this (C# リファレンス)

this キーワードは、クラスの現在のインスタンスを参照します。

this の一般的な使い方を次に示します。

  • 似た名前によって隠ぺいされるメンバを修飾します。たとえば、次のように使います。

    public Employee(string name, string alias) 
    {
        this.name = name;
        this.alias = alias;
    } 
    
  • オブジェクトを他のメソッドにパラメータとして渡します。たとえば、次のように使います。

    CalcTax(this);
    
  • インデクサを宣言します。たとえば、次のように使います。

    public int this [int param]
    {
        get { return array[param];  }
        set { array[param] = value; }
    }
    

静的メンバ関数は、クラス レベルで存在し、オブジェクトの一部ではないため、this ポインタを持っていません。静的メソッドで this を参照するとエラーになります。

この例では、似た名前によって隠ぺいされている Employee クラスのメンバ namealias を修飾するために this が使用されています。また、別のクラスに属するメソッド CalcTax にオブジェクトを渡すためにも使用されています。

// keywords_this.cs
// this example
using System;
class Employee
{
    private string name;
    private string alias;
    private decimal salary = 3000.00m;

    // Constructor:
    public Employee(string name, string alias)
    {
        // Use this to qualify the fields, name and alias:
        this.name = name;
        this.alias = alias;
    }

    // Printing method:
    public void printEmployee()
    {
        Console.WriteLine("Name: {0}\nAlias: {1}", name, alias);
        // Passing the object to the CalcTax method by using this:
        Console.WriteLine("Taxes: {0:C}", Tax.CalcTax(this));
    }

    public decimal Salary
    {
        get { return salary; }
    }
}
class Tax
{
    public static decimal CalcTax(Employee E)
    {
        return 0.08m * E.Salary;
    }
}

class MainClass
{
    static void Main()
    {
        // Create objects:
        Employee E1 = new Employee("John M. Trainer", "jtrainer");

        // Display results:
        E1.printEmployee();
    }
}

Name: John M. Trainer
Alias: jtrainer
Taxes: $240.00

その他の例については、「class」、および「struct」を参照してください。

詳細については、「C# 言語仕様」の次のセクションを参照してください。

  • 7.5.7 this-access

  • 10.2.6.4 this アクセス

表示: