このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
テーブル操作の登録

Azure のモバイル サービスのテーブル操作の登録

更新日: 2015年6月

このセクションのトピックでは、Microsoft Azure モバイル サービスでテーブル操作を行うために登録される JavaScript バックエンド サーバー スクリプトを作成および操作するための情報と具体的な例を示します。一般的なサーバー スクリプトに関するトピックについては、「Azure のモバイル サービスのビジネス ロジック」を参照してください。Microsoft Azure の管理ポータルには、これと同じ内容がヘルプとして用意されています。モバイル サービスに関する一般的な情報と、アプリでモバイル サービスを使用する方法の例については、「チュートリアルおよびリソース」を参照してください。

 

トピック 説明

スクリプトを使用する

モバイル サービスのテーブル操作に対して登録されているサーバー スクリプトを定義および使用する方法について説明します。

要求の変更

テーブル操作への要求を変更する方法の例を示します。

応答の変更

テーブル操作の要求への既定の応答を変更する方法の例を示します。

データの検証

テーブル操作の要求データを検証する方法の例を示します。

 

トピック 説明

データの読み取りと書き込み

サーバー スクリプトからデータ テーブルにアクセスする方法の例を示します。

ユーザーの承認

認証されたユーザーに基づいて操作を変更する方法の例を示します。

プッシュ通知の送信

サーバー スクリプトからプッシュ通知を送信する方法の例を示します。

HTTP 要求の送信

スクリプトから HTTP 要求を送信する方法の例を示します。

エラー処理

要求の既定のエラー処理をオーバーライドする方法の例を示します。

アクセスを管理者に制限

スクリプトから管理者のみが操作を実行できるようにする方法の例を示します。

スクリプトのデバッグ

サーバー スクリプトをデバッグする方法について説明します。

ショートカット キー

Management Portalのスクリプト エディターで使用できるショートカット キーについて詳細に説明します。

ジョブのスケジュール

ジョブ スケジューラの機能について説明します。

関連項目

表示:
© 2015 Microsoft