Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/GX (例外処理の有効化)

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

extern C 関数が例外をスローしないと想定して、同期例外処理を有効にします。

/GX  

これは /EH (例外処理モデル) と同じです。

開発環境でコンパイルすると、/GX は既定で有効になっています。 コマンド ライン ツールを使用するときに、既定では /GX- が有効になっています。

詳細については、「C++ 例外処理」を参照してください。

/GX は使用されなくなりました。代わりに、/EH (例外処理モデル) を使用してください。 詳細については、「Deprecated Compiler Options in Visual C++ 2005」を参照してください。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

  2. [C/C++] フォルダーをクリックします。

  3. [コマンド ライン] プロパティ ページをクリックします。

  4. [追加のオプション]ボックスにコンパイラ オプションを入力します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定

表示: