ダウンレベルのハードウェア上の Direct3D 11

次の図に示すように、Direct3D 11 は、DirectX 9 から DirectX 11 まで、新規のハードウェアと既存のハードウェアの両方をサポートするように設計されています。

Ee422082.d3d11_on_downlevel_hardware(ja-jp,VS.85).png

Direct3D 11 では、機能レベルという新しいパラダイムが導入されました。各機能レベルは明確に定義された GPU 機能のセットです。機能レベルを使用することによって、ダウンレベル バージョンの Direct3D ハードウェアで動作するように Direct3D アプリケーションを作成できます。

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

はじめに
11、10、または 9I のハードウェアで Direct3D 11 アプリケーションを実行するための概要情報。
方法 :デバイスの機能レベルの取得
機能レベルの取得方法。
例外
ダウンレベルのハードウェアで Direct3D 11 を使用する場合の例外について説明します。
ダウンレベルのハードウェア上のコンピュート シェーダー
Direct3D 10 ハードウェア上の Direct3D 11 アプリケーションでコンピュート シェーダーを使用する方法。

関連項目

デバイス

表示: