この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

TimeSpan.ToString メソッド (String)

指定した書式を使用して、現在の TimeSpan オブジェクトの値を等価の文字列形式に変換します。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public string ToString(
	string format
)

パラメーター

format
型: System.String
標準またはカスタムの TimeSpan 書式指定文字列。

戻り値

型: System.String
format パラメーターで指定される形式で表現された、現在の TimeSpan 値の文字列形式。

例外条件
FormatException

format パラメーターは認識されないかサポートされていません。

format パラメーターには、TimeSpan 値の任意の有効な標準書式指定子またはカスタム書式指定子を指定できます。 If formatString.Empty に等しいかまたは null の場合、現在の TimeSpan オブジェクトの戻り値の書式は、共通書式指定子 ("c") を使用して設定されます。 format が他の値の場合、メソッドは FormatException をスローします。

format が標準書式指定文字列の場合、返される文字列の書式は、現在のカルチャの書式指定規則によって定義されます。

.NET Framework は、さまざまな書式設定機能をサポートしています。詳細については、書式設定機能について解説した次のトピックを参照してください。

次の例では、標準 TimeSpan 書式指定文字列を使用して、TimeSpan 値の配列内の各要素を文字列で表現しています。


using System;

public class Class1
{
   public static void Main()
   {
      TimeSpan[] spans = { TimeSpan.Zero, new TimeSpan(-14, 0, 0, 0, 0), 
                           new TimeSpan(1, 2, 3), 
                           new TimeSpan(0, 0, 0, 0, 250), 
                           new TimeSpan(99, 23, 59, 59, 999),
                           new TimeSpan(3, 0, 0), 
                           new TimeSpan(0, 0, 0, 0, 25) };
      string[] fmts = { "c", "g", "G" };
      foreach (TimeSpan span in spans)
      {
         foreach (string fmt in fmts)
            Console.WriteLine("{0}: {1}", fmt, span.ToString(fmt));

         Console.WriteLine();
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//       c: 00:00:00
//       g: 0:00:00
//       G: 0:00:00:00.0000000
//       
//       c: -14.00:00:00
//       g: -14:0:00:00
//       G: -14:00:00:00.0000000
//       
//       c: 01:02:03
//       g: 1:02:03
//       G: 0:01:02:03.0000000
//       
//       c: 00:00:00.2500000
//       g: 0:00:00.25
//       G: 0:00:00:00.2500000
//       
//       c: 99.23:59:59.9990000
//       g: 99:23:59:59.999
//       G: 99:23:59:59.9990000
//       
//       c: 03:00:00
//       g: 3:00:00
//       G: 0:03:00:00.0000000
//       
//       c: 00:00:00.0250000
//       g: 0:00:00.025
//       G: 0:00:00:00.0250000


.NET Framework

サポート対象: 4

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。
表示: