BLOB サービス操作のタイムアウトの設定
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

BLOB サービス操作のタイムアウトの設定

 

Blob サービス API に対する呼び出しで指定されているサーバーのタイムアウト間隔を含めることができます、 timeout 要求 URI のパラメーター。 サービスによる要求の処理が完了する前にタイムアウト間隔が経過すると、エラーが返されます。

BLOB サービスの操作の最大タイムアウト間隔は 30 秒です。ただし、次のような例外があります。 これらの例外とは別に、BLOB サービスでは、30 秒を超えるタイムアウトが最大値の 30 秒に自動的に短縮されます。

次の例では、残りの部分の URI のタイムアウト間隔を設定する、 List Containers (REST API) 20 秒に操作します。

GET https://myaccount.blob.core.windows.net?comp=list&timeout=20

次の操作では、標準の 30 秒のタイムアウト間隔に対して例外が実装されます。

  • BLOB の取得、ページ範囲の取得、またはブロック一覧の取得のための呼び出しの完了までの許容時間は、1 MB あたり 2 分です。 操作にかかる時間が平均で 1 MB あたり 2 分を超えると、操作はタイムアウトします。

  • BLOB の書き込み、ブロックの書き込み、またはページの書き込みのための呼び出しの完了までの許容時間は、1 MB あたり 10 分です。 場合は、操作は平均メガバイトあたり 10 分以上に長い時間がかかり、はタイムアウトします。

  • ブロック一覧の書き込みのタイムアウトの最大値は 60 秒です。

  • 最近削除したコンテナーは、そのコンテナーのすべての BLOB が削除されるまで、再作成できません。 コンテナー内に格納されていたデータの量に応じて、削除の完了には数秒から数分かかることがあります。 このクリーンアップの期間中に同じ名前のコンテナーの作成を試みると、直ちにエラーが返されます。

表示:
© 2016 Microsoft