コード エディターでのデータ ヒントのデータ値の表示

 

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

DataTips は、デバッグ中にプログラムの変数に関する情報を確認するときに便利です。 データヒントは、中断モードのときにのみ機能します。また、実行の現在のスコープ内にある変数に対してだけ使用できます。

Visual Studio 2010 では、データヒントをソース ファイル内の特定の位置に固定することも、すべての Visual Studio ウィンドウの上でフローティング状態にすることもできます。

データヒントを表示するには (中断モードのみ)

  1. ソース ウィンドウで、現在のスコープにある任意の変数にマウス ポインターを移動します。

    DataTip が表示されます。

    System_CAPS_ICON_note.jpg メモ

    データヒントは、プログラムの実行が中断され、カーソルがホバーしていないコンテキストで常に評価されます。 現在のコンテキスト内の変数と同じ名前の別の関数内の変数にポインターを合わせると、その別の関数内の変数の値が、現在のコンテキストの変数の値として表示されます。

  2. マウス ポインターを離すとデータヒントが表示されなくなります。 データヒントを固定して開いたままにするには、[ソースにピン設定] アイコンをクリックします。または、

    • 変数を右クリックし、[ソースにピン設定] をクリックします。

    固定したデータヒントは、デバッグ セッションを終了すると閉じます。

データヒントの固定を解除してフローティングするには

  • 固定されたデータヒントで、[ソースをピン解除] アイコンをクリックします。

    ピン アイコンの表示が固定が解除された状態に変わり、 開いているすべてのウィンドウの上でデータヒントをフローティングできるようになります。 フローティング状態のデータヒントは、デバッグ セッションを終了すると閉じます。

フローティング状態のデータヒントを再度固定するには

  • データヒントで、ピン アイコンをクリックします。

    ピン アイコンの表示が固定された状態に変わります。 データヒントがソース ウィンドウ外にある場合は、ピン アイコンが無効になり、データヒントを固定することはできません。

データヒントを閉じるには

  • マウス ポインターをデータヒントに合わせ、[閉じる] アイコンをクリックします。

すべてのデータヒントを閉じるには

  • [デバッグ] メニューの [すべてのデータヒントをクリア] をクリックします。

特定のファイルのすべてのデータヒントを閉じるには

  • [デバッグ] メニューの [File にピン設定されたすべてのデータヒントをクリア]** をクリックします。

データヒントを使用すると、配列、構造体、またはオブジェクトを展開して、メンバーを表示できます。 DataTip の変数値を編集することもできます。

変数を展開して要素を表示するには

  • データヒントで、変数名の前にある + 記号にマウス ポインターを合わせます。

    変数が展開され、ツリー形式で要素が表示されます。

    変数を展開すると、キーボードの方向キーを使用して、上下に移動できます。 また、マウスも使用できます。

データヒントを使用して変数値を編集するには

  1. データヒントで、値をクリックします。 読み取り専用の値では無効です。

  2. 新しい値を入力し、Enter キーを押します。

データヒントの背後にあるコードを確認する場合は、一時的にデータヒントを透過的に設定できます。 固定されているか、またはフローティング状態になっているデータヒントには適用されません。

DataTip を透過的にするには

  • データヒントで、Ctrl キーを押します。

    Ctrl キーを押している間、データヒントは透過的になります。

データヒントで変数名の横に虫眼鏡のアイコンが表示される場合、そのデータ型の変数について 1 つ以上の ビジュアライザー を使用できます。 ビジュアライザーを使用すると、よりわかりやすい形式 (通常はグラフィック形式) で情報が表示されます。

ビジュアライザーを使用して変数の内容を表示するには

  • 虫眼鏡アイコンをクリックし、データ型の既定のビジュアライザーを選択します。

    または

    ビジュアライザーの横にあるポップアップ矢印をクリックし、データ型の適切なビジュアライザーを一覧から選択します。

    ビジュアライザーに情報が表示されます。

変数のウォッチを継続する場合、データヒントから [ウォッチ] ウィンドウに変数を追加できます。

ウォッチ ウィンドウに変数を追加するには

  • データヒントを右クリックし、[ウォッチ式の追加] をクリックします。

    変数が [ウォッチ] ウィンドウに追加されます。 複数の [ウォッチ] ウィンドウをサポートしているエディションの場合は [ウォッチ 1] に追加されます。

データヒントは XML ファイルにエクスポートして、他のユーザーと共有したり、テキスト エディターで編集したりすることができます。

データヒントをエクスポートするには

  1. [デバッグ] メニューの [データヒントのエクスポート] をクリックします。

    [データヒントのエクスポート] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. 通常のファイルの手法を使用して、XML ファイルを保存する場所を選択し、[ファイル名] ボックスにファイルの名前を入力して、[OK] をクリックします。

データヒントをインポートするには

  1. [デバッグ] メニューの [データヒントのインポート] をクリックします。

    [データヒントのインポート] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. ダイアログ ボックスで、開く XML ファイルを探し、[OK] をクリックします。

デバッガーでのデータ表示
方法 :ダイアログ ボックスを使用する
ビジュアライザー
方法 :ウィンドウの数値書式を変更する

表示: