この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

TextWriter.Write メソッド (Object)

 

公開日: 2016年10月

オブジェクトで ToString メソッドを呼び出して、そのオブジェクトのテキスト形式をテキスト文字列またはストリームに書き込みます。

名前空間:   System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public virtual void Write(
	object value
)

パラメーター

value
Type: System.Object

書き込むオブジェクト。

Exception Condition
ObjectDisposedException

TextWriter が閉じています。

IOException

I/O エラーが発生します。

このオーバー ロードは、 Write(String) オーバー ロードします。

指定したオブジェクトが場合 null, 、何も実行および例外はスローされません。 それ以外の場合、オブジェクトの ToString 形式の文字列形式を生成するメソッドが呼び出され、結果の文字列を出力ストリームに書き込まれます。 FormatProvider いない場合は、プロパティ null, 、カルチャに固有の書式を指定します。

共通 I/O タスクの一覧は、次を参照してください。 共通 I/O タスクします。

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: