この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Microsoft Virtual Machine Converter 3.0

 

適用対象: Hyper-V Server 2012,Windows Server 2012 R2,Windows Server 2012,Hyper-V Server 2012 R2,Azure,Windows Server 2008 R2 with SP1

System_CAPS_noteメモ

コンバーターをダウンロードするには、次を参照してください。 Microsoft Virtual Machine Converter 3.0 Microsoft ダウンロード センターでします。 このページからもに、コンバーターで使用される Windows PowerShell コマンドレットに関する情報をダウンロードできます。

可用性と、コンバーターのサポートは 2017 年 6 月 3 日に削除されたを終了します。 Azure Site Recovery 長期的なソリューションとしてお勧めします。 この提供終了に関する詳細は、blogpost を参照してください。 重要な更新プログラムに関する Microsoft Virtual Machine Converter (MVMC)します。

Microsoft Virtual Machine Converter (MVMC) は、Microsoft によってサポートされる、スタンドアロンのソリューションの pro 情報技術 (IT) またはする必要のあるソリューション プロバイダーです。

  • HYPER-V ホストおよび Microsoft Azure への VMware ホストから仮想マシンとディスクを変換します。

  • 物理マシンとディスクを HYPER-V ホストに変換します。

このガイドは、IT の意思決定者など、IT の役割の企業顧客に対して読者は IT pro、または IT 担当者です。 MVMC の機能とをインストールし、変換ソリューションとして MVMC を使用する方法についての情報だけでなく、機能の概要を提供します。

MVMC は、最小の依存関係と共に配置できます。 変換を自動化し、記述され、Microsoft System Center Orchestrator 2012 R2 を実行するようデータ センターの自動化ワークフローを使用して統合できるように、MVMC は Windows PowerShell をサポートしています。 実行することもできます変換対話形式では、Windows PowerShell コマンド ライン インターフェイスで、または GUI ベースのウィザードを使用します。

MVMC の MVMC 3.0 リリースには、次の新機能が含まれています。

  • 物理マシンのオンラインの変換をバーチャル ハード_ディスク (Vhd) を HYPER-V ホストにアップロードすることができます。

MVMC は、前の表に、新しい機能に加え、次の機能を提供します。

  • 変換し、次のオペレーティング システムのいずれかの上の HYPER-V ホストに VMware ホストから仮想マシンを展開します。

    • Windows Server 2012 R2

    • Windows Server 2012

    • Windows Server 2008 R2 SP1

  • ソースからや VMware バーチャル マシン、仮想ディスク、メモリ、仮想プロセッサ、およびその他の仮想コンピューティング リソースの設定を HYPER-V に変換します。

  • 仮想ネットワーク アダプターを HYPER-V に変換されたバーチャル マシンに追加します。

  • VMware vSphere 5.5、VMware vSphere 5.1、および HYPER-V に VMware vSphere 4.1 ホストからバーチャル マシンの変換をサポートしています

  • 実行中のバーチャル マシン変換を簡略化ウィザード ベースの GUI を持っています。

  • オンライン変換の前に、vmware の VMware Tools をアンインストール (オンラインのみ) VMware ベースの仮想マシンを HYPER-V に移行する明確な方法を提供するには

    System_CAPS_important重要

    MVMC では、VMware ツールをアンインストールする前に変換して、変換中に状態を保持するためにソース マシンを停止した仮想マシンのスナップショットを取得します。 仮想マシンは、仮想マシンに接続されているソース ディスクが正常にコピーされた後、以前の状態に復元です。 その時点では、必要な場合は VMware 内のソース マシンを有効にすることができます。

    System_CAPS_important重要

    MVMC では、オフライン変換 VMware ツールはアンインストールされません。 代わりに、VMware サービス、ドライバー、および Windows Server ゲスト オペレーティング システムに対してのみプログラムが無効にします。 Linux ゲスト オペレーティング システムでは、ファイルの変換を VMware ツールは無効になっているまたはアンインストールできません。 オフラインのバーチャル マシンを変換すると、VMware ツールを手動でアンインストールすることを強くお勧めします。

    System_CAPS_important重要

    追加のハードウェアとパススルーまたは USB デバイスを切断し、仮想マシンの構成から、ハードウェアに固有のサービスやが不要な監視ソフトウェアをアンインストールします。

  • 変換と HYPER-V ホストに VMware ホストからの Linux ベースのゲスト オペレーティング システムのプロビジョニングをサポートしています。 詳細については、このトピックの後半の「サポートされている構成のバーチャル マシン変換」を参照してください。 (該当なし物理マシンへの変換からです。)

  • スクリプト、IT の自動化のワークフローへの統合が可能なネイティブの Windows PowerShell 機能を提供します。

    System_CAPS_noteメモ

    MVMC 1.0 では、コマンド ライン インターフェイス (CLI) は MVMC 2.0 での Windows PowerShell に置き換えられました。

  • オフラインのバーチャル マシンの変換をサポートしています。 (該当なし物理マシンへの変換からです。)

  • 変換して、Windows Server 2012 R2 および Windows Server 2012 HYPER-V でのプロビジョニング時に、新しいバーチャル ハード ディスク フォーマット (VHDX) をサポートしています。 (該当なし物理マシンへの変換からです。)

  • さまざまな Linux ディストリビューションとの変換の選択可能なゲスト オペレーティング システムとしてを通じて Windows Server 2012 R2、Windows Server 2008 および Windows 8.1 を使用して Windows Vista をサポートしています。 詳細については、このトピックの後半の「サポートされている構成のバーチャル マシン変換」を参照してください。

  • ハイパー V ベースのバーチャル ハード ディスク ファイルの形式 (.vhd ファイル) には、VMware ベースの仮想ハード ディスク (VMDK) をオフラインに変換するための Windows PowerShell の機能が含まれています。

    System_CAPS_noteメモ

    オフラインのディスクの変換では、ドライバーの修正プログラムは含まれません。

  • オンラインへの変換の物理マシンの VHD および HYPER-V ホストでのプロビジョニングの Windows PowerShell の機能が含まれています

次の表は、バーチャル マシン変換のすべてのサポートされている構成を示します。

VMware のソース

VMware vSphere 5.5 (VMware ESXi 5.5)

VMware vSphere 5.1 (VMware ESXi 5.1)

VMware vSphere 4.1 (VMware ESXi/ESX 4.1)

VMware vCenter Server 5.5

VMware vCenter Server 5.1

VMware vCenter Server 4.1

宛先ホスト サーバー

System_CAPS_noteメモ

HYPER-V を有効にする必要があります。

Windows Server 2012 R2 Standard

Windows Server 2012 R2 Datacenter

Windows Server 2012 Standard

Windows Server 2012 Datacenter

Windows Server 2008 R2 Standard Service pack 1 (SP1)

Windows Server 2008 R2 Enterprise Service pack 1 (SP1)

Windows Server 2008 R2 Datacenter Service pack 1 (SP1)

MVMC のインストール先のオペレーティング システム

Windows Server 2012 R2 Standard

Windows Server 2012 R2 Datacenter

Windows Server 2012 Standard

Windows Server 2012 Datacenter

Windows Server 2008 R2 Standard Service pack 1 (SP1)

Windows Server 2008 R2 Enterprise Service pack 1 (SP1)

Windows Server 2008 R2 Datacenter Service pack 1 (SP1)

VMware バーチャル マシンから HYPER-V への変換用の Microsoft ゲスト オペレーティング システム

Windows Server 2012 R2 Standard

Windows Server 2012 R2 Datacenter

Windows Server 2012 Standard

Windows Server 2012 Datacenter

Windows Server 2008 R2 Standard

Windows Server 2008 R2 Enterprise

Windows Server 2008 R2 Datacenter

Windows Server 2008 R2 SP1

Windows Server 2008 Standard (x86 または x64)

Windows Server 2008 Enterprise (x86 または x64)

Windows Server 2008 Datacenter (x86 または x64)

Windows 8.1 Enterprise (x86 または x64)

Windows 8.1 Pro (x86 または x64)

Windows 8 Enterprise (x86 または x64)

Windows 8 Pro (x86 または x64)

Windows 7 Enterprise (x86 または x64)

Windows 7 Professional (x86 または x64)

Windows 7 Ultimate (x86 または x64)

Windows Vista Enterprise x86 または x64

VMware バーチャル マシンからの変換の Linux オペレーティング システム

Red Hat Enterprise Linux 6 (x86 または x64)

Red Hat Enterprise Linux 5 (x86 または x64)

Ubuntu 12.04 (x86 または x64)

Ubuntu 10.04 (x86 または x64)

SUSE Linux Enterprise Server 11 (x86 または x64)

CentOS 6 (x86 または x64)

CentOS 5 (x86 または x64)

Debian Gnu/linux 7 (x86 または x64)

Oracle Linux 6 (x86 または x64)

Oracle Linux 5 (x86 または x64)

Microsoft Azure への変換にサポートされるゲスト オペレーティング システム

System_CAPS_noteメモ

サポートされている VMware ホストの一覧は、HYPER-V への変換がサポートされている VMware ホストの一覧と同じです。

Windows Server 2012 R2 Standard

Windows Server 2012 R2 Datacenter

Windows Server 2012 Standard

Windows Server 2012 Datacenter

Windows Server 2008 R2 Standard

Windows Server 2008 R2 Enterprise

Windows Server 2008 R2 Datacenter

Windows Server 2008 R2 SP1

Windows Server 2008 Standard (x86 または x64)

Windows Server 2008 Enterprise (x86 または x64)

Windows Server 2008 R2 Web x64

Ubuntu 12.04 (x86 または x64)

SUSE Linux Enterprise Server 11 (x86 または x64)

CentOS 6 (x86 または x64)

CentOS 5 (x86 または x64)

Debian Gnu/linux 7 (x86 または x64)

Oracle Linux 6 (x86 または x64)

Oracle Linux 5 (x86 または x64)

System_CAPS_important重要

Windows Server 2012 R2 では、仮想マシンは、VMware vCenter サーバー 5.5/esxi 5.5 上に存在する必要があります。 VMware vCenter Server ESXi の古いバージョンでは使用できません。

System_CAPS_important重要

MVMC には、EFI ベースの仮想マシンをサポートしていません。

System_CAPS_important重要

MVMC は、ソース仮想マシンでダイナミック ディスクの構成をサポートしていません。

System_CAPS_important重要

SUSE Linux Enterprise Server 11 (SP2 および SP3) では、VMware から HYPER-V に移行するときに、Linux Integration Services を有効にする追加の手順が必要です。

変換する前に、SUSE Linux Enterprise Server 11 SP2 または SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3 仮想マシンでこれらの手順を実行します。

  • HYPER-V の LIS モジュールを含める/etc/sysconfig/kernel を編集します。 INITRD_MODULES 行に hv_ モジュールを追加します。 次のように表示する必要があります。

     

    INITRD_MODULES ="mptspi ata_piix ata_generic vmxnet3 vmw_pvscsi vmxnet hv_vmbus hv_netvsc hv_storvsc hv_blkvsc"

     

  • 次のコマンドを使用して initrd を再作成します。 コマンドで指定されているカーネルは、仮想マシンのブート時に現在のカーネルに一致しなければなりません。

     

    再帰-k/boot/vmlinux-3.0.13-0.27-pae.gz-i/boot/initrd-3.0.13-0.27-pae

     

System_CAPS_important重要

次の Linux バージョンでは、Linux Integration Services は、Red Hat Package Manager (RPM) パッケージとして Microsoft から入手できます。

  • Red Hat Enterprise Linux 5.8 および以前のバージョン

  • CentOS Linux 5.8 および以前のバージョン

  • Oracle Linux 5.8 と以前のバージョン

変換する前に、Linux 仮想マシンには、これらの手順を実行します。

  • 最新の Linux Integration Services パッケージをインストールします。

  • /Etc/grub.conf ファイルを編集します。

    • 格納するセクションを検索: noprobe hdb いた = = noprobe

    • このセクションの変更: プローブ hdb いた = = プローブ

    • 保存、 /etc/grub.conf ファイル

    • Microsoft の仮想マシンに変換する前に Linux 仮想マシンの再起動します。

変換には、次の VMware の仮想ディスクの種類がサポートされています。

  • monolithicFlat

  • 処理に使用されます。

  • twoGbMaxExtentFlat

  • twoGbMaxExtentSparse

  • streamOptimized

  • vmfs

  • vmfsSparse

  • 差分ディスクの変換

次の表は、HYPER-V を物理マシンのすべてのサポートされている構成を示します。

宛先ホスト サーバー

System_CAPS_noteメモ

Hyper-v ホストと BITS コンパクト サーバーを有効にする必要があります。

Windows Server 2012 R2 Standard

Windows Server 2012 R2 Datacenter

Windows Server 2012 Standard

Windows Server 2012 Datacenter

Windows Server 2008 R2 Standard SP1

Windows Server 2008 R2 Enterprise SP1

Windows Server 2008 R2 Datacenter SP1

MVMC をインストールするサポートされるオペレーティング システム

Windows Server 2012 R2 Standard

Windows Server 2012 R2 Datacenter

Windows Server 2012 Standard

Windows Server 2012 Datacenter

Windows Server 2008 R2 Standard

Windows Server 2008 R2 Enterprise

Windows Server 2008 R2 Datacenter

Windows Server 2008 R2 SP1

Windows 8.1

Windows 8.1 Enterprise

Windows 8

Windows 8 Enterprise

Windows 7 の標準

Windows 7 Enterprise

Windows 7 のデータ センター

物理マシンから HYPER-V への変換のサポートされるゲスト オペレーティング システム

Windows Server 2012 R2 Standard

Windows Server 2012 R2 Datacenter

Windows Server 2012 Standard

Windows Server 2012 Datacenter

Windows Server 2008 R2 Standard

Windows Server 2008 R2 Enterprise

Windows Server 2008 R2 Datacenter

Windows Server 2008 R2 SP1

Windows Server 2008 Standard (x86 または x64)

Windows Server 2008 Enterprise (x86 または x64)

Windows Server 2008 Datacenter (x86 または x64)

Windows 8.1

Windows 8.1 Enterprise

Windows 8

Windows 8 Enterprise

Windows 7 Enterprise (x86 または x64)

Windows 7 Professional (x86 または x64)

Windows 7 Ultimate (x86 または x64)

Windows Vista Enterprise (x86 または x64)

表示: