サービス主導型ログイン操作
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

サービス主導型ログイン操作

 

要求 Microsoft Azure モバイル サービス 特定の id プロバイダーを使用して認証を開始します。 返されたトークンを使用して、モバイル サービスに対する後続の認証された要求をします。 サービス主導型ログインを使用する場合 モバイル サービス 、クライアントにログインできるようにする OAuth フローを開始する モバイル サービス 要求された id プロバイダーを使用しています。 既に id プロバイダーからトークンを入手した場合、代わりにして、 クライアント主導型ログイン操作です。

要求は、次のように指定できます。 置換 <service_name> をモバイル サービス名と <provider> id プロバイダーとします。

HTTP 動詞

要求 URI

HTTP バージョン

get

https://<service_name>.azure-mobile.net/login/<provider>

HTTP/1.1

認証に使用される id プロバイダーは、次のいずれかになります。

プロバイダーの値

description

JavaScript バックエンド サポート

.Net バックエンド サポート

facebook

Id プロバイダーとして Facebook を使用してログインを要求します。

はい

はい

google

Id プロバイダーとして Google を使用してログインを要求します。

はい

はい

microsoftaccount

Id プロバイダーとして Live Connect を使用してログインを要求します。

はい

はい

twitter

Id プロバイダーとして Twitter を使用してログインを要求します。

はい

はい

windowsazureactivedirectory

Id プロバイダーとして Azure Active Directory を使用してログインを要求します。

はい

はい

System_CAPS_noteメモ

最初に、モバイル サービスでの認証に使用される id プロバイダーを構成する必要があります。 詳細については、次を参照してください。 id 構成します。

この要求によって開始される OAuth フローを開始する モバイル サービスです。

最初の要求ではありません。

いいえ モバイル サービス-特定の要求ヘッダーは必要です。 要求は、追加の標準 HTTP ヘッダーもあります。

None です。

応答には、HTTP ステータス コード、一連の応答ヘッダーおよび応答本文が含まれています。 正確な応答は、OAuth フローの状態によって異なります。

最終的には、操作では、次のステータス コードのいずれかを返します。

状態コード

description

200 (OK)

ログインが正常に完了しました。 ログインが正常に完了したら、認証トークンを含む URL には、 JSON web トークン (JWT)、次の形式。

https://<service_name>.azure-mobile.net/login/done#token=<jwt_token>

401 (許可されていません)

認証エラーが発生したときに、この状態コードが返されます。 これで、id プロバイダーが登録されていない場合に発生 モバイル サービスします。 詳細については、次を参照してください。 id 構成します。 詳細については、応答本文でエラー メッセージを確認します。

System_CAPS_noteメモ

OAuth プロセス中に、OAuth の状態を確認してから、 <oauth_state> 、URL は、次の形式の値。

https://<service_name>.azure-mobile.net/login/<provider>#state=<oauth_state>

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。 応答には、追加の標準 HTTP ヘッダーがあります。 準拠している標準ヘッダーはすべて、 、http/1.1 プロトコル仕様します。

応答ヘッダー

description

Location

ログイン要求のリダイレクト先の id プロバイダーの URL です。 このページは、ユーザーが特定のプロバイダーを使用してログインを許可するように表示されます。

Set-Cookie

wams_state 属性には、後続の要求で、OAuth のセッションを識別するために使用される状態値が含まれています。

x-zumo-version

ランタイムのバージョン、要求の実行を示します。

(省略可能)応答のステータスのフィールドを含む JSON オブジェクトを返す可能性があります OAuth プロセスが完了したら、(code) と応答メッセージ (error)、次のようにします。

{
    "code" : <http_code>,
    "error" : "<message>"
}

.

表示:
© 2016 Microsoft