この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

@ Import

[このドキュメントはプレビューのみを目的としており、以降のリリースで変更される可能性があります。プレースホルダーとして空白のトピックが含まれています。]

名前空間を ASP.NET アプリケーション ファイル (Web ページ、ユーザー コントロール、マスター ページ、または Global.asax ファイルなど) に明示的にインポートし、インポートされた名前空間のすべてのクラスとインターフェイスをファイルで使用可能にします。 インポートした名前空間は、.NET Framework クラス ライブラリまたはユーザー定義の名前空間に含めることができます。

<%@ Import namespace="value" %>

namespace

インポートする名前空間の完全修飾名を指定します。 これには、.NET Framework またはカスタム名前空間に含まれる任意の名前空間を指定できます。

@ Import ディレクティブは、複数の namespace 属性を指定できません。 複数の名前空間をインポートするには、複数の @ Import ディレクティブを使います。

一連の名前空間は、自動的に .aspx ページにインポートできます。 インポートされる名前空間は、マシンレベルの Web.config ファイルの、<pages> 要素の <namespaces> セクション内で定義されます。 すべてのページに自動的にインポートされる名前空間を次に示します。

.NET Framework 基本クラス名前空間の System.Net と、ユーザー定義名前空間の Grocery をインポートするコード例を次に示します。

<%@ Import Namespace="System.Net" %>
<%@ Import Namespace="Grocery" %>
表示: