このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

Azure マネージ キャッシュ サービスのキャッシュの作成

更新日: 2015年8月

Important重要
新しいすべての開発で Azure Redis Cache を使用することをお勧めします。Azure Cache サービスに関する現在のドキュメントとガイダンスについては、「Redis Cache のサービス内容と適切なサイズの選択」をご覧ください。

マネージ キャッシュ サービス のキャッシュは Powershell スクリプトを使用して作成されます。作成された後は、Azure Management Portal で管理されます。

マネージ キャッシュ サービス には、Basic、Standard、Premium のキャッシュ サービスがあります。それぞれに異なるオプション、サイズ、および料金が設定されており、アプリケーションの要件に基づいて最適なキャッシュを構成できるようになっています。

どのキャッシュ サービスおよびキャッシュ メモリがアプリケーションの要件を満たすかを容易に特定できるように、マネージ キャッシュ サービス には容量計画のガイダンスと容量計画のスプレッドシートが用意されています。予定されているキャッシュ使用のシナリオを入力し、ツールに表示されたガイダンスを開始点として実際のキャッシュ設定を行います。

アプリケーションをデプロイした後は、Azure Management Portal で [キャッシュ] の [監視] タブを使用してキャッシュの正常性とパフォーマンスを監視します。アプリケーションの要件と使用状況が変化したときは、新しい使用シナリオに合わせてキャッシュをスケーリングします。

表示: