この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

String.Trim メソッド (Char[])

現在の String オブジェクトの先頭および末尾から、配列で指定された文字セットをすべて削除します。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public string Trim(
	params char[] trimChars
)

パラメーター

trimChars
型: System.Char[]
削除する Unicode 文字の配列、または null

戻り値

型: System.String
現在の文字列の先頭および末尾から、trimChars パラメーターの文字をすべて削除した後に残った文字列。 trimCharsnull または空の配列の場合は、代わりに空白文字が削除されます。

Trim メソッドは、現在の文字列の先頭および末尾から、trimChars パラメーターで指定された文字をすべて削除します。 先頭および末尾から文字を削除する処理は、trimChars で指定されていない文字が出現したときに停止されます。 たとえば、現在の文字列が "123abc456xyz789" であり、trimChars に "1" から "9" までの数字が含まれる場合、Trim メソッドは "abc456xyz" を返します。

メモメモ

このメソッドは、現在のインスタンスの値を変更しません。 代わりに、現在のインスタンスで見つかる先頭および末尾の trimChars 文字をすべて削除した新しい文字列を返します。

現在の文字列が Empty に等しい場合、または現在のインスタンス内のすべての文字が trimChars 配列内の文字で構成されている場合、メソッドは Empty を返します。

trimCharsnull または空の配列の場合、このメソッドは、Char.IsWhiteSpace メソッドに渡すと true が返される先頭または末尾の文字を削除します。

呼び出し時の注意

trimCharsnullまたは空の配列である場合、.NET Framework 3.5 SP1 およびそれ以前のバージョンは、このメソッドがトリムする空白文字の内部リストを維持します。 .NET Framework 4 以降、trimCharsnull または空の配列である場合、メソッドはすべての Unicode 空白文字 (すなわち、Char.IsWhiteSpace メソッドに渡されるときに戻り値 true を生成する文字) をトリムします。 この変更により、.NET Framework 3.5 SP1 以前のバージョンの Trim メソッドは、ZERO WIDTH SPACE (U+200B) および ZERO WIDTH NO-BREAK SPACE (U+FEFF) の 2 つの文字を削除します。.NET Framework 4 の Trim メソッドはこれらを削除しません。 さらに、.NET Framework 3.5 SP1 以前のバージョンの Trim メソッドは 3 つの Unicode 空白文字、MONGOLIAN VOWEL SEPARATOR (U+180E)、NARROW NO-BREAK SPACE (U+202F)、および MEDIUM MATHEMATICAL SPACE (U+205F) をトリムしません。

次の例では、String.Trim(Char[]) メソッドを使用して、文字列から空白文字、アスタリスク文字 (*)、およびアポストロフィ文字 (') を削除します。


using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      char[] charsToTrim = { '*', ' ', '\''};
      string banner = "*** Much Ado About Nothing ***";
      string result = banner.Trim(charsToTrim);
      Console.WriteLine("Trimmmed\n   {0}\nto\n   '{1}'", banner, result);
   }
}
// The example displays the following output:
//       Trimmmed
//          *** Much Ado About Nothing ***
//       to
//          'Much Ado About Nothing'


.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

サポート対象:

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows XP SP2 x64 Edition, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。
表示: