この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

TokenProvider.CreateSamlTokenProvider メソッド (String, Uri, Int32, TokenScope)

 

指定された SAML トークン、セキュリティ トークン サービス (STS)、キャッシュ サイズおよびトークン スコープの URI を使用して、SAML トークン プロバイダーを作成します。

名前空間:   Microsoft.ServiceBus
アセンブリ:  Microsoft.ServiceBus (Microsoft.ServiceBus.dll 内)

public static TokenProvider CreateSamlTokenProvider(
	string samlToken,
	Uri stsUri,
	int cacheSize,
	TokenScope tokenScope
)

パラメーター

samlToken
Type: System.String

SAML トークンを表す文字列。

stsUri
Type: System.Uri

セキュリティ トークン サービス (STS) の URI。

cacheSize
Type: System.Int32

キャッシュのサイズ。

tokenScope
Type: Microsoft.ServiceBus.TokenScope

プロバイダーに関連付けられたトークン スコープ。

戻り値

Type: Microsoft.ServiceBus.TokenProvider

TokenProvider SAML トークンを返すためです。

トップに戻る
表示: