この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

NativeInterop.NativePtr モジュール (F#)

ネイティブ ポインターに対する操作を含みます。 これらの演算子を使用すると、検証不可能なコードが生成される場合があります。

名前空間/モジュール パス: Microsoft.FSharp.NativeInterop

アセンブリ: FSharp.Core (FSharp.Core.dll 内)

module NativePtr

説明

add : nativeptr<'T> -> int -> nativeptr<'T>

指定した入力ポインターにオフセットを追加することで型指定されたネイティブ ポインターを返します。

get : nativeptr<'T> -> int -> 'T

指定した入力ポインターにオフセットを追加することで計算された、型指定されたネイティブ ポインターを逆参照します。

ofNativeInt : nativeint -> nativeptr<'T>

指定したコンピューター アドレスの型指定されたネイティブ ポインターを返します。

read : nativeptr<'T> -> 'T

指定した型指定されたネイティブ ポインターを逆参照します。

set : nativeptr<'T> -> int -> 'T -> unit

指定した入力ポインターにオフセットを追加することで計算された、型指定されたネイティブ ポインターに参照されるメモリ位置に値を割り当てます。

stackalloc : int -> nativeptr<'T>

スタックにメモリの領域を割り当てます。

toNativeInt : nativeptr<'T> -> nativeint

指定した、型指定されたネイティブ ポインターのコンピューター アドレスを返します。

write : nativeptr<'T> -> 'T -> unit

指定した、型指定されたネイティブ ポインターから参照されるメモリ位置に値を割り当てます。

Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012 で Windows Server 2008 R2

F# コア ライブラリのバージョン

サポート: ポータブル 2.0、4.0

表示: