Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/cgthreads (コード生成スレッド)

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

最適化とコード生成に使用するための cl.exe スレッドの数を設定します。

/cgthreads[1-8]  

number
cl.exe が使用できるスレッドの最大数で、1 から 8 の範囲。

/cgthreads オプションは、コンパイルの最適化およびコード生成のフェーズで cl.exe が並列で使用するスレッドの最大数を指定します。 /cgthreadsnumber 引数の間にスペースを入れることはできません。 既定では、cl.exe は /cgthreads4 が指定されているかのように 4 つのスレッドを使用します。 より多くのプロセッサ コアが使用できる場合、より大きい number 値はビルド時間を改善できます。 このオプションは /GL (プログラム全体の最適化) と組み合わせると特に効果的です。

ビルドでは複数のレベルの並列化を指定できます。 msbuild.exe スイッチ /maxcpucount は、並列で実行できる MSBuild プロセスの数を指定します。 /MP (複数のプロセスを使用したビルド) コンパイラ フラグは、ソース ファイルを同時にコンパイルする cl.exe プロセスの数を指定します。 /cgthreads オプションは、それぞれの cl.exe プロセスが使用するスレッドの数を指定します。 プロセッサは、プロセッサ コアの数しかスレッドを同時に実行できないため、これらすべてのオプションに、より大きな値を同時に設定するのは効果的ではなく、逆効果になる場合もあります。 プロジェクトを並列でビルドする方法の詳細については、「複数のプロジェクトの並行ビルド」を参照してください。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「プロジェクトのプロパティの操作」を参照してください。

  2. [構成プロパティ][C/C++] フォルダーを選択します。

  3. [コマンド ライン] プロパティ ページを選択します。

  4. [追加オプション] プロパティに /cgthreadsN (N は 1 から 8 の値) が含まれるように変更し、[OK] をクリックします。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定

表示: