マーケティングと営業との間の壁を破る

Microsoft Corporation

2014 年 11 月

概要

この記事には、マーケティング チームの活動に可視性を与え、他チームと連携することにより、営業チームを強化する方法を説明します。

適用対象

Microsoft Dynamics Marketing 2015 更新プログラム またはそれ以上

はじめに

Microsoft Dynamics Marketing の Microsoft Dynamics CRM 用販売者ポータル ソリューションは、Microsoft Dynamics CRM 用 Microsoft Dynamics Marketing コネクタ を介して Microsoft Dynamics Marketing と Microsoft Dynamics CRM (設置型と Online の両方) の間で共有されるデータを使用し、Microsoft Dynamics Marketing で作成された文脈情報を、Dynamics CRM 上で営業ユーザーに提供します。

営業ユーザーは、どのマーケティング キャンペーンとキャンペーン活動が、特定の取引先担当者または取引先企業に対して営業するか表示、およびコントロールできます。また、取引先担当者がマーケティング活動と対話するときに通知するように登録できます。次のセクションでは、これを達成する方法の簡単な概要を説明します。

いつ販売者ポータルを使用するか

Dynamics Marketing 上で作業するマーケティング チームが計画するキャンペーンから、取引先担当者と取引先企業が過去にどれだけ影響されたか、または将来どれだけ影響されるかを、Dynamics CRM で作業する営業チームが知りたいとき、販売者ポータルは最大の値を提供します。営業担当者ポータルは以下のような質問に答える援助をします。

  • 自分の取引先担当者または取引先企業を対象にしたキャンペーンとキャンペーン活動は何ですか。

  • 自分の取引先担当者は、過去のマーケティング広告に対してどんな反応がありましたか。

販売者ポータルのインストールと構成

以下の一連の手順を使用して、販売者ポータルを Dynamics Marketing 上にインストールおよび構成します。

  1. Microsoft Dynamics CRM ソリューション用 Marketing コネクタのインストール (Online および設置型)

  2. Microsoft Dynamics CRM for CRM Online および設置型用 Marketing コネクタの構成

  3. Microsoft Dynamics CRM の Microsoft Dynamics Marketing 販売者ポータル ソリューションのインストール

  4. Dynamics Marketing 構成のユーザー定義エンティティにアクセスするために必要な、 Microsoft Dynamics CRM のロールやユーザーにアクセス許可を付与します。詳細情報: Microsoft Dynamics Marketing 販売者ポータルとのマーケティング広告の表示および管理

  5. Dynamics Marketing の販売者ポータル機能を有効にして構成します。詳細: Microsoft Dynamics CRM の Microsoft Dynamics Marketing 販売者ポータル ソリューションのインストール

販売者ポータルの構成のベスト プラクティス

Dynamics CRM 用販売者ポータル ソリューションのインストール後に販売者ポータルを有効にする

Dynamics CRM 用販売者ポータル ソリューションをインストール後、Dynamics Marketing のサイト設定ページで販売者ポータルが有効になっていることを確認します。接続済み CRM インスタンス上に CRM コネクタは ソリューションまたは販売者ポータル ソリューションを再インストールする場合、販売者ポータル機能を無効にし、すぐに再び有効にします。

過去のキャンペーンの日付範囲を営業サイクルと揃える

管理者は、Dynamics Marketing のサイト設定ページで、過去のキャンペーンの日付範囲を指定する必要があります。このパラメータによって、取引先担当者と取引先企業が異なるキャンペーン広告の対話を、Dynamics Marketing がどれだけ過去まで記憶するか決定します。最善の結果を得るには、過去のキャンペーンの日付範囲を、組織の平均的な営業サイクルに合わせます。たとえば、取引先担当者を育成して受注にするまでに組織が通常 6 か月かける場合 (取引先担当者が営業またはマーケティング チームと接触してからの期間)、過去のキャンペーンの日付範囲を 180 に設定します。これにより、異なるキャンペーン活動における取引先担当者と取引先企業の対話に関する全体像を、販売者ポータルから確実に得られます。

noteメモ
過去のキャンペーンの日付範囲が広いほど、Dynamics Marketing が格納するデータ量が大きくなります。販売者ポータルを無効にして一定時間の経過後に再び有効にする場合、機能が無効にされていた期間に対応するデータは失われ、販売者ポータル ページに表示される情報は不完全になります。 

販売者ポータルのアクセス 

販売者ポータルは Microsoft Dynamics Marketing にあり、Microsoft Dynamics CRM 用 Microsoft Dynamics Marketing 販売者ポータル ソリューションには、Microsoft Dynamics CRM からのポータルに対する簡易ウィンドウが用意されています。販売者ポータルの設定に加え、CRM 上の営業ユーザーには、CRM インスタンスに接続される Dynamics Marketing インスタンスにアクセスするためのライセンスが必要です。

マーケティング活動の表示およびコントロール 

CRM 上の営業ユーザーが、マーケティング チームが作成したどのキャンペーンとキャンペーン活動が、特定の取引先担当者または取引先企業に対して営業するか知りたいとき、営業ユーザーは Microsoft Dynamics CRM 上の必要な取引先担当者または取引先企業を選択し、ツールバーで使用できるマーケティング ポータルのオプションを使用して Dynamics Marketing 上の販売者ポータルを表示できます。これにより、新しいタブに販売者ポータルがオープンします。販売者ポータルには、直感的に理解できるタイムラインの Gantt ビュー上に、各取引先担当者または取引先企業をターゲットとする、異なるマーケティング広告を表示します。営業ユーザーは任意のキャンペーンまたはキャンペーン活動を選択して、活動の詳細をさらに知ることができます。また、取引先担当者の販売者ポータルから、営業ユーザーは任意の営業担当者の名前を選択し、その取引先担当者のマーケティング取組ビューをフライアウトでオープンできます。マーケティングの取り組みビューは、キャンペーン広告に対する取引先担当者の反応に関する情報を提供します。

営業ユーザーは取引先担当者の販売者ポータル上の [ブロック/ブロックの解除] ボタン、および取引先企業の販売者ポータル上の [ブロック リストの編集] ボタンを使用して、特定の取引先担当者が 1 つ以上のキャンペーンに関する広告を受け取らないようにします。営業ユーザーが、ある取引先担当者がキャンペーンに関連する広告を受け取らないようにする場合、販売者ポータルのブロック リストがキャンペーン内に作成されます。Dynamics Marketingのキャンペーン自動キャンバス上のマーケティング担当者は、このリストを表示できます。

インスタント アラートで正しいタイミングを取得

営業にはタイミングが重要です。営業担当者が望むもう 1 つの営業案件は、顧客の振る舞いに関する通知を受け取ることです。これにより紹介すべき製品、配置方法、およびもっとも重要な点として、潜在メンバーにいつ接触するかに関して十分の情報を得て決定でき、契約を受注する可能性を上げることができます。Dynamics Marketing の警告機能を使用すると、取引先担当者が Web サイト、電子メール メッセージ、またはランディング ページに反応するとき、ほぼリアルタイムに通知を受け取ることができます。たとえば、販売者ポータルおよび警告機能を使用すると、営業担当者は取引先担当者が電子メール メッセージを明日受け取り、電子メール メッセージのオープンした警告に同意することを予測できます。取引先担当者が二、三日後に電子メール メッセージをオープンする場合、通知を受けた営業担当者は、その取引先担当者すぐに連絡を取り、営業ブロスを進めることができます。営業ユーザーは、ナビゲーション バーの設定メニューで利用できる警告設定リンクを使用して、Dynamics Marketing の警告機能にアクセスできます。

 

このトピックについて Microsoft にコメントを送信する
© 2015 Microsoft.All rights reserved.
表示: