この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

String.Trim メソッド (Char[])

 

公開日: 2016年10月

現在の String オブジェクトの先頭および末尾から、配列で指定された文字セットをすべて削除します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public string Trim(
	params char[] trimChars
)

パラメーター

trimChars
Type: System.Char[]

削除する Unicode 文字の配列、または null

戻り値

Type: System.String

現在の文字列の先頭および末尾から、trimChars パラメーターの文字をすべて削除した後に残った文字列。 trimCharsnull または空の配列の場合は、代わりに空白文字が削除されます。 現在のインスタンスから文字をトリムできない場合は、メソッドは現在のインスタンスを変更せずに返します。

Trimメソッドが現在の文字列からでは、すべての先頭および末尾の文字を削除、trimCharsパラメーター。 各先頭と末尾の操作が停止するのではない文字をトリムtrimCharsが発生しました。 たとえば、現在の文字列が"123abc456xyz789"とtrimChars桁の数字「1」~「9」が含まれています、 Trim "abc456xyz"を返します。

System_CAPS_noteメモ

場合、Trimメソッドは、現在のインスタンスから任意の文字を削除、このメソッドは、現在のインスタンスの値を変更しません。 代わりに、指定したすべての新しい文字列を返します先頭と末尾のtrimChars現在のインスタンス内に見つかった文字が削除されます。

現在の文字列が等しい場合Emptyまたは現在のインスタンスのすべての文字の文字から成る、trimChars配列を返しますEmptyです。

場合trimCharsnull空の配列に、このメソッドは、メソッドの返されると、先頭または末尾の文字を削除またはtrueに渡されるときに、Char.IsWhiteSpaceメソッド

呼び出し時の注意:

.NET Framework 3.5 SP1および以前のバージョン管理の場合、このメソッドがトリミングの空白文字の内部リストがtrimCharsnullまたは空の配列。 以降で、.NET Framework 4場合は、trimCharsnull、空の配列メソッドすべての Unicode の空白文字のトリムまたは (つまり、文字を生成、trueに渡されるときに値を返す、Char.IsWhiteSpaceメソッド)。 この変更のため、Trimメソッドで、.NET Framework 3.5 SP1し、以前のバージョンが、ゼロ幅スペース (U +0 200B) とゼロ幅非分割スペース (U+FEFF) の 2 つの文字を削除をTrimメソッドで、.NET Framework 4以降のバージョンが削除されません。 さらに、Trimメソッドで、.NET Framework 3.5 SP1と以前のバージョンは次の 3 つの Unicode の空白文字をトリムいません: モンゴル母音区切り記号 (U +0 180E)、幅の狭い非分割領域 (U +0 202F)、およびメディア数学的な領域 (U +0 205F)。

次の例では、String.Trim(Char[])文字列から文字、アスタリスク (*)、およびアポストロフィ (') 文字を削除する方法です。

using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      char[] charsToTrim = { '*', ' ', '\''};
      string banner = "*** Much Ado About Nothing ***";
      string result = banner.Trim(charsToTrim);
      Console.WriteLine("Trimmmed\n   {0}\nto\n   '{1}'", banner, result);
   }
}
// The example displays the following output:
//       Trimmmed
//          *** Much Ado About Nothing ***
//       to
//          'Much Ado About Nothing'

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: