この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Visual Studio Tools for Apache Cordova のインストール

Visual Studio 2013 では、Cordova ツールはプレビュー (CTP) バージョンとしてリリースされています。Cordova ツールはVisual Studio 2015 の一部としてリリースされる予定です。Visual Studio Tools for Apache Cordova を使用したアプリの開発には Visual Studio 2015 RTM を使用することをお勧めします。Visual Studio は、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

使いやすいインストーラーを活用して、Visual Studio および Apache Cordova によるクロスプラットフォームのアプリをビルドできます。 このインストーラーでは、必要な SDK、ツール、およびライブラリを識別する必要がありません (バージョンについても)。

このセクションの内容:

必要条件
ツールの取得
ツールのインストール
iOS のツールのインストール
その他のタスク

オペレーティング システム要件:

  • Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、または Windows Server 2012 R2。

    重要 : 重要

    Windows 7 を使用している場合、Android と iOS のアプリは開発できますが、Windows や Windows Phone のアプリは開発できません。

特定のデバイス プラットフォームのアプリをビルドするには、いくつかの追加要件があります。

  • iOS および iOS Simulator には、Xcode 6 を実行できる Mac コンピューターが必要です (Xcode 6 を推奨します)。 追加情報とインストール手順については、「iOS のツールのインストール」を参照してください。

    ヒント ヒント

    Mac のハードウェアではなくクラウド サービスに iOS をビルドする場合は、「クラウドで iOS をビルドし、シミュレートする」を参照してください。

  • Android エミュレーターは、Hyper-V または Intel HAXM ドライバーのどちらかを実行できるコンピューターに最適です。 Android での Apache Cordova アプリの実行」を参照してください。

  • Windows Phone エミュレーターには、Hyper-V を実行できるコンピューターが必要です。

  • Windows 10 ユニバーサル プラットフォーム アプリをビルドするには、Windows 10 Tools for Visual Studio をインストールする必要があります。 Windows 8.1/Phone 8.1 アプリが Windows 10 に展開される可能性もあることに注意してください。

Visual Studio Tools for Apache Cordova を取得します。これは、Visual Studio 2015 のオプションのコンポーネントに含まれています。 次のセクションの手順に従ってツールをインストールします。

重要 : 重要

Apache Cordova アプリを開発するには、Visual Studio 2015 をお勧めします。 Visual Studio 2015 Preview、Visual Studio 2015 CTP、または Visual Studio 2015 RC を以前にインストールした場合は、Visual Studio 2015 をインストールする前に、コントロール パネルの [プログラムと機能] を使用して以前のバージョンをアンインストールする必要があります。

Visual Studio Tools for Apache Cordova のインストールを選択すると、Visual Studio 2015 のインストーラーによって、追加でインストールするサード パーティ製ソフトウェアが選択されます。 これらのほとんどは、特定のプラットフォームや Apache Cordova に必要なオープン ソースのソフトウェアです。 既定の選択内容を無視し、インストールしないソフトウェアは選択解除することができます。

インストールがまだ行われていない場合、既定では次のソフトウェアが選択されます。

  • Android SDK は、Android のビルド プロセスと Ripple に必要です。

  • Apache Ant 1.8.0 以降は、Android のビルド プロセスに必要です。

  • 32 ビットの Oracle Java JDK 7 は、Android のビルド プロセスに必要です。

  • Joyent Node.js では、Visual Studio を Apache Cordova コマンド ライン インターフェイス (CLI) および Apache Ripple シミュレーターと統合できます。

    メモ メモ

    インストーラーでは、Google Chrome (iOS および Android 用の Apache Ripple シミュレーターを実行する場合に必要) および Apple iTunes (Windows PC に接続されている iOS デバイスにアプリを展開する場合に必要) はインストールされません。

  • Git CLI は、特定の Cordova プラグインの Git URI を手動で追加する必要がある場合にのみ必要です。

重要 : 重要

Cordova 5.0.0+ を使用する場合は、Android のビルド時にメモリ不足の問題を回避するため、最低でも -Xmx512M_JAVA_OPTIONS 環境変数を追加する必要があります。 詳細については、ここに記載されている既知の問題を参照してください。

Visual Studio Tools for Apache Cordova をインストールするには

  1. ツールの取得」で見つけたインストーラーを実行します。

  2. 指示に従って Visual Studio 2015 をインストールします。このとき、次のオプション機能のインストールを選択してください。

    • クロス プラットフォーム モバイル開発での HTML/JavaScript (Apache Cordova)

      メモ メモ

      Visual Studio 2015 ではなく Visual Studio 2013 をインストールしている場合は (Visual Studio 2015 をお勧めします)、Cordova ツールは別個の拡張機能としてインストールされます。

    • Windows 8.1 および Windows Phone 8.0/8.1 ツール

    • 開発用コンピューターで Hyper-V をサポートしている場合は、Microsoft Visual Studio Emulator for Android。

      Visual Studio Tools for Apache Cordova のインストール

      メモ メモ

      これらの機能は、Visual Studio 2015 RC の既存のインストールに追加できます。 [コントロール パネル] で、[プログラムと機能] を選択します。 一覧から Visual Studio 2015 を選択し、[変更] を選択します。 Visual Studio のセットアップ ウィンドウで、[変更] を選択します。 機能の一覧から、図に示されている 3 つのオプション機能を選択します。

      一般的なツールおよびソフトウェア開発キットにおいて既定で選択されているサードパーティ依存関係をそのまま使用しない場合は、ソフトウェアの選択内容をクリアし、後で必要な依存関係を手動でインストールすることができます。

      Multi-Device Hybrid Apps インストーラー
      重要 : 重要

      サードパーティの従属物が既にシステムに存在する場合、またはそれらを手動でインストールすることを選択した場合は、システム パスを更新する必要があることがあります。 従属物の手動インストール」を参照してください。

  3. コンピューターを再起動して、すべてが正しくインストールされていることを確認します。

  4. Visual Studio を開き、[ツール][拡張機能と更新プログラム][更新] の順に選択します。 Visual Studio Tools for Apache Cordova に利用可能な Visual Studio の更新がある場合は、インストールします。

    メモ メモ

    ツールをインストールした後に初めてアプリをビルドする際、Visual Studio は Cordova ツールをダウンロードしてインストールします。 その結果、最初のビルドを完了するには、通常より時間がかかります。 進行状況を表示するには、出力ウィンドウを確認します。 Cannot find module [modulename] などのエラーが表示された場合は、ソリューションのクリーンを実行してリビルドする必要があります。 詳細については、「vs-tac の再インストール」を参照してください。

    Visual Studio の以前のバージョンからプロジェクトを移行する場合は、この移行情報を参照してください。

Visual Studio を使用して iOS Simulator または iOS デバイス上で iOS アプリをビルドし、実行するには、次に示す要件を満たす Mac コンピューターにリモート エージェント remotebuild をインストールして構成する必要があります (現在、iOS アプリを Windows でビルドすることはできません)。 ご使用の PC の Visual Studio で、このトピックの説明に従ってリモート エージェントを構成する必要もあります。

メモ メモ

Mac ではなくクラウド ホスト型 Mac サービスを使用する場合の詳細については、「クラウドで iOS をビルドし、シミュレートする」を参照してください。 Mac で仮想化テクノロジを使用して Windows を実行している場合は、iOS をローカルでビルドして実行できます。 詳細については、「Parallels を使用して iOS 用 Cordova アプリケーションをビルドする」を参照してください。

リモート エージェントをインストールする前に、Visual Studio Tools for Apache Cordova がインストールされていることを確認してください。

ビルド要求を処理し、iOS デバイスまたは iOS Simulator でアプリを実行するエージェントを構成できます。 リモート エージェントをホストするには、Mac コンピューターに次のものがインストールされている必要があります。

  • Mac OS X Mavericks

  • Xcode 6

  • Xcode コマンド ライン ツール (ターミナル アプリから xcode-select --install を使用します)。

  • Node.js

  • Git コマンド ライン ツール (Git リポジトリから CLI を使用している場合)。

    CLI バージョンが Git の場所を指している場合は、iOS 向けにアプリをビルドするために Git が必要です。

以下も必要になります。

  • Apple でのアクティブな iOS Developer Program アカウント

  • Xcode で構成されている iOS プロビジョニング プロファイル (プロビジョニング プロファイルをダウンロードし、ダウンロードした *.mobileprovision ファイルを実行します)

    メモ メモ

    詳細については、iOS Developer Library の「Maintaining Your Signing Identities and Certificates (署名 ID と証明書の管理)」を参照してください。

  • Xcode で構成されている署名 ID ([XCode][Preferences] の順に選択します)

メモ メモ

Visual Studio 2015 には、remotebuild という更新されたリモート エージェントがあります。 以前のエージェントである vs-mda-remote は、Visual Studio 2015 RC 以前のバージョンで使用します。

リモート エージェントをダウンロードしてインストールするには

  • Mac 上のターミナル アプリから、次のように入力します。

    sudo npm install –g npm
    sudo npm install -g remotebuild
    sudo npm install –g ios-sim@3.1.1
    

    最初のコマンドで npm を更新し、2 番目のコマンドでリモート エージェントをインストールします。3 番目のコマンドは、Visual Studio から iOS Simulator を使用する場合にのみ必要です。

  • 古いバージョンの Node.js と npm を使用している場合は、リモート エージェントを起動する前に次のコマンドを入力する必要があります。入力しないと、ビルド時にアクセス許可エラーが発生します。 Mac 上のターミナル アプリから、次のように入力します。

    sudo npm cache clear
    sudo chown -R `whoami` ~/.npm
    

    このコマンドは、ホーム ディレクトリの npm パッケージ キャッシュのアクセス許可が正しく構成されているかどうかを確認します (新しいバージョンの Node.js と npm は、この処理を自動実行します)。

    リモート エージェント (remotebuild) の初回実行時に、Mac で開発者モードがアクティブになります。 デバイスでのアプリの自動実行、デバイスおよびシミュレーターでのアプリのデバッグを許可するために、さらに Homebrew が ideviceinstaller および ios-webkit-debug-proxy と共にインストールされます。

    Caution メモ注意

    Homebrew をインストールするには、sudo (管理者) のアクセス許可が必要です。 sudo 以外で remotebuild をインストールする必要がある場合には、Homebrew を手動で usr/local の場所にインストールして、bin フォルダーをご使用のパスに追加することができます。 詳細については、Homebrew ドキュメントを参照してください。 開発者モードを手動で有効にする必要がある場合は、ターミナル アプリに「DevToolsSecurity –enable」と入力します。

コンピューターを Visual Studio の新しいバージョンに更新した場合は、リモート エージェントも現在のバージョンに更新する必要があります。

リモート エージェントを更新するには

  • 前のセクションのインストール手順を繰り返します。

リモート エージェントを起動するには

  • Mac 上のターミナル アプリから、次のように入力します。

    remotebuild
    
    メモメモ

    Visual Studio 2013 では、前述のコマンドは vs-mda-remote です。

    既定のビルド ディレクトリである ~/.taco_home/remote-builds/taco-remote/builds でエージェントが起動します。 エージェントの追加の構成オプションに関する説明は、「リモート エージェントの構成」を参照してください。

    初めてエージェントを起動すると、ホスト、ポート、セキュリティ PIN など、Visual Studio でエージェントを構成するために必要な情報が提供されます。

    Cordova_iOS_Install_Agent
    重要 : 重要

    リモート エージェントは、SSL 証明書を使用して、Visual Studio との間でビルド ペイロードを安全に転送するために設計されています。

  • ホスト名を使用して Visual Studio のリモート エージェントを構成することを想定している場合は、ホスト名を使用して Mac を ping して到達可能であることを確認してください。 そうでない場合は、代わりに IP アドレスを使用する必要がある場合があります。

  • 外部から 1 つのホスト名で参照できる Mac に、内部的には別のホスト名が割り当てられている場合は、ターミナル アプリで次のコマンドを使用してホスト名を指定できます。

    remotebuild resetServerCerts --hostname=my.external.hostname.com
    remotebuild generateClientCert --hostname=my.external.hostname.com
    

    指定のホスト名で機能する証明書を再生成するには ホスト名を使用して Visual Studio のリモート エージェントを構成することを想定している場合は、ホスト名を使用して Mac を ping して到達可能であることを確認してください。 そうでない場合は、代わりに IP アドレスを使用する必要がある場合があります。

リモート エージェントを使用する前に、Visual Studio でリモート構成を指定する必要があります。

Visual Studio で使用できるようにリモート エージェントを構成するには

  1. エージェントが Mac でまだ実行していない場合は、リモート エージェントを起動します。

  2. Mac で、Mac のホスト名または IP アドレスを取得します。

    ifconfig コマンドを使用すると IP アドレスを取得できます。

  3. Visual Studio のメニュー バーで、[ツール][オプション] の順に選択します。

  4. [オプション] ダイアログ ボックスで、[Apache Cordova 用ツール] を開き、[リモート エージェントの構成] を選択します。

  5. [Enable remote iOS processing][True] に設定します。

  6. [保護モード][True] に設定します。

  7. [ホスト][ポート][セキュリティ PIN] フィールドで、初めてリモート エージェントを起動したときにリモート エージェントが指定した値を入力します。 ホストは、ご使用の Mac の名前または IP アドレスになります。 既定のポートは 3000 です。

    Visual Studio でリモート エージェントを構成する
    メモ メモ

    ホスト名で Mac を ping できない場合、IP アドレスを使用する必要があることがあります。

    [OK] をクリックすると、Visual Studio はリモート エージェントに接続します (エージェントは接続するために実行している必要があります)。

    セキュリティで保護されたモードを無効にして、単純な HTTP ベースの接続を有効にする場合は、[保護モード] の設定として [False] を選択し、保護モードを無効にした状態で remotebuild を起動します。

    remotebuild --secure false
    

    セキュリティで保護されたモードが無効になっている場合は、Visual Studio でエージェントを構成する際に [セキュリティ PIN] フィールドを空白のままにできます。

    セキュリティ暗証番号 (PIN) は 1 回限り使用されます。 新しいクライアントと remotebuild サーバーをペアにする必要がある場合は、「新しいセキュリティ暗証番号 (PIN) を生成する」を参照してください。

エージェントを停止するには

  • Mac 上のターミナル アプリで、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

状況によっては、ツールを更新および構成するために追加の手順が必要になる場合があります。

ツールのダウンロード Visual Studio Tools for Apache Cordova を入手または詳細を参照

表示: