この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Delete Queue

 

Delete Queue 操作は、指定されたキューを完全に削除します。

Delete Queue 要求は次のように作成されます。 HTTPS が推奨されます。 置き換える myaccount をストレージ アカウントの名前。

メソッド

要求 URI

HTTP バージョン

DELETE

https://myaccount.queue.core.windows.net/myqueue

HTTP/1.1

エミュー レートされたストレージ サービスに対する要求を行うときに、エミュレーターのホスト名ととしてのキュー サービスのポートを指定 127.0.0.1:10001, 、その後にエミュー レートされたストレージ アカウントの名前。

メソッド

要求 URI

HTTP バージョン

DELETE

http://127.0.0.1:10001/devstoreaccount1/myqueue

HTTP/1.1

次の追加パラメーターを要求の URI で指定できます。

Parameter

description

timeout

省略可能です。 timeout パラメーターは、秒単位で表されます。 詳細については、次を参照してください。 キュー サービス操作のタイムアウトの設定です。

次の表は、必須の要求ヘッダーおよび省略可能な要求ヘッダーを示します。

要求ヘッダー

description

Authorization

必須。

認証スキーム、アカウント名、および署名を指定します。 詳細については、次を参照してください。 Azure ストレージ サービスの認証です。

Date または x-ms-date

必須。

要求の世界協定時刻 (UTC) を指定します。 詳細については、次を参照してください。 Azure ストレージ サービスの認証です。

x-ms-version

省略可能です。 この要求に使用する操作のバージョンを指定します。 詳細については、次を参照してください。 Windows Azure の BLOB サービス、キュー サービス、およびテーブル サービスのバージョン管理です。

x-ms-client-request-id

省略可能です。 ストレージ解析ロギングが有効なときに解析ログに記録される、クライアントで生成された非透過の値を 1 KB の文字制限付きで提供します。 クライアント側のアクティビティをサーバーが受信した要求と関連付けるために、このヘッダーを使用することを強くお勧めします。 詳細については、次を参照してください Storage Analytics Logging についてAzure ロギング:ログ ストレージ要求の追跡を使用したです。

ありません。

応答には、HTTP ステータス コードと一連の応答ヘッダーが含まれます。

操作が正常に終了すると、ステータス コード 204 (No Content) が返されます。

状態コードについては、次を参照してください。 ステータス コードとエラー コードです。

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。 追加の標準 HTTP ヘッダーが応答に含まれていることもあります。 すべての標準ヘッダーに準拠している、 http/1.1 プロトコル仕様です。

応答ヘッダー

description

x-ms-request-id

このヘッダーは要求を一意に識別するので、要求のトラブルシューティングに使用できます。 詳細については、次を参照してください。 API 操作のトラブルシューティングです。

x-ms-version

要求の実行に使用するキュー サービスのバージョンを示します。 このヘッダーはバージョン 2009-09-19 以降で行った要求に対して返されます。

Date

サービスによって生成される、応答の開始時刻を示す UTC 日付/時刻値。

ありません。

この操作を呼び出すことができるのはアカウント所有者のみです。

正常に削除されたキューは、その時点で削除対象としてマークされ、クライアントからアクセスできなくなります。 このキューは、後でガベージ コレクション中にキュー サービスから削除されます。

表示: