この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

TimeSpan.ToString メソッド (String, IFormatProvider)

 

公開日: 2016年10月

指定した書式とカルチャ固有の書式情報を使用して、現在の TimeSpan オブジェクトの値を等価の文字列形式に変換します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public string ToString(
	string format,
	IFormatProvider formatProvider
)

パラメーター

format
Type: System.String

標準またはカスタムの TimeSpan 書式指定文字列。

formatProvider
Type: System.IFormatProvider

カルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

戻り値

Type: System.String

format および formatProvider の指定に従って表現された、現在の TimeSpan 値の文字列形式。

Exception Condition
FormatException

format パラメーターは、認識できないか、サポートされていません。

formatパラメーターの任意の有効な標準またはカスタム書式指定子を指定できますTimeSpan値。 場合formatと等しいString.Emptyまたはnull、現在の戻り値TimeSpanオブジェクトは、一般的な書式指定子 ("c") でフォーマットします。 その他の値を形式には、メソッドをスロー、FormatExceptionです。

System_CAPS_important重要

カスタムの書式指定文字列のTimeSpan値に日付または時刻の区切り記号が含まれていません。 場合は、書式指定文字列でこれらの要素を追加するには、文字リテラルとして処理する必要があります。 例については、この例を参照して、カスタム時間間隔書式指定文字列についても説明します。

.NET フレームワークでは、広範な書式設定の次のトピックで詳しく説明されている書式設定サポートを提供します。

formatProviderパラメーターは、IFormatProvider返される文字列の書式に関するカルチャ固有の情報を提供する実装。 formatProviderパラメーターには、次のいずれかを指定できます。

場合formatProvidernullDateTimeFormatInfo現在のカルチャに関連付けられているオブジェクトを使用します。 場合format、カスタム書式指定文字列は、formatProviderパラメーターは無視されます。

次の例では、 ToString(String, IFormatProvider) 2 つの時間間隔書式指定するメソッド。 例は、EN-US カルチャの規則を使用してこれを表示するには、最初の書式文字列ごとに 2 回メソッドを呼び出して表示 FR-FR カルチャの規則を使用するようにします。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      TimeSpan[] intervals = { new TimeSpan(38, 30, 15), 
                               new TimeSpan(16, 14, 30) }; 
      CultureInfo[] cultures = { new CultureInfo("en-US"), 
                                 new CultureInfo("fr-FR") };
      string[] formats = {"c", "g", "G", @"hh\:mm\:ss" };
      Console.WriteLine("{0,12}      Format  {1,22}  {2,22}\n", 
                        "Interval", cultures[0].Name, cultures[1].Name);

      foreach (var interval in intervals) {
         foreach (var fmt in formats)
            Console.WriteLine("{0,12}  {1,10}  {2,22}  {3,22}", 
                              interval, fmt, 
                              interval.ToString(fmt, cultures[0]), 
                              interval.ToString(fmt, cultures[1]));
         Console.WriteLine();
      }  
   }
}
// The example displays the following output:
//        Interval      Format                   en-US                   fr-FR
//    
//      1.14:30:15           c              1.14:30:15              1.14:30:15
//      1.14:30:15           g              1:14:30:15              1:14:30:15
//      1.14:30:15           G      1:14:30:15.0000000      1:14:30:15,0000000
//      1.14:30:15  hh\:mm\:ss                14:30:15                14:30:15
//    
//        16:14:30           c                16:14:30                16:14:30
//        16:14:30           g                16:14:30                16:14:30
//        16:14:30           G      0:16:14:30.0000000      0:16:14:30,0000000
//        16:14:30  hh\:mm\:ss                16:14:30                16:14:30

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
4.0 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
4.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.1 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: