create-os-disk</SourceImageName> <OS>operating-system-on-os-disk</OS> </OSVirtualHardDisk> <RoleSize>size-of-role-instance</RoleSize> </Role> </RoleList> <SdkVersion>sdk-version-used-to-create-package</SdkVersion> <Locked>status-of-deployment-write-allowed</Locked> <RollbackAllowed>rollback-operation-allowed</RollbackAllowed> <CreatedTime>time-of-deployment-creation</CreatedTime> <LastModifiedTime>time-of-last-deployment-modification</LastModifiedTime> <VirtualNetworkName>name-of-virtual-network</VirtualNetworkName> <Dns> <DnsServers> <DnsServer> <Name>name-of-dns-server</Name> <Address>address-of-dns-server</Address> </DnsServer> </DnsServers> </Dns> <ExtendedProperties> <ExtendedProperty> <Name>name-of-property</Name> <Value>value-of-property</Value> </ExtendedProperty> </ExtendedProperties> <PersistentVMDowntime> <StartTime>start-of-downtime</StartTime> <EndTime>end-of-downtime</EndTime> <Status>status-of-downtime</Status> </PersistentVMDowntime> <VirtualIPs> <VirtualIP> <Address>virtual-ip-address-of-deployment</Address> </VirtualIP> </VirtualIPs> </Deployment> </Deployments> <DefaultWinRmCertificateThumbprint>thumbprint-of-winrm-certificate</DefaultWinRmCertificateThumbprint> </HostedService>

応答本文の要素を次の表に示します。

要素名

description

Url

クラウド サービスに割り当てられる URL を指定します。

ServiceName

クラウド サービスの名前を指定します。 この名前は DNS プレフィックス名であり、クラウド サービスにアクセスするために使用できます。

たとえば、クラウド サービス名は MyService アクセスのクラウド サービスを呼び出すことによってアクセスすることができます: http://MyService. cloudapp.net

HostedServiceProperties

クラウド サービスに割り当てられるプロパティを指定します。

DefaultWinRmCertificateThumbprint

WinRM が HTTPS リスナーと共に定義され、証明書が定義に含まれいなかったときに生成された SSL 証明書のサムプリントを指定します。 このプロパティの値は読み取り専用で、実行中のロール インスタンスが新しい SSL 証明書を使用するように更新されても変更されません。

デプロイ

クラウド サービス内のデプロイを指定します。

クラウド サービスに割り当てられるプロパティを指定します。

要素名

description

description

クラウド サービスの説明を指定します。

AffinityGroup

クラウド サービスが関連付けられているアフィニティ グループの名前を指定します。 クラウド サービスは、アフィニティ グループに関連付けられている場合、 Location 要素は返されません。

場所

Azure でクラウド サービスにアフィニティ グループが関連付けられていない場合に、そのサービスの地理的な場所を指定します。 場所が指定されている場合、 AffinityGroup 要素は返されません。

Label

クラウド サービスの Base 64 エンコード形式の識別子を指定します。 ラベルは、クラウド サービスを追跡する場合に、サービスを識別するために使用できます。

STATUS

クラウド サービスのステータスを指定します。

次の値をとります。

  • Creating

  • Created

  • Deleting

  • Deleted

  • Changing

  • ResolvingDns

Status 要素で、バージョン 2012年-03-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上のみです。

DateCreated

クラウド サービスの作成日を、[4DigitYear]-[2DigitMonth]-[2DigitDay]T[2DigitHour]:[2DigitMinute]:[2DigitSecond]Z の形式で指定します。 日付の 2011年-05-11t16 の例で返されることがある、 DateCreated または DateLastModified 要素。

DateCreated 要素で、バージョン 2012年-03-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上のみです。

DateLastModified

クラウド サービスの最終更新日を、[4DigitYear]-[2DigitMonth]-[2DigitDay]T[2DigitHour]:[2DigitMinute]:[2DigitSecond]Z の形式で指定します。 日付の 2011年-05-11t16 の例で返されることがある、 DateCreated または DateLastModified 要素

DateLastModified 要素で、バージョン 2012年-03-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上のみです。

name

クラウド サービスの拡張プロパティの名前を指定します。

Name 要素で、バージョン 2012年-03-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上のみです。

value

クラウド サービスの拡張プロパティの値を指定します。

Value 要素で、バージョン 2012年-03-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上のみです。

ReverseDnsFqdn

省略可能です。 逆引き DNS クエリを使用してクエリが実行された場合に、クラウド サービスの IP アドレスの解決先となる DNS アドレスを指定します。

ReverseDnsFqdn 要素ではバージョン 2014年-06-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上のみです。

クラウド サービス内のデプロイを指定します。

要素名

description

name

デプロイの名前を指定します。

DeploymentSlot

この展開が実行されている、いずれかの環境を指定 staging または productionです。

PrivateID

デプロイの一意の識別子を指定します。

STATUS

デプロイのステータスを指定します。

次の値をとります。

  • Running

  • Suspended

  • RunningTransitioning

  • SuspendedTransitioning

  • Starting

  • Suspending

  • Deploying

  • Deleting

Label

デプロイの Base 64 エンコード形式の識別子を指定します。 ラベルは追跡の目的で使用できます。

Url

クラウド サービスへのアクセスに使用できる URL を指定します。

たとえば、次のサービス名は MyService アクセス サービスを呼び出すことによってアクセスする可能性があります: http://MyService. cloudapp.net

Configuration

デプロイの Base 64 エンコード形式の構成ファイルを指定します。

RoleInstanceList

デプロイのロール インスタンスの一覧が含まれます。

UpgradeStatus

デプロイで実行されるアップグレードに関する情報を指定します。

UpgradeDomainCount

クラウド サービスで利用できるアップグレード ドメインの数を指定します。

UpgradeDomainCount 要素のバージョン 2011年-06-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上はだけです。

RoleList

デプロイのロールの一覧が含まれます。

SdkVersion

バージョンの指定、 Azure パッケージ、展開の生成に使用された SDK。

返されたバージョンの最初の 2 つの数値のコンポーネントでは、パッケージの作成に使用された SDK のバージョンを表します。

SdkVersion 要素のバージョン 2011年-06-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上はだけです。

Locked

新しい書き込み操作に対してデプロイがロックされているかどうかを示します。 True 既存の操作がデプロイを更新するために、展開がロックされている場合それ以外の場合 falseです。

Locked 要素のバージョン 2011年-06-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上はだけです。

RollbackAllowed

示すかどうか、 更新またはアップグレードのロールバック 操作は、この時点で許可されています。 True 操作が使用できる場合それ以外の場合 falseです。

System_CAPS_noteメモ

RollbackAllowed 要素のバージョン 2011年-06-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上はだけです。

CreatedTime

デプロイが作成された時刻を指定します。

LastModifiedTime

デプロイが最後に更新された日時を指定します。

VirtualNetworkName

仮想マシンの接続先の仮想ネットワークの名前を指定します。

VirtualNetworkName 要素で、バージョン 2012年-03-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上のみです。

Dns

デプロイに指定されているカスタム DNS 設定を指定します。

Dns 要素で、バージョン 2012年-03-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上のみです。

ExtendedProperties

デプロイの詳細情報を提供するために使用されるプロパティを指定します。

PersistentVMDowntime

仮想マシンの起動時刻と停止時刻に関する情報を指定します。

PersistentVMDowntime 要素で、バージョン 2012年-03-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上のみです。

VirtualIPs

デプロイに指定されている仮想 IP アドレスが含まれます。

VirtualIPs 要素で、バージョン 2012年-03-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上のみです。

デプロイのロール インスタンスの一覧が含まれます。

要素名

description

RoleName

ロールの名前を指定します。

InstanceName

ロールのインスタンスが実行中の場合、特定のロール インスタンスの名前を指定します。

InstanceStatus

ロール インスタンスの現在のステータスを指定します。

ステータス メッセージ

description

RoleStateUnknown

ロールの状態は現在不明であることを示します。

CreatingVM

仮想マシン用にリソースを作成中であることを示します。

StartingVM

仮想マシンが起動中であることを示します。

CreatingRole

ロール インスタンス用にリソースを作成中であることを示します。

StartingRole

ロール インスタンスが起動中であることを示します。

ReadyRole

ロール インスタンスは起動しており、いつでも使用できることを示します。

BusyRole

ロール インスタンスを要求に使用できないことを示します。 通常、この状態はロールの作成中または停止中に生成されます。

StoppingRole

ロール インスタンスが停止中であることを示します。

StoppingVM

仮想マシンが停止中であることを示します。

DeletingVM

仮想マシンを削除中であることを示します。

StoppedVM

仮想マシンが実行中でないことを示します。 これは、シャット ダウン プロセスの最終的な状態と後に他のステータス メッセージを受信されません StoppedVMです。

RestartingRole

ロール インスタンスが予期せず停止したか、ロール インスタンスの起動に失敗したことを示します。 この状態は、ロール インスタンスのクラッシュの原因となっている問題、またはロールの起動の妨げとなっている問題があることを示しており、ロール インスタンスを起動するには問題を解決しておく必要があります。 InstanceStateDetailsInstanceErrorCode フィールドは、この状態の原因となったエラーに関する情報を保持できます。

CyclingRole

ロール インスタンスが正しく起動していないことを示します。 この状態は、起動の妨げし、後に生成される可能性がありますロール インスタンスに問題があることを示します、 StartingRole 状態または ReadyRole ステータスを受信します。 ロールを起動するには、ロール インスタンスの問題を検出し、解決しておく必要があります。 InstanceStateDetailsInstanceErrorCode フィールドは、この状態を発生させたロール エラーに関する情報を保持できます。

FailedStartingRole

ロール インスタンスの起動が失敗したことを示します。 この状態は、起動の妨げし、プロセスが返された後に生成する場合がありますロール インスタンスに問題があることを示します StartingRoleです。 ロールを起動するには、ロールの問題を検出し、解決しておく必要があります。 InstanceStateDetailsInstanceErrorCode フィールドを識別して、問題のデバッグに役立つ可能性のある、この状態を発生させたロール エラーに関する情報を保持できます。

FailedStartingVM

仮想マシンの起動が頻繁に失敗していることを示します。 これは Azure で生成されるステータスであり、ロール インスタンスのエラーを示すものではありません。 これは、後に生成される可能性があります、 StartingRole 状態です。

UnresponsiveRole

ロール インスタンスが、ステータス メッセージの受信前にタイムアウトしたため要求に応答していないことを示します。

StoppedDeallocated

ロール インスタンスが停止し、割り当て済みのリソースがすべて解放されたことを示します。 これで、ロール インスタンスへの課金は停止します。 ロール インスタンスの状態である StoppedDeallocated はのみのバージョンが 2013年-06-01 である場合は、ロール インスタンスの一覧で返された、またはそれ以上です。 展開内のすべてのロール インスタンスの状態である場合 StoppedDeallocated, 、そのデプロイは返されません。

InstanceUpgradeDomain

ロール インスタンスが属している更新ドメインを指定します。 デプロイのアップグレード時に、同じ更新ドメインのすべてのロール インスタンスが同時に更新されます。

InstanceUpgradeDomain 要素のバージョン 2011年-06-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上はだけです。

InstanceFaultDomain

ロール インスタンスが属しているフォールト ドメインを指定します。 同じフォールト ドメインに複数のロール インスタンスが属している場合、そのすべてのインスタンスが共有ハードウェアの同じ部分の障害に対して脆弱になる可能性があります。

InstanceFaultDomain 要素のバージョン 2011年-06-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上はだけです。

InstanceSize

ロール インスタンスのサイズを指定します。

InstanceSize 要素のバージョン 2011年-06-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上はだけです。

InstanceStateDetails

操作が呼び出された時点でのロール インスタンスの状態のスナップショットを提供します。

InstanceStateDetails 要素のバージョン 2011年-06-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上はだけです。

InstanceErrorCode

仮想マシンの場合、エラー コードは次のとおりです。

  • WaitTimeout - ロール インスタンスが 25 分以内に通信を行いませんでした。 これは通常、ロール インスタンスが起動していないか、ゲスト エージェントがインストールされていないことを示します。

  • VhdTooLarge - 選択された VHD イメージは、そのロール インスタンスには大きすぎます。

  • AzureInternalError - ロール インスタンスの起動を妨げる内部エラーが発生しました。 サポートに問い合わせてください。

Web ロールとワーカー ロールの場合、このフィールドにエラー コードが返されます。このコードはエラーの解決に役立ちます。Azure サポートに提出してください。 通常、このフィールドは空です。

InstanceErrorCode 要素のバージョン 2011年-10-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上はだけです。

IpAddress

ロール インスタンスの IP アドレス (DIP) を指定します。

IpAddress 要素で、バージョン 2012年-03-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上のみです。

InstanceEndpoints

ロール インスタンスのエンドポイントの一覧が含まれます。

PowerState

ロール インスタンスの実行状態を示します。

次のいずれかの値になります。

  • Starting

  • Started

  • Stopping

  • Stopped

  • Unknown

hostname

ロール インスタンスを実行しているクラウド サービスの DNS ホスト名を指定します。 この要素は仮想マシンのデプロイに対してのみリストされています。

RemoteAccessCertificateThumbprint

RDP サーバー証明書 (Windows の場合) または SSH サーバー証明書 (Linux の場合) のサムプリントを指定します。 サムプリントは、イメージから作成された仮想マシンにのみ使用されます。

RemoteAccessCertificateThumbprint 要素で、バージョン 2012年-08-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上のみです。

ロール インスタンスのエンドポイントの一覧が含まれます。

要素名

description

name

エンドポイントの名前を指定します。

Vip

エンドポイントの仮想 IP アドレスを指定します。

Vip 要素のバージョン 2011年-06-01 を使用して利用可能なまたはそれ以上はだけです。

PublicPort

エンドポイントが使用する外部ポートを指定します。

LocalPort

エンドポイントが使用する内部ポートを指定します。

プロトコル

エンドポイントのトラフィックのプロトコルを指定します。

デプロイで実行されるアップグレードに関する情報を指定します。

要素名

description

UpgradeType

アップグレードの種類を指定します。

次の値をとります。

  • Auto

  • Manual

  • Simultaneous

CurrentUpgradeDomainState

アップグレードの現在の状態を指定します。 指定できる値は BeforeDuring

CurrentUpgradeDomain

現在のアップグレード ドメインを識別する整数値が含まれます。 アップグレード ドメインは、ゼロから始まるインデックスで識別されます。最初のアップグレード ドメインの ID は 0、2 番目のアップグレード ドメインの ID は 1 のようになります。

デプロイのロールの一覧が含まれます。

要素名

description

RoleName

ロールの名前を指定します。

OSVersion

ロール インスタンスを実行中のオペレーティング システムのバージョンを指定します。

RoleType

ロールの種類を指定します。 この要素は、仮想マシンのデプロイに対してのみリストし、既定では PersistentVMRoleです。

ConfigurationSets

システムまたはアプリケーションの構成設定を表す値のコレクションが含まれます。

AvailabilitySetName

仮想マシンのコレクションの名前を指定します。

DataVirtualHardDisks

仮想マシンにデータ ディスクを追加するために使用されるパラメーターが含まれます。

OSVirtualHardDisk

仮想マシンのオペレーティング システム ディスクの作成に使用されるパラメーターが含まれます。

RoleSize

ロール インスタンスのサイズを指定します。

システムまたはアプリケーションの構成設定を表す値のコレクションが含まれます。

要素名

description

ConfigurationSetType

構成セットの構成の種類を指定します。 現時点では、常に NetworkConfiguration に設定されます。

InputEndpoints

仮想マシンの外部エンドポイントのコレクションが含まれます。

SubnetNames

デプロイが属している仮想ネットワーク サブネット名の一覧が含まれます。

仮想マシンの外部エンドポイントのコレクションが含まれます。

要素名

description

LoadBalancedEndpointSetName

負荷分散エンドポイントのセットの名前を指定します。 この要素は仮想マシンのデプロイに対してのみリストされています。

LocalPort

エンドポイントを提供するために仮想マシンがリッスンする内部ポートを指定します。 この要素は仮想マシンのデプロイに対してのみリストされています。

name

外部エンドポイントの名前を指定します。 この要素は仮想マシンのデプロイに対してのみリストされています。

port

エンドポイントに使用する外部ポートを指定します。

LoadBalancerProbe

トラフィックをエンドポイントに転送する前に、Azure ロード バランサーが仮想マシンの可用性の監視に使用するエンドポイント設定が含まれます。

プロトコル

エンドポイントのトランスポート プロトコルを指定します。

次のいずれかの値になります。

  • TCP

  • UDP

Vip

エンドポイントの仮想 IP アドレスを指定します。

トラフィックをエンドポイントに転送する前に、Azure ロード バランサーが仮想マシンの可用性の監視に使用するエンドポイント設定が含まれます。

要素名

description

path

可用性の状態を確認する際に調べる相対パス名を指定します。 Protocol が TCP に設定されている場合、この値は NULL である必要があります。

例:

path

プローブの実行には https://example.com/path が使用されます。

port

可用性の状態を調べる際に使用するポートを指定します。

プロトコル

可用性の状態を調べる際に使用するプロトコルを指定します。

次の値をとります。

  • HTTP

  • TCP

デプロイに指定されているカスタム DNS 設定を指定します。

要素名

description

name

DNS サーバーの名前を指定します。

住所

DNS サーバーの IP アドレスを指定します。

デプロイの詳細情報を提供するために使用されるプロパティを指定します。

要素名

description

name

デプロイに関連付けられているプロパティの名前を指定します。

value

デプロイに関連付けられているプロパティの値を指定します。

仮想マシンの起動時刻と停止時刻に関する情報を指定します。

要素名

description

StartTime

仮想マシンの起動時刻を指定します。

EndTime

仮想マシンの停止時刻を指定します。

STATUS

仮想マシンのステータスを指定します。

デプロイに指定されている仮想 IP アドレスが含まれます。

要素名

description

住所

デプロイの仮想 IP アドレスを指定します。

仮想マシンにデータ ディスクを追加するために使用されるパラメーターが含まれます。

要素名

description

HostCaching

読み取り/書き込みを効率的に実行するために、データ ディスク BLOB のプラットフォームのキャッシュ動作を指定します。

次の値をとります。

  • None

  • ReadOnly

  • ReadWrite

既定値は ReadOnlyです。

DiskName

仮想マシンのデータ ディスクの作成に使用する VHD の名前を指定します。

Lun

データ ディスクの論理ユニット番号 (LUN) を指定します。 LUN は、仮想マシンで使用するためにマウントされたデータ ドライブが配置されるスロットを指定します。 この要素は、仮想マシンに複数のデータ ディスクが接続されている場合にのみリストされます。

LogicalDiskSizeInGB

仮想マシンに接続するディスクのサイズ (GB 単位) を指定します。

MediaLink

ディスクに関連付けられている VHD の Azure ストレージ内の場所を指定します。

例:

http://example.blob.core.windows.net/disks/mydatadisk.vhd

仮想マシンのオペレーティング システム ディスクの作成に使用されるパラメーターが含まれます。

要素名

description

HostCaching

読み取り/書き込みを効率的に実行するために、オペレーティング システム ディスク BLOB のプラットフォームのキャッシュ動作を指定します。

次の値をとります。

  • ReadOnly

  • ReadWrite

DiskName

イメージ リポジトリ内のオペレーティング システム イメージの名前を指定します。

MediaLink

オペレーティング システム ディスクに関連付けられている VHD の Azure ストレージ内の場所を指定します。

SourceImageName

オペレーティング システム ディスクの作成に使用されたソース イメージの名前を指定します。

OS

仮想マシンで実行されているオペレーティング システムを指定します。

使用することが、サブスクリプション内のクラウド サービスの名前を取得する List Cloud Servicesです。

表示:
© 2016 Microsoft