Microsoft® DirectX® 9.0 SDK June 2006

最終更新 2006年6月2日

ようこそ

これは、Microsoft DirectX ソフトウェア開発キット (SDK) です。このリリースには、Microsoft Cross-Platform Audio Cration Tool、サンプル・ツール・ドキュメント・ D3DX9 の更新が含まれています。さらに、本 SDK には次のようないくつかのプレリリース コンポーネントが含まれています、Direct3D 10 (対応するツール、サンプル、ドキュメント、DXUT を含む)。

更新の完全なリストについては、SDK ドキュメントの「What's new in DirectX 9.0 SDK June 2006」のページを参照してください。

DirectX の初心者はインストール後に DirectX 9.0 ドキュメントをまず読むべきです。もっと熟練した開発者には SDK ドキュメント (あるいはオンライン) の「What's new」セクションを見ることを推奨します、このリリースにある問題点の最新情報についてはこのリリースノートの「既知の問題」の項を参照すべきでしょう。

Direct3D 10 June 2006 Technology Preview

Direct3D 10 テクノロジ プレビューは、次世代グラフィックス ハードウェア上でのゲームや他の高性能マルチメディア アプリケーション用の最新のグラフィックス API のショーケースです。このテクノロジ プレビューには、Direct3D 10 の使い方を説明する、リファレンス マニュアル、概念的な内容、開発者ライブラリ、チュートリアル、サンプルが含まれています。次の SDK リリースでは、さらに内容が追加される予定です。

June 2006 DirectX SDK の Direct3D 10 テクノロジ プレビューでビルドしたサンプルとアプリケーションを実行するには、Windows Vista Beta2 が必要です。Windows Vista Beta2 は MSDN サブスクリプションから利用できます。

開発者は、Windows Vista February CTP と Windows Vista Beta2 の間で Direc3D 10 コア API のいくつかの構文が変更されていることに気づくでしょう。いくつかの API が追加され、名前が変更され、削除されました。全変更のリストについては、Direct3D 10 ドキュメントの「june 2006 : All Direct3D 10 Header and Behabior Updates」ページを参照してください。本 SDK の Direct3D 10 のサンプルとチュートリアルは全て更新され、新しい構文が反映されています。本リリースでは新しいサンプルも追加されています。同時に、新しい HLSL コンパイラの FXC10.exe (詳細は Direct3D ドキュメントを参照) による Direct3D 9 ターゲットのサポートも改善されています。これに続く SDK でも一連の変更があるとお考えください。

Direct3D 10 ハードウェアデバイスのインスタンス化には、Direct3D 10 互換のグラフィックス ハードウェアと Windows Vista Display Driver Model (WDDN) ドライバが必要です。この Tehcnology Preview のリリースでは、このようなハードウェアは公けになっていません。ソフトウェア フォールバック (Direct3D 10 リファレンス ラスタライザ) が提供されています。Direct3D 10 サンプルの事前にレンダリングしたバージョンも提供されています。

本プレビューには Direct3D 10 をサポートする D3DX10 と DXUT の初期バージョンも含まれています。Direct3D 10 ランタイムとフォーマットをサポートするプレリリース実行ツールは、DXViewer、TexConv10、FXC10、PIX です。将来のリリースでは、更にツール、APIなどの機能が追加される予定です。API構文は今後のリリースで変更されるとお考えください。

既知の問題

Direct3D 10 June 2006 Tech Preview

  • Visual Studion 2003 ユーザーへの注意:VS2003 で Direct3D 10 June 2006 Tech Preview を使うには、最新バージョンの Windows Platform SDK をインストールする必要があります。
  • Direct3D 10 リファレンス ラスタライザ
    • ブロック圧縮フォーマットの部分矩形コピーと更新はサポートされていません。
    • MipGenは現在、非正方形テクスチャで正しくない結果を生成します。
    • シェーダでの MSAA レンダーターゲットのサンプル単位の読み戻しはサポートされていません。
  • Direct3D 10 デバッグ レイヤ
    • デバック評価のサブセットしか実装されていません。
  • Direct3D 10 HLSL シェーダ コンパイル
    • 本リリースでは、HLSL 最適化のサブセットと新しい機能が利用できます。生成されたシェーダは完全には最適化されていません。
    • 本リリースでは、Direct3D9 互換モード (D3D10_SHADER_ENABLE_BACKWORD_COMPATIBILITY) は完全には機能しません。
  • D3DX10
    • D3DX10 API のサブセットだけが実装されています。追加の API が今後のリリースで提供される予定です。
    • D3D10ComputeNormalMap() はミラー アドレッシング モードをサポートしていません。
  • DXGI
    • クロスプラットフォーム共有サーフェイスはサポートされていません。

PIX for Windows

  • Direct3D 10 API レンダリングは、システムの Direct3D 10 の存在に依存します。システム上に無くても、やはり Direct3D オブジェクト テーブルとエベント ペインで操作できます。
  • PIX 詳細ペインにおけるサーフェイス ビューアのいくつかの先進機能には、最低限シェーダ モデル 2.0 ハードウェアが必要です。
  • PIX は現在 D3DX10 API 呼び出しをキャプチャしません。D3DX10 API が作成した Direct3D10 API 呼び出しはキャプチャ・表示されます。
  • ピクセル ヒストリ機能は現在点・線・インスタンス化したプリミティブ型をサポートしません。これらのプリミティブ型は将来のリリースでサポートされます。ピクセル ヒストリは現在、非マルチサンプル レンダーターゲットでのみ動作します。将来的には、マルチサンプリングについてもサポートされる予定です。
  • Direct3D オブジェクトは、有効になるまでコンテキストメニューから見ることができません。オブジェクトは、レンダーペインを持つオブジェクトにイベントが生成されたり、他の詳細ペインで見えている後でも、選択後に有効になります。
  • [Modify D3D Device]、[Modify Draw Calls]、[Sava Device State] はまだ動作しません。
  • プログラムスタートではなく、任意の時刻で始まるフルスクリーン キャプチャは、Direct3D 10 を使用したアプリケーションでは動作しません。
  • PIX は、D3DX9 静的リンク版でリンクしたアプリケーションの D3DX9 呼び出しをサポートしません。D3DX9 API 呼び出しだけがこの影響を受け、D3DX API が生成する基になる D3D API 呼び出しは引き続きキャプチャします。
  • NVIDIA グラフィックス ハードウェアの Vista上で PIX を動作させると、詳細ウィンドウ内でのレンダリングが全て青色の状況に遭遇するかもしれません。これは NVIDIA の問題です。
  • PIX 内のスクリーン キャプチャ アクションは現在 Windows Vista では動作しません。

Microsoft Cross-Platform Audio Cration Tool (XACT)

  • Microsoft Cross-Platform Audio Cration Tool (XACT) GUI は、Windows Vista でまだサポートされていません。
  • XACT プロジェクトを新しい場所に保存すると、参照する相対パスは絶対パスになります。これは次のリリースで改善される予定です。
  • XACT Audio Console を最初に実行すると、Windows Firewall ダイアログが表示されます。
  • 本リリースの XACT Authoring Tool はまだ、ベータ品質です。XACT エンジンはリリース品質であり、DirectX 再頒布パッケージに含まれています。
  • XACT Authoring Tool を実行するには管理者特権が必要です。
  • FX 上の wet/mix パラメータは FX バッファ内の wet/dry mix を調節します。 wet/dry mix にかかわらず、メイン サウンド バッファは必ず 100% でプレイします。wet dry mix が 50% なら、元の信号出力よりエフェクト送信が 2 倍弱いことを、これは意味します。リバーブの量は送信レベルを使って調節されます。送信レベルは新しい RPC パラメータです。送信レベルは、FX の関連 RPC 内では現れません、ユーザーが作成した RPC で現れます。新しい RPC を作成して、サウンドをそれにアタッチして、変数調節で送信レベルを調節してください。
  • 複数トラックを持つループサウンドは、時間的に同期しません。

Managed DirectX 2.0 Beta Update

Microsoft は Windows と Xbox 360 をターゲットとした新しいマネージ ゲーム フレームワーク XNA Framework を開発しています。Managed DirectX 2.0 beta として今日存在するほとんどのものは、XNA Framework のキーコンポーネントとなるでしょう。XNA Framework のベータが利用可能になるまで、Managed DirectX 2.0 は DirectX SDK の一部としてベータ版がリリースされ続けます。Managed DirectX 2.0 beta を使って書いたコードが滑らかに移行できるよう努めていますが、Microsoft は Managed DirectX 2.0 beta と XNA Framework の次のグラフィックス API との間の API の互換性を保証しません。XNA Framework に関してより多くの情報が利用可能になったとき、Microsoft は 移行援助として API の違いに関するガイダンスを提供します。

以下が、Managed DirectX 2.0 beta と Microsoft が XNA Framework で出すものとの間に存在する既知の変更の、最初のリストです。このリストは、より多くの情報が利用可能になるに連れて更新される変更項目です。

  • Managed DirectSound と Managed DirectInput は、それぞれ Managed XACT と Managed XInput に置き換わります。Managed DirectSound と Managed DirectInput は XNA Framework では利用できません。しかし、開発者が Managed DirectX 1.1 の使用を選択すれば、DirectSound と DirectInput は利用可能です。
  • Managed DxDiag は XNA Framework では利用できません。Managed DirectX 1.1 を使う開発者には DxDiag サポートは利用可能です。
  • Microsoft は Direct3D 9.0 の機能を XNA Framework に取り込もうと積極的に調査しています。D3DX9 は Managed DirectX 1.1 でサポートされ続けます。
  • Managed DirectX 1.1 は .NET Framework 2.0 と完全に互換性があることに注意してください。

ご質問、ご意見、疑問などがありましたら、xna@microsoft.com にコンタクトしてください。

最も権利の少ないユーザーアカウント (LUA) の下での Windows Vista での DirectX コントロールパネルの使い方

  • LUAアカウント(つまり、作成した管理者や通常ユーザーアカウントに対する、ビルトイン管理者アカウント以外のユーザー)を使ってシステムにログインすると、DirectX コントロールパネルのいくつかの設定が利用できません。Audio タブにある Retail/Debug 切り替えと Managed タブは、DirectX.cpl か DirectX64.cpl を右クリックし、「管理者として実行」を選択した場合にのみ利用できます。管理者 LUA として直接 CPL を実行しても、Debug/Retail 切り替えは動作せず、利用できません。コントロールパネル内のその他の設定は、オペレーティング システムが管理するレジストリの仮想コピーで変更が行われるので、通常の操作を使って変更できます。

XInput

  • XinputGetState を使ってコントローラ データを取得するとき、左と右のトリガーはそれぞれ「別々に」報告されます。レガシーの理由で、DInput を使ってコントローラ データを取得するとき、2つのトリガーが「同じ」軸を共有します。レガシーの振る舞いは、コントローラ状態に DInput を使っているので、現在の Game Device Control Panel で検知できます。

インストールの注意 (全てのプラットフォーム)

  • この SDK は Windows XP と Windows Server 2003 と Windows Vista Beta2 上へのインストールと Visual Studio .NET 2003 と 2005 の使用をサポートしています。
  • DirectX SDK リリースをインストールする前に、Microsoft Platform SDK の一部としてインストールされているかもしれない全てのバージョンの DirectX SDK インストールを含む、以前のバージョンの DirectX SDK の削除を推奨します。
  • Microsoft プラットフォーム SDK のインストールが推奨・必要なサンプルがあります。
  • ネットワークの共有フォルダからの SDK のインストールはサポートされていません。特にいくつかのコンポーネント (たとえば、ドキュメントがインストールされなかったり、Managed DirectX のサンプルが動作しないかもしれません)。
  • Windows Server 2003 製品ファミリーの全てのバージョンで、Direct3D リファレンス ラスタライザはインストールされません。
  • いくつかのウィルス保護ソフトウェア アプリケーションは SDK のインストールの妨げとなるので、SDK インストールが完了するまで、そのウィルス保護ソフトウェアを一時的に無効にする必要があるかもしれません。
  • インストール中に「A cabinet file is necessary for installation and cannot be trusted.」エラーが発生。この問題は、ほとんどの場合、システムの衝突あるいはユーザーによる暗号化サービスの無効化によって発生しています。この問題を回避するには、次のステップを行ってみてください。
    • 暗号化サービスが有効になっていることを確認します。これを行うには、[マイ コンピュータ] → [管理] → [サービスとアプリケーション] → [サービス] に進みます。次に、Cryptography Services に進み、そのサービスの [状態] が [開始] で、[スタートアップの種類] が [自動] に設定されていることを確認します。
    • FAT32 ドライブで Windows を実行させているなら、スキャンディスクを実行します。
    • http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;813442 の解決ステップを行ってみる。
    • http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;822798 の解決ステップを行ってみる。
    • %temp% と (エンドユーザー ランタイムをインストールしたときは) %windir%\system32\directx\websetup Error にある一時ファイルを削除する。
  • Windows XP SP1 インストレーション エラー"An internal system error occurred. Please refer to DXError.log and DirectX.log in your Windows folder to determine problem."、あるいは"DirectX did not copy a required file."。いずれかのエラーが出たら、次のステップを試して、この問題を解決してください。
    • [スタート] → [ファイル名を指定して実行...]で、regedit と入力し OK をクリックします。
    • スクロールし、[マイ コンピュータ] をクリックします。
    • [ファイル] → [エクスポート] をクリックします (変更する前に、レジストリのコピーを必ずバックアップします)。
    • 次のレジストリ エントリのそれぞれのアクセス許可を確認します。
      • HKEY_CLASS_ROOT/Microsoft.DirectSoundCaptureAecDMO
      • HKEY_CLASS_ROOT/Microsoft.DirectSoundCaptureAgcDMO
      • HKEY_CLASS_ROOT/Microsoft.DirectSoundCaptureNoiseSuppressDMO
    • それぞれ右クリックして、[アクセス許可]を選択します。
    • そのユーザー (Administrator であっても) がフルコントロールのアクセス許可を持っていることを確認してください。そうでないと、レジストリのアクセス許可が変更されているので、そのアクセス許可を更新しなければなりません。アクセス許可を更新して、再度インストールを実行します。異なるレジストリ エントリで失敗したら、レジストリのトップに移動し、アクセス許可を変更したり、個別のレジストリ エントリのアクセス許可を処理しなければならないかもしれません。
  • ファイル "InstallDeveloperFiles.exe" がインターネットにアクセスしようとして、外部のファイヤウォール プログラムが強調表示されるかもしれません。これは仕様であり、有効にしてください。

64ビット プラットフォームにインストールする際の注意

  • 64ビット プラットフォームにインストールするとき、32ビットと64ビット両方のデバッグ版がインストールされます。デバッグ設定を制御する DirectX コントロール パネルの32ビット版の位置は、コントロール パネルから「View x86 Control Panel Icons」で開いて、DirectX アイコンを開始するか、"%windir%\syswow64\control.exe %windir%syswow64\directx.cpl" を実行します。DirectX コントロール パネルの 64 ビット版は SDK をインストールした後で Windows コントロール パネルに表示されます。
  • IA64ビット プラットフォームについてはサポートしていません。
  • アプリケーションが Managed DirectX 1.0.2909.0 を使っている場合には、再頒布イメージ内に *_d3dx9_*.cab ファイルを入れる必要があります。
表示: