このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

String.Compare メソッド (String, String, StringComparison)

指定した規則を使用して、指定した 2 つの String オブジェクトを比較し、並べ替え順序におけるそれらの相対位置を示す整数を返します。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static int Compare(
	string strA,
	string strB,
	StringComparison comparisonType
)

パラメーター

strA
型 : System.String
比較する最初の文字列。
strB
型 : System.String
比較する 2 番目の文字列。
comparisonType
型 : System.StringComparison
比較で使用する規則を指定する列挙値の 1 つ。

戻り値

型 : System.Int32
2 つの比較対照値の構文上の関係を示す 32 ビット符号付き整数。

状態

0 より小さい値

strAstrB より小さい。

0

strAstrB が等しい。

0 を超える値

strAstrB より大きくなっています。

例外条件
ArgumentException

comparisonTypeStringComparison 値ではありません。

NotSupportedException

StringComparison がサポートされていません。

comparisonType パラメーターは、比較の種類 (現在のカルチャを使用するかインバリアント カルチャを使用するか、比較対象値の大文字と小文字を区別するか、並べ替え規則に単語 (カルチャに依存) を使用するか序数 (カルチャ非依存) を使用するか) を指定します。

比較対象値の一方または両方を null にできます。 定義上、空文字列 ("") を含むすべての文字列は null 参照よりも大きく、また 2 つの null 参照は互いに等しくなります。

比較は、等しくない文字が検出されるか、両方の文字列すべてが比較された時点で終了します。 ただし、2 つの文字列の比較で、一方の文字列の末尾までは等しく、もう一方の文字列に残りの文字がある場合、もう一方の文字列の方が大きいと見なされます。 戻り値は、最後に実行された比較の結果です。

カルチャ固有の大文字/小文字の区別規則によって比較が影響される場合、予期しない結果が発生する可能性があります。 たとえば、トルコ語の場合、トルコ語のファイル システムは "file" の文字 ”i” に関して言語学的な大文字/小文字の区別規則を使用しないため、次の例では間違った結果が生成されます。


static bool IsFileURI(String path)
{
    return (String.Compare(path, 0, "file:", 0, 5, true) == 0);
}


序数に基づく比較を使用して、"file" へのパス名を比較します。 これを実行するための適切なコードは次のとおりです。


static bool IsFileURI(String path)
{
    return (String.Compare(path, 0, "file:", 0, 5, StringComparison.OrdinalIgnoreCase) == 0);
}


呼び出し時の注意

文字セットには無視できる文字が含まれています。 Compare(String, String, StringComparison) のメソッドは、カルチャに依存した比較を実行するときに、このような文字は考慮されません。 比較の無視できる文字を識別するには、comparisonType パラメーターの StringComparison.Ordinal または OrdinalIgnoreCase の値を指定します。

3 種類の ”I” 文字を比較する例を次に示します。 選択したカルチャ、大文字と小文字の区別、比較の種類 (序数ベースにしたかどうか) が実行結果に影響します。


// This example demonstrates the 
// System.String.Compare(String, String, StringComparison) method.

using System;
using System.Threading;

class Sample 
{
    public static void Main() 
    {
    string intro = "Compare three versions of the letter I using different " + 
                   "values of StringComparison.";

// Define an array of strings where each element contains a version of the 
// letter I. (An array of strings is used so you can easily modify this 
// code example to test additional or different combinations of strings.)  

    string[] threeIs = new string[3];
// LATIN SMALL LETTER I (U+0069)
    threeIs[0] = "\u0069";
// LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131)
    threeIs[1] = "\u0131";
// LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)
    threeIs[2] = "\u0049";

    string[] unicodeNames = 
             {
             "LATIN SMALL LETTER I (U+0069)", 
             "LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131)", 
             "LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)"
             };

    StringComparison[] scValues = {
        StringComparison.CurrentCulture,
        StringComparison.CurrentCultureIgnoreCase,
        StringComparison.InvariantCulture,
        StringComparison.InvariantCultureIgnoreCase,
        StringComparison.Ordinal,
        StringComparison.OrdinalIgnoreCase };

//
    Console.Clear();
    Console.WriteLine(intro);

// Display the current culture because the culture-specific comparisons
// can produce different results with different cultures.
    Console.WriteLine("The current culture is {0}.\n", 
                       Thread.CurrentThread.CurrentCulture.Name);

// Determine the relative sort order of three versions of the letter I. 
    foreach (StringComparison sc in scValues)
        {
        Console.WriteLine("StringComparison.{0}:", sc);

// LATIN SMALL LETTER I (U+0069) : LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131)
        Test(0, 1, sc, threeIs, unicodeNames);

// LATIN SMALL LETTER I (U+0069) : LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)
        Test(0, 2, sc, threeIs, unicodeNames);

// LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131) : LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)
        Test(1, 2, sc, threeIs, unicodeNames);

        Console.WriteLine();
        }
    }

    protected static void Test(int x, int y, 
                               StringComparison comparison, 
                               string[] testI, string[] testNames)
    {
    string resultFmt = "{0} is {1} {2}";
    string result = "equal to";
    int cmpValue = 0;
//
    cmpValue = String.Compare(testI[x], testI[y], comparison);
    if      (cmpValue < 0) 
        result = "less than";
    else if (cmpValue > 0)
        result = "greater than";
    Console.WriteLine(resultFmt, testNames[x], result, testNames[y]);
    }
}

/*
This code example produces the following results:

Compare three versions of the letter I using different values of StringComparison.
The current culture is en-US.

StringComparison.CurrentCulture:
LATIN SMALL LETTER I (U+0069) is less than LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131)
LATIN SMALL LETTER I (U+0069) is less than LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)
LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131) is greater than LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)

StringComparison.CurrentCultureIgnoreCase:
LATIN SMALL LETTER I (U+0069) is less than LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131)
LATIN SMALL LETTER I (U+0069) is equal to LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)
LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131) is greater than LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)

StringComparison.InvariantCulture:
LATIN SMALL LETTER I (U+0069) is less than LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131)
LATIN SMALL LETTER I (U+0069) is less than LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)
LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131) is greater than LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)

StringComparison.InvariantCultureIgnoreCase:
LATIN SMALL LETTER I (U+0069) is less than LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131)
LATIN SMALL LETTER I (U+0069) is equal to LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)
LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131) is greater than LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)

StringComparison.Ordinal:
LATIN SMALL LETTER I (U+0069) is less than LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131)
LATIN SMALL LETTER I (U+0069) is greater than LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)
LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131) is greater than LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)

StringComparison.OrdinalIgnoreCase:
LATIN SMALL LETTER I (U+0069) is less than LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131)
LATIN SMALL LETTER I (U+0069) is equal to LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)
LATIN SMALL LETTER DOTLESS I (U+0131) is greater than LATIN CAPITAL LETTER I (U+0049)

*/


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft