この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

Spy++ の概要

 

Spy++ で実行できるタスクは以下のとおりです。

Spy++ には、迅速な作業に役立つツールバーとハイパーリンクがあります。 また、アクティブなビューを更新する [更新] コマンド、スパイを容易にするウィンドウ ファインダー ツール、ビュー ウィンドウをカスタマイズする [フォント] ダイアログ ボックスが用意されています。 さらに、Spy++ ではユーザー設定の保存と復元が可能です。

さまざまな Spy++ ウィンドウでは、右クリックして頻繁に使用するコマンドのショートカット メニューを表示できます。 表示されるコマンドは、ポインターの位置によって異なります。 たとえば、ウィンドウ ビューのエントリを右クリックし、選択したウィンドウが表示されている場合は、ショートカット メニューの [強調表示] をクリックすると、選択したウィンドウの枠線が点滅して、より簡単に見つけられるようになります。

System_CAPS_noteメモ

Spy++ に似たユーティリティが他に 2 つあります。PView は、プロセスとスレッドについての詳細を表示します。DDESPY.EXE は、ダイナミック データ エクスチェンジ (DDE) のメッセージを監視できます。

Spy++ には 2 つのバージョンがあります。 1 番目のバージョンである Spy++ (spyxx.exe) は、32 ビット プロセスで実行しているウィンドウに送信されるメッセージを表示するように設計されています。 たとえば、Visual Studio は 32 ビット プロセスで実行されます。 したがって、Spy++ を使用して、ソリューション エクスプローラーに送信されるメッセージを表示できます。 Visual Studio におけるほとんどのビルドの既定の構成は 32 ビット プロセスで実行するものなので、Visual Studio の [ツール] メニューで使用できる Spy++ はこの 1 番目のバージョンです。

2 番目のバージョンである Spy++ (64 ビット) (spyxx_amd64.exe) は、64 ビット プロセスで実行しているウィンドウに送信されるメッセージを表示するように設計されています。 たとえば、64 ビットのオペレーティング システムでは、メモ帳は 64 ビット プロセスで実行されます。 したがって、Spy++ (64 ビット) を使用して、メモ帳に送信されるメッセージを表示できます。 通常、Spy++ (64 ビット) は、

..\<Visual Studio インストール フォルダー>\Common7\Tools\spyxx_amd64.exe にあります。

どちらのバージョンの Spy++ も、コマンドラインから直接実行できます。

System_CAPS_noteメモ

Spy++ (64 ビット) のファイル名には "amd" が含まれますが、すべての x64 Windows オペレーティング システムで動作します。

表示: