このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

TextWriter.Write メソッド (Object)

オブジェクトで ToString メソッドを呼び出して、そのオブジェクトのテキスト形式をテキスト文字列またはストリームに書き込みます。

名前空間:  System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public virtual void Write(
	Object value
)

パラメーター

value
型 : System.Object
書き込むオブジェクト。

例外条件
ObjectDisposedException

TextWriter が閉じています。

IOException

I/O エラーが発生しました。

このオーバーロードは Write(String) のオーバーロードと同じです。

指定したオブジェクトが null の場合、何も処理は実行されず、例外もスローされません。 それ以外の場合は、オブジェクトの ToString メソッドを呼び出して、文字列を生成し、その文字列を出力ストリームに書き込みます。 null でない場合、FormatProvider プロパティはカルチャ固有の書式設定を指定します。

共通 I/O タスクの一覧については、「共通 I/O タスク」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

この .NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、次を参照してください。.NET Framework システム要件.

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft