このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Get Blob Metadata (REST API)

更新日: 2015年4月

Get Blob Metadata 操作は、指定した BLOB またはスナップショットに対するユーザー定義のメタデータを返します。

Get Blob Metadata 要求の構成は次のとおりです。HTTPS が推奨されます。myaccount はストレージ アカウントの名前に置き換えます。

 

  GET または HEAD メソッド要求の URI HTTP バージョン

https://myaccount.blob.core.windows.net/mycontainer/myblob?comp=metadata

https://myaccount.blob.core.windows.net/mycontainer/myblob?comp=metadata&snapshot=<DateTime>

HTTP/1.1

エミューレートされたストレージ サービスに対する要求では、エミュレーターのホスト名と BLOB サービス ポートを 127.0.0.1:10000 と指定し、その後にエミューレートされたストレージ アカウント名を指定します。

 

  GET または HEAD メソッド要求の URI HTTP バージョン

http://127.0.0.1:10000/devstoreaccount1/mycontainer/myblob?comp=metadata

HTTP/1.1

詳細については、「Using the Azure Storage Emulator for Development and Testing」を参照してください。

次の追加パラメーターを要求の URI で指定できます。

 

Parameter 説明

snapshot

省略可能。snapshot パラメーターは、BLOB のスナップショットが存在する場合に、取得するスナップショットを指定する非透過的な DateTime 値です。BLOB のスナップショットの操作の詳細については、「BLOB のスナップショットの作成」を参照してください。

timeout

省略可能。timeout パラメーターは、秒単位で表されます。詳細については、「BLOB サービス操作のタイムアウトの設定」を参照してください。

必須要求ヘッダーと省略可能な要求ヘッダーを次の表に示します。

 

要求ヘッダー 説明

Authorization

必須。認証スキーム、アカウント名、および署名を指定します。詳細については、「Azure ストレージ サービスの認証」を参照してください。

Date またはx-ms-date

必須。要求の世界協定時刻 (UTC) を指定します。詳細については、「Azure ストレージ サービスの認証」を参照してください。

x-ms-version

認証された要求では常に必須、匿名要求では省略可能です。この要求に使用する操作のバージョンを指定します。詳細については、「Windows Azure の BLOB サービス、キュー サービス、およびテーブル サービスのバージョン管理」を参照してください。

x-ms-lease-id:<ID>

省略可能。このヘッダーを指定すると、次の 2 つの条件を満たした場合にのみ Get Blob Metadata 操作が実行されます。

  • BLOB のリースが現在アクティブになっている。

  • 要求に指定されたリース ID が BLOB のリース ID と一致している。

2 つの条件を満たしていない場合は要求が失敗し、Get Blob Metadata 操作はステータス コード 412 (Precondition Failed) で失敗します。

x-ms-client-request-id

省略可能。Storage Analytics Logging が有効な場合に解析ログに記録される、クライアントで生成された非透過の値を 1 KB の文字制限付きで提供します。クライアント側のアクティビティとサーバーが受け取る要求を相互に関連付けるには、このヘッダーを使用することを強くお勧めします。詳細については、「Storage Analytics Logging について」および「Windows Azure のログ: ログを使用した、ストレージ要求の追跡」を参照してください。

この操作では、条件ヘッダーを使用して、指定した条件を満たした場合にのみ BLOB のメタデータ操作を取得することもできます。詳細については、「BLOB サービス操作の条件ヘッダーの指定」を参照してください。

なし。

応答には、HTTP 状態コードおよび一連の応答ヘッダーが含まれています。

操作が正常に終了すると、ステータス コード 200 (OK) が返されます。

ステータス コードの詳細については、「ステータス コードとエラー コード」を参照してください。

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。応答に追加の標準 HTTP ヘッダーが含まれる場合もあります。標準ヘッダーはすべて、HTTP/1.1 プロトコル仕様に準拠しています。

 

応答ヘッダー 説明

x-ms-meta-name:value

コンテナーのメタデータを返します。

Last-Modified

BLOB が最後に更新された日時。日付形式は RFC 1123 に従います。詳細については、「ヘッダーにおける日付/時刻値の表現」を参照してください。

BLOB を変更する操作 (BLOB のメタデータまたはプロパティの更新など) を行うと、BLOB の最終更新時刻が変更されます。

ETag

BLOB の ETag。要求バージョンが 2011-08-18 またはそれ以降である場合、ETag 値は引用符で囲まれます。

x-ms-request-id

このヘッダーは要求を一意に識別するので、要求のトラブルシューティングに使用できます。詳細については、「API 操作のトラブルシューティング」を参照してください。

x-ms-version

要求の実行に使用する BLOB サービスのバージョンを示します。このヘッダーはバージョン 2009-09-19 以降で行った要求に対して返されます。

このヘッダーは、コンテナーが BLOB サービスの 2009-09-19 バージョンを使用するパブリック アクセス用にマークされている場合は、バージョン指定のない匿名要求に対しても返されます。

Date

サービスによって生成される、応答の開始時刻を示す UTC 日付/時刻値。

なし。

この操作は、アカウント所有者、または、BLOB に対する読み取りアクセス許可がある共有アクセス署名を使用する任意のユーザーが実行できます。コンテナーの ACL が匿名アクセスを許可するように設定されている場合は、すべてのクライアントがこの操作を呼び出すことができます。

なし。

表示:
© 2015 Microsoft