Project を使用したバックログとタスクの作成

プロジェクトを管理するツールとして Microsoft Project を使用している場合は、バックログの作成、タスクのスケジュール、リソースの割り当て、および Team Foundation Server (TFS) でも追跡される作業の追跡を Project で行うことができます。 自分のチームでは Project を使用し、開発チームでは開発チームに適したツールを使用しながら、互いの情報を透過的に共有できます。

Project での作業は、TFS にバインドされた Microsoft Excelを使用して作業項目の発行や更新を行う場合と同様です。いくつかの相違点はありますが、それらについてはこのトピックの後半で説明します。

メモ メモ

Project Professional および TFS と同期する Project Server を使用してプロジェクトを管理することもできますが、Project Professional は、TFS の発行と更新、および TFS との同期の両方に使用することはできません。

  1. Microsoft Project 2007 以降がインストールされていない場合は、インストールします。

  2. Visual Studio またはチーム エクスプローラーがインストールされていない場合、Team Foundation アドインを Project にインストールするには、このリンク先に示すバージョンのいずれかをインストールする必要があります。

  3. Project で、空のワークシートから開始します。 [チーム] リボン (または Project 2007 を使用している場合は [チーム] メニュー) が表示されない場合は、手順 2 を参照してください。

    Microsoft Project からチーム プロジェクトへの接続

    別の開始方法として、チーム エクスプローラーでバックログ クエリを開き、コンテキスト メニューの [Microsoft Excel で開く][Microsoft Excel で開く] を選択することもできます。

    ヒント ヒント

    [チーム] リボンが表示されなくなった場合は、再度有効にすることが必要になる場合があります。

  4. TFS および計画するチーム プロジェクトに接続します。 接続できない場合は、チーム メンバーになる必要があります。

    ALM_EXL_Connect

    Project から初めて TFS に接続するときは、認識されたサーバーの一覧に TFS の名前を追加することが必要になる場合があります。

    ALM_EXL_AddServer

    これで Project がチーム プロジェクトにバインドされました。 Team Foundation ガント ビューでは、いくつかの TFS フィールドの入力と表示がサポートされます。

    TFS でチーム プロジェクトにバインディングされているプロジェクト計画
  5. タスク情報を追加し、プロジェクトを発行します。 作業項目を追加するには、[タイトル][作業項目の種類][発行および更新]、その他の必須フィールドを指定します。 列のサイズ変更や移動を行うには、標準的な Project のメソッドを使用します。

    ヒント ヒント

    タスクに対応する作業項目を TFS に作成する場合は、そのタスクの [発行および更新] フィールドを [はい] に設定します。 たとえば、ユーザー ストーリー、バックログ項目、タスクが発行および更新されるように設定します。 ただし、タスクのグループ化やマイルストーンの割り当てのために作成したサマリー タスクでは、[発行および更新][いいえ] に設定します。

    タスク データの入力

    ID が作業項目に割り当てられたことに注意してください。

    発行されたタスクが作業項目となる

    必要に応じて、作業項目アイコンの取得 を使用して、作業項目クエリを選択し、TFS の作業項目をプロジェクト計画に追加できます。

  6. タスクにリソースを割り当てます。 または、開発チームが割り当てる場合は、このフィールドを空のままにしておきます。

    TFS および AD で定義されたプロジェクトのリソースの割り当て
    ヒント ヒント

    Project では複数のリソースをタスクに割り当てることができますが、この操作は TFS ではサポートされません。 タスクを完了するために複数のリソースが必要となる場合は、タスクをサブタスクに分割し、各サブタスクにリソースを 1 つ割り当てます。 発行するタスクに割り当てるリソースは、TFS のチーム メンバーだけにしてください。

    リソースは、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) の表示名を使用して指定します。 エイリアスやその他の名前でリソースを割り当てると、検証エラーが発生する可能性があります。

  7. TFS には格納されないスケジュールやその他のデータを保持するために、プロジェクト計画を保存します。

タスクにインデントを設定してから計画を発行すると、作業項目間に親子リンクが作成されます。 現在のスプリントに割り当てられているタスクは、タスク ボードに表示されます。

タスクをリンクして親と子のリンクを作成

作成された親子リンクを表示するには、[リンクと添付ファイル] を開きます。

下位のタスクが先行処理と後続処理のリンクを作成

2 つのタスクをリンクして計画を発行すると、TFS により、2 つの作業項目間に先行処理/後続処理リンクが作成されます。

Project で先行処理と後続処理のリンクを作成

TFS では、先行処理/後続処理の依存関係は作業項目リンクとして追跡されますが、依存関係の種類、リード タイムとラグ タイム、および Project で追跡されるその他の制約は追跡されません。

他の TFS フィールドにデータを入力するには、Team Foundation タスク シートに切り替えます。

Project で Team Foundation のタスク ビューを開く

このビューには、Project にマップされている TFS フィールドがすべて表示されます。

Team Foundation タスク シート ビュー

必要に応じて、マップされた TFS フィールドを Team Foundation ガント ビューの列として追加できます。 マップされている TFS フィールドを確認するには、[列マッピング] を開きます。

プロジェクト フィールドにマップされる TFS フィールドを表示

他の TFS フィールドを追加したり、フィールドのマップ方法を変更したりするには、「Microsoft Project のフィールド マッピング ファイルのカスタマイズ」を参照してください。

Project および Project に用意されているさまざまな機能を使用して、プロジェクト計画を管理できます。 TFS の作業項目は、自分や他のチーム メンバーによって Web ポータル、Excel、Project、チーム エクスプローラーから変更される可能性があるため、次のヒントを参考にして、作業を効率的に管理してください。

  • 初めてプロジェクト計画を開くときは、[チーム] リボンで Excel 内のアイコンを更新 (最新の情報に更新) を使用して、TFS から最新のデータをダウンロードします。

  • 作業中には、変更の発行と計画の更新を定期的に行うようにします。 そうしないと、計画のデータと TFS のデータ ストアとの間でデータの競合が発生することがあります。

  • TFS には格納されないスケジュール データやその他の情報を保持するために、プロジェクト計画を保存します。

  • 区分とイテレーションを定義する場合、Project および Excel では、区分およびイテレーション パスのフィールドの長さが 256 文字に制限されることに注意してください。

  • Project 2010 以降のバージョンでは、固定されたタスク アイコン (手動でスケジュールされたタスク) を選択すると、チーム メンバーは各自のスケジュールの任意の場所に手動でスケジュールされたタスクを配置できます。これは Project によって移動されません。 チーム メンバーが各自のタスクを手動でスケジュールできるようにする場合は、必要なプロジェクト フィールドを TFS のタスク定義に追加する必要があります。

    自動スケジュールされたタスク (自動更新タスク モード アイコン) の開始日と終了日は、Project の以前のリリースと同様、タスクの依存関係およびプロジェクト カレンダーに基づくスケジュール エンジンによって決定されます。

  • 次のフィールドは、Project を使用して管理および更新します。

    • 完了日

    • 開始日

    • 実績作業および残存作業時間の集計フィールド

    見積もり作業、実績作業、残存作業、開始日、および完了日は TFS に格納できますが、これらのフィールドが更新されても、TFS ではフィールドは再計算されません。

    TFS に発行するとき、開始時刻と完了時刻は既定で読み取り専用になります。 計画を最新の情報に更新しても、Project では開始時刻と終了時刻はダウンロードされません。

  • タスク時間を含むレポートで時間が二重にカウントされている場合は、問題を修正してください。

    Project では、すべての子タスクに割り当てられている時間のロールアップが親タスクに割り当てられます。 レポート内で時間が二重にカウントされないようにするため、時間のロールアップは TFS に発行されません。 Microsoft Project のマッピング ファイル属性である IfSummaryRefreshOnly を使用すると、サマリー タスクに割り当てられた時間が抑制されます。

区分

Project

Excel

TFS フィールドの追加

Project の計画には、Microsoft Project マッピング ファイルに定義されているフィールドのみを追加できます。

Excel ワークシートには、[列の選択] ダイアログに表示される任意の TFS フィールドを追加できます。ただし、テキストの長さには Excel の制限が適用されます。

発行/更新

個々のタスクに [発行および更新] フィールドを指定します。 また、フィールドの発行方法と更新方法は、Microsoft Project マッピング ファイルに定義されているフィールド属性の影響を受けます。

すべての作業項目が発行と更新の対象になります。

リンク中

作業項目間に親子リンクや先行処理/後続処理リンクを作成したり、リンクを変更したりできます。

ツリー リスト ビューを使用して、親子リンクを作成および変更できます。

A: Project のフィールドをチーム メンバーが Team Foundation クライアントから表示または変更できるようにするには、タスク作業項目の種類の定義ファイルをカスタマイズして、Microsoft Project マッピング ファイルを更新する必要があります。 リソースについては、「Schedule projects using Microsoft Project 2010 (Microsoft Project 2010 を使用したプロジェクトのスケジュール設定)」を参照してください。

A: Team Foundation のフィールドから Microsoft Project のフィールドへのマップ方法は変更することができます。また、特定のフィールドの発行方法を変更することもできます。 Microsoft Project のフィールド マッピング ファイル」を参照してください。

表示: