エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Service Bus で登録する WCF サービスの構成

更新日: 2015年1月

Microsoft Azure の Service Bus を使用するアプリを構成する際は、次のプロパティを設定する必要があります:

  • 公開するサービスの名前。

  • アプリケーションが公開される、または経由して接続するインターフェイス (サービス コントラクトを表す)。

  • トランスポート、セキュリティ、エンコード設定など、アプリケーションが使用するバインドの種類。

  • コントラクトのアドレス。

WCF を使用する場合、WCF サービスまたはクライアント アプリケーションでは、プログラムまたは App.config ファイルからこれらのプロパティを設定できます。ただし、バインドおよびアドレス情報は、特に必要でない限り、コードで命令するのではなく構成ファイル内で宣言することをお勧めします。通常、コードでエンドポイントを定義するのは実用的ではありません。これは、展開されたサービスのバインドおよびアドレスは、開発中のサービスが使用するものとは異なることが多いためです。一般的に、バインドとアドレスの情報をコード以外の場所に置いておけば、これらを変更するときにアプリケーションの再コンパイルや再展開は不要です。

次の一覧には、Service Bus アプリの構成に関する一般的なシナリオが含まれています。WCF アプリの構成方法に関する詳細は、WCF ドキュメントの「Configuring Services」をご覧ください。

  • 基本的なアプリケーション

    この種類のアプリは WCF SOAP ベース アプリであり、Service Bus を安全に保護されたリレーとして他のアプリへの接続に使用するよう構成されています。Service Bus を使用する際に必要となる唯一の違いは、バインドの種類とエンドポイントのアドレスです。Service Bus を使用する WCF アプリでは、SDK で利用可能なリレー バインドのいずれかを使用します。このバインドは、標準の WCF バインドにはない認証/トランスポート要素を持つものです。同様に、通常の WCF アプリでは、ローカル ホストに基づいたアドレスを使用するのに対して、サービス エンドポイントに使用されるエンドポイントは、登録されている Service Bus 名前空間の名前に基づいた Service Bus URI になります (別のプロトコル スキームがある場合があります)。構成の違いはこの 2 点のみであるため、既存の WCF アプリケーションを再構成するだけで、Service Busでサービスを公開できることも少なくありません。

  • REST ベースのアプリケーション

    このドキュメントのトピックでは、2 種類の REST アプリケーションについて説明します。WCF Web プログラミング モデルおよび Azure SDK を使用する種類と、使用しない種類があります。ただし、このセクションのトピックでは Azure SDK をプログラミングの基礎として使用する REST アプリについてのみ説明します。

    アプリで Azure SDK を使用する場合は、他の REST ベースの WCF サービスの場合と同じ方法でアプリを構成できます:WebHttpRelayBindingWS2007HttpRelayBinding などの、HTTP をサポートする中継バインドを使用し、インターフェイスに適切な WCF 属性を適用し、また、実装が HTTP メッセージや HTTP イベントを送受信できることを確認する必要があります。 詳細については、TechNet の「 Service Bus の WCF コントラクトの設計.

このセクションの内容

表示:
© 2015 Microsoft