このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Visual Studio から Azure クラウド サービスへの発行

更新日: 2015年5月

Azure クラウド サビスには次の種類のプロジェクトを発行することができます。

  • Azure クラウド サービス

  • Web アプリケーション

  • LightSwitch アプリケーション (デスクトップまたは Web) またはサービス

noteメモ
このトピックでは Web サイトではなくクラウド サービスへのデプロイについて説明します。Web サイトへのデプロイの詳細については、「Azure の Web サイトをデプロイする方法」を参照してください。

Azure クラウド サービス プロジェクトは Azure に直接発行することができます。Web アプリケーションがある場合は、まず Visual Studio を使用してそれを Azure に移行する必要があり、その後でそのアプリケーションを Azure に発行できます。LightSwitch アプリケーションまたはサービスがある場合は、LightSwitch のウィザードを使用して発行できます。詳細については、「方法:LightSwitch アプリケーションの Azure への発行」を参照してください。

Azure ツールに用意されているローカルの Azure エミュレーション環境で Azure クラウド サービス プロジェクトをテストすることができます。クラウド サービスが準備できたら、Visual Studio を使用して、または Azure Platform Managetment Portal を使用して、クラウド サービスを Azure に発行できます。

Visual Studio からプロジェクトを発行するには、次の項目が必要です。

Visual Studio から Azure にプロジェクトを発行するには、次のトピックを参照してください。

 

タスク 関連トピック

Azure にデプロイするために Web アプリケーションを移行する:Web アプリケーションがある場合は、アプリケーションを移行してから、それを Visual Studio から Azure に発行する必要があります。

Azure クラウド サービスの各サービスを設定する: Microsoft アカウントを作成し、Azure のサブスクリプションがある場合は、Azure Management Portal にサインインし、Azure クラウド サービスのストレージ アカウントを作成します。これでクラウド サービス プロジェクトを変更して、そのストレージ サービスを使用することができます。

クラウド サービスを発行するときに使用するホステッド サービスも作成する必要があります。作成したこのホステッド サービスは、仮想マシン上で Azure クラウド サービスのロールを実行してクラウド サービスをホストするために使用されるコンテナーです。

Visual Studio から Azure のクラウド サービスを発行する: Visual Studio からステージング環境または運用環境の Azure に Azure クラウド サービスを発行できます。これを行うには、Visual Studio で Azure の要求を認証するために使用する資格情報を提供する必要があります。資格情報を提供するには、Azure にサインインするか、サブスクリプション ファイルから資格情報をインポートします。

Visual Studio からクラウド サービス プロジェクトを発行すると、サービス パッケージが作成され、このパッケージを使用してホステッド サービスにクラウド サービスがデプロイされます。

発行した Azure クラウド サービスを表示および監視する: サーバー エクスプローラーの Azure コンピューティング エクスプローラーを使用すると、Azure クラウド サービスの状態を確認することができます。これを行うには、Visual Studio で Azure の要求を認証するために使用する資格情報を提供します。

クラウド サービス プロジェクトが Azure に発行されると、クラウド サービスのロールをホストするために Windows Server オペレーティング システムのバージョンがプロビジョニングされます。オペレーティング システムのバージョンは、クラウド サービスがターゲットとする .NET Framework のバージョンによって異なります。詳細については、「オペレーティング システムおよび Framework のバージョンの管理」を参照してください。

関連項目

表示:
© 2015 Microsoft