OpenProcessToken

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc428944.aspx

プロセスに関連付けられているアクセストークンを開きます。

BOOL OpenProcessToken(
  HANDLE ProcessHandle, // プロセスのハンドル
  DWORD DesiredAccess,  // プロセスに対して希望するアクセス権
  PHANDLE TokenHandle   // 開かれたアクセストークンのハンドルへのポインタ
);

パラメータ

ProcessHandle
開くアクセストークンを保持するプロセスを識別します。
DesiredAccess
アクセストークンの要求アクセスタイプを指定するアクセスマスクを指定します。これらの要求アクセスタイプをトークンの DACL(随意アクセス制御リスト)と比較して、どのアクセスが許可され、どのアクセスが拒否されるかを決定します。
TokenHandle
この関数から制御が戻ったときに、新しく開かれたアクセストークンを識別するハンドルへのポインタを指定します。

戻り値

関数が成功すると、0 以外の値が返ります。
関数が失敗すると、0 が返ります。拡張エラー情報を取得するには、 関数を使います。

対応情報

Windows NT/2000:Windows NT 3.1 以降
Windows 95/98:対応していません
Windows CE:対応していません
ヘッダー:winbase.h 内で宣言
インポートライブラリ:advapi32.lib を使用

参照

AdjustTokenGroupsAdjustTokenPrivilegesGetTokenInformationOpenThreadTokenSetTokenInformation

表示: