Windows フォーム

 

公開日: 2016年4月

フォームはアプリケーションの基本単位であるため、機能とデザインにある程度の配慮を与えることが重要です。 フォームは、最終的には開発者がユーザー インターフェイスを作成するコントロールとデータを操作するコードを拡張する白紙状態です。 そのために、Visual Studio はコード作成を支援する統合開発環境 (IDE) や、.NET Framework を使用して作成された豊富なコントロール セットを提供します。 これらのコントロールの機能をコードに補完することにより、必要なソリューションを簡単に素早く開発できます。

Windows フォームについて
データの表示、ユーザー入力の処理、アプリケーションの簡単で堅牢なセキュリティを使用した配置のために、Windows フォームの機能を利用する方法に関するトピックへのリンクを提供します。

Windows フォーム アプリケーションの拡張
Windows フォームでのさまざまな機能を拡張する方法に関するトピックへのリンクを提供します。

Windows フォーム コントロール
Windows フォーム コントロールの説明および、その実装方法について説明するトピックへのリンクが含まれます。

Windows フォームでのデータ バインド
Windows フォームのデータ バインディング アーキテクチャについて説明するトピックへのリンクが含まれます。

グラフィックスの概要
Windows のグラフィック デザイン インターフェイスの高度な実装を使用して、オブジェクトとして、グラフィックスを作成、テキストを描画、および、画像を操作する方法について説明します。

ClickOnce のセキュリティと配置
ClickOnce 配置の基本原則について説明します。

Visual Basic 6.0 ユーザー向けのフォームのタスク
フォームが新しいバージョンでどのように変更されたかについて説明します。

Windows フォームと MFC のプログラミング上の違い
MFC アプリケーションと Windows フォームの違いについて説明します。

Visual Studio でのデータへのアクセス
アプリケーションにデータ アクセス機能を取り込む方法について説明します。

Windows フォーム アプリケーション
Windows アプリケーション プロジェクト テンプレートを使用して作成されたアプリケーションのデバッグのプロセス、およびデバッグ構成とリリース構成を変更する方法について説明します。

アプリケーション、サービス、およびコンポーネントの配置
完成したアプリケーションやコンポーネントを他のコンピューターにインストールできるように配布するためのプロセスについて説明します。

コンソール アプリケーションの構築
Console クラスを使用したコンソール アプリケーションの作成の基本について説明します。

表示: