エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Azure のサービスの配置

更新日: 2014年10月

Windows Azure SDK には、Windows Azure に配置するサービスを開発するための環境とツールが用意されています。Windows Azure のコンピューティング エミュレーターとストレージ エミュレーターを使用すると、アプリケーションのデバッグと、混合モードのテストを実行できます。その後、CSPack コマンド ライン ツールを使用して、Windows Azure のステージング環境または運用環境に配置するアプリケーションをパッケージ化します。

次の図は、サービスの開発と配置の段階を示しています。

fe8dd18d-e573-4137-9dcf-fb9c850798e3

以下のセクションでは、サービスの配置プロセスの各段階について説明します。

  1. Windows Azure コンピューティング エミュレーターを使用して、ローカルでサービスをテストする

  2. 混合モードでサービスをデバッグする

  3. CSPack を使用してサービスをパッケージ化する

  4. 管理ポータルを使用してサービスを配置する

Windows Azure に接続しなくても、コンピューティング エミュレーターとストレージ エミュレーターを使用して、ローカルでサービスをデバッグできます。Windows Azure コンピューティング エミュレーターは、Windows Azure ファブリックのシミュレーションを行います。これを使用すると、ローカルでサービスを実行およびテストして、適切な情報がログに書き込まれるかどうかを確認できます。Windows Azure のステージング環境または運用環境にサービスを配置した後にデバッグ情報を収集する方法は、ログ メッセージと警告だけです。Windows Azure に配置されたサービスにデバッガーをアタッチすることはできません。コンピューティング エミュレーターを使用してサービスをデバッグする方法の詳細については、「Azure SDK ツールを使用して、アプリケーションをパッケージ化し、実行し、デプロイする」を参照してください。

ストレージ エミュレーター サービスは、Windows Azure ストレージ サービスのシミュレーションを行います。これを使用すると、ストレージ サービスを呼び出すコードを実行およびデバッグできるため、コンピューティング エミュレーターと併用することにより、ローカル環境でのサービスのテストに役立ちます。サービスがローカル開発環境で実行されている場合、構成ファイルを変更して Windows Azure に接続し、運用ストレージ サービスに対して混合モードでテストすることもできます。

Windows Azure の運用ストレージ サービスに接続されたサービスは、混合モードで実行されます。つまり、サービスはコンピューティング エミュレーター内で実行されますが、データは Windows Azure でホストされます。ローカルのテストが完了したら、混合モードを使用してステージング環境でサービスをテストすることができます。

混合モードでサービスをデバッグしたら、パッケージ化し Windows Azure に配置する準備が整います。

デバッグが完了したら、CSPack コマンド ライン ツール を使用して、Windows Azure ステージング環境または運用環境に配置するサービスをパッケージ化します。cspack.exe ユーティリティは、Windows Azure 管理ポータルを使用して Windows Azure にアップロードできるサービス パッケージ ファイルを生成します。既定のパッケージ名は <service-name>.cspkg ですが、必要に応じて別の名前を指定できます。

Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio をインストール済みの場合は、Visual Studio 内からサービスをパッケージ化して配置できます。詳細については、「Azure Tools を使用したクラウド サービスの発行」を参照してください。

サービスをパッケージ化したら、Windows Azure 管理ポータルを使用して、Windows Azure のステージング環境または運用環境に配置するクラウド サービスを作成できます。

次の 2 つのファイルをアップロードする必要があります。

  • cspack.exe ユーティリティで作成したサービス パッケージ ファイル。

  • サービスの構成値を指定するサービス構成ファイル。

サービス パッケージ ファイルとサービス構成ファイルをアップロードすると、Windows Azure ステージング環境におけるサービスの非公開テストに使用できる内部ステージング URL が付与されます。サービスを運用環境に移行する準備ができたら、ステージング URL から運用 URL にサービスを切り替えます。

クラウド サービスの作成と配置の詳細については、「クラウド サービスを作成および配置する方法」を参照してください。

関連項目

表示:
© 2015 Microsoft