この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DiagnosticMonitor.UpdateStorageAccount メソッド (String)

 

現在の診断モニターのストレージ アカウントの情報を更新します。

名前空間:   Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics
アセンブリ:  Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics (Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.dll 内)

public void UpdateStorageAccount(
	string connectionString
)

パラメーター

connectionString
Type: System.String

A String 、診断モニターの記憶域の構成を更新するために使用される、ストレージ アカウントへの接続文字列を指定します。

ロール インスタンスの記憶域の構成 DiagnosticMonitor は接続文字列の入力パラメーターで更新します。 診断モニターの構成が更新される場合は、すぐに [新しいストレージ アカウントを使用して、再起動する必要はありません、 DiagnosticMonitorです。

Example

次のコード スニペットは、接続と通話を作成、 UpdateStorageAccount メソッド。

// Create a connection string.  You can find the account name and key for // the storage account in the Windows Azure Management Portal (http://manage.windowsazure.com) string connectionString = "DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=<AccountName>;AccountKey=<AccountKey>"; // Update the DiagnosticMonitor with the new storage account information. diagMonitor.UpdateStorageAccount(connectionString);

System_CAPS_warning警告

は、この API はサポートされていない Azure SDK バージョン 2.5 以降。 代わりに、XML 構成ファイル diagnostics.wadcfg を使用してください。 詳細については、次を参照してください。 Azure 診断を使用してログ データの収集です。

トップに戻る
表示: