Microsoft Developer Network Weekly News Japan = Vol.46 = 2/ 25/98

今週のトピック

  • 開発者とデジタル ナーバス システム
  • 次世代のための最新テクノロジー(第二回)
  • Microsoft Developer Days '98 Tokyo 4/14-15 開催決定!
  • アスキーからWindows NT専門誌の決定版いよいよ創刊!!
  • MSDNアーカイブCD-ROMご提供中
  • MSDN会員登録内容の変更

開発者とデジタル ナーバス システム

人間の神経システムとデジタル ナーバス システムの間に類似点が多く存在することを皆さんはご存知ですか?

デジタル ナーバス システムとは会社の決定事項や イベントへの反応を支援するシステムのことですが、もうすでにこのデジタルナーバスシステムについてのBill Gatesのビジョンをどこかでお聞きになったことがあるのではないでしょうか。
それでは、このシステムは開発者にとってどのようなことを意味するのでしょうか?

Visual C++のゼネラル マネージャAaron ContorerがSoftware Development West ショーでのキーノートで答えています。詳細またはスライドは下記URLから 参照することができます。
http://www.microsoft.com/msdn/news/sdwest98.htm (英語)

コンピュータ システムは、生物の神経システムにおける進化とかなり類似した変化を遂げていると言えるでしょう。初期のコンピュータはタスクを自動化しただけのものでしたし、初期の神経システムは、単純にからだの機能をコントロールするだけのものでした。しかし、コンピュータと神経システムはしだいにコミュニケーション(通信網)をコントロールするようになり、また 経験からの「学習」を取り込むようになりました。トラディショナル アプリケーション(PDP-11で走行する小規模で実行可能なアプリケーション)は、特別な問題解決に焦点を絞られすべてカスタム ビルトされていました。ところが、最新の分散システムでは異種のプラットフォームをサポートし、現存する互換性のないマテリアルを再使用する必要性がでてきています。
分散アプリケーションのそれぞれのコンポーネントは、明確なデザイン条件が必要です。データベースは頑強でスケーラブルでなければなりません。ビジネスロジック コンポーネント は柔軟性がなければなりません。また、ユーザ インターフェイスはユーザの興味や注意を引くものであるべきです。 また カスタマイズできなくてはなりません。
これらすべてを一つに結びつける為に、分散アプリケーションは「良質のアーキテクチャ」を必要とします。良質のアーキテクチャ つまりWindows DNAがこれらのデザイン必須条件をアプリケーションに組み入れることができるのです。
HTMLベース インターフェイスの幅広い リーチ対ネイティブ インターフェイスのパワー のように、反対のトレンドを調和させ、バランスをとることも可能です。 また、Windows DNAの柔軟なUI、パワフルなビジネスロジック そして統合されたストーレッジの3階層それぞれで、Visual Studioのツールやテクノロジがサポートします。このようにWindows DNAは、柔軟なアプリケーション構築のソリューションとなるテクノロージを提供するものなのです。

次世代のための最新テクノロジー(第二回)

Microsoft Message Queue Service (MSMQ)コードネーム"Falcon"としても知られているMSMQは、Windows 9xとWindows NTオペレーティング システムのメッセージ キューイング(応答)テクノロジ市場に投下した最初のMicrosoft製品です。 MSMQはMicrosoft Active Serverプラットフォームの鍵となる部分であり、ネットワーク上においてメッセージの送受信によってアプリケーションが他のアプリケーションとコミュニケートする簡単な方法を提供します。MSMQメッセージは送信者と受信者の両方が解析できるなら、どのフォーマットのデータでも含むことができます。アプリケーションがリクエストメッセージを受け取る時、メッセージ内容の読み取りや適宜に実行するリクエストを処理します。もし必要であれば、アプリケーションの受信時にリクエスト送信者へ返信メッセージを送ることができます。
送信者と受信者の間の移動中、MSMQはキューと呼ばれる一時的な保管場所にメッセージを保存します。MSMQキューは、移動中の喪失からメッセージを守り、準備ができた時に新しいメッセージを取得する場所を提供します。最も重要なことは、受信アプリケーションが実行中かネットワーク上で正しく届くかどうかによらず、アプリケーションがメッセージを送信したり、処理を続けるためにMSMQを使用できるということです。受信者は、リモートやモバイル ユーザに使用されているアプリケーションの場合のように、問題や通常の運用の結果で起きる切断が原因で届かない可能性があります。ネットワークが稼動中もしくは、受信したアプリケーションがいつでもリクエストを処理する準備が出来ている時は、MSMQが確実に受信待ちメッセージを届けます。ミッション クリティカル アプリケーションには、このような確実性が必要です。

MSMQは、ActiveX サポート、ダイナミック ルーティング と コンフィグレーション、マルチプル デリバリーと受信通知オプション、およびWindows NTセキュリティ環境との統合-MSMQをWindows 95とWindows NTオペレーティング システムで稼動するアプリケーションのためのメッセージ キューイング製品として選択たらしめる-のような幅広い特長を持ちます。MSMQは、Windows 95やWindows NTプラットフォームにフォーカスしていますが、他の重要なプラットフォームや製品とも相互に連携可能です。
来週は、注目されているComponent Service " Microsoft Transaction Server"についてご紹介する予定です。

Microsoft Developer Days '98 Tokyo 4/14-15 開催決定!
-最新OS、最新開発ツールで創る「Windows DNA」の世界-

マイクロソフト公認 Regional Director である株式会社アスキー・ネットワーク・テクノロジーの主催で「Microsoft Developer Days '98 Tokyo」が 4月14日~15日の2日間、新宿京王プラザホテルにて開催されます。
今回の「DevDays'98」では、マイクロソフトの次世代 OS である Windows NT 5.0、Windows 98 を中心に、Visual Studio 98、SQL Server 7.0、Site Server 3.0といった最新製品群を利用した Windows DNA アーキテクチャの全貌とその詳細を解説する数多くのセッションがデモンストレーションと共に行われ、今後のアプリケーション開発にとって非常に有意義な情報が提供されます。また、ActiveXベンダ会、JWNTUG、PCDN等のエンジニア団体からのゲスト講師も招き、具体的な問題解決の方法についてもセッションを展開する予定です。 更には主要ベンダーの代表者により展開されるパネルディスカッションでは、最新技術に関する激論も予想されるなど、盛りだくさんの内容となっています。
今回MSDN会員の皆様は、一般参加費 54,000円のところ特別にパートナー価格49,000円にてご参加いただけます。 是非ともこの機会を逃さず、ご参加いただけますようご案内申し上げます。
ご参加の皆様には、最新製品のベータ版を含む CD-ROMや、アプリケーション開発に役立つ解説書などを配布させていただく予定です。 どうぞご期待ください。
尚マイクロソフトでは、Regional Director 各社を通じて、全国主要都市在住の開発者の皆様方に最新テクノロジーをお伝えする場として 「Microsoft Developer Days」を各地で開催しています。 あわせてご利用ください。
詳細なご案内は下記URLをご参照ください。

URL: http://www.ant.co.jp/devdays_rel.html

また、お問い合せは下記運営事務局までお願い致します。

DevDays運営事務局 TEL: 03-5350-1033
e-mail: mailto:devdays@ant.co.jp

アスキーからWindows NT専門誌の決定版いよいよ創刊!!

― 拡大・多様化し、成熟するWindows NT市場に向けて本命登場 -
    今ならおトク!2大特典 キャンペーン実施中

株式会社アスキーより、ビジネスを活かすWindows NT専門誌『アスキーNT』(米Windows NT System誌提携)を4月24日創刊いたします。『アスキーNT』では、昨今のWindows NTの普及を考慮し、同製品を中心とした仕事に役立つ情報を提供します。創刊にあたり、「今ならおトク!2大特典キャンペーン」を3月8日まで実施しております、この機会にお申し込みください。

ビジネスを活かすWindows NT専門誌 『アスキー NT』
- 日常のトラブルに効く充実のコンテンツ -

創刊号CONTENTS(記事タイトル、内容は予定です)
2大特集
  • NT徹底チューニング
    - システム/アプリケーションの最大性能を引き出す! -
  • 快速ネットワークのかなめ
    - ルータをマスターする -

最新情報
最新ニュース&解説「NT Watcher」出荷直前・直後の新製品をすばやく解説「Quick Review」注目の製品を掘り下げる「Product Briefing」300を超えるNTおよびネットワーク製品の最新情報を毎号チエック「Updating!」

連載
NT実験室・ロードテスト、Windows NTコアテクノロジー、資格取得講座、SQL Server/Exchange Server/ノーツドミノなどを解説「基礎の基礎」シリーズ、NTトラブルレスキュー

― 毎号、Windows NT最新技術やツボを押さえた実践解説、ネットワーク技術とホットな製品を徹底追求!―

今ならおトク!2大特典

平成10年3月8日まで年間購読をお申し込みいただくと、以下のような特典をご用意しております。
Webで簡単にご予約いただけます。==>http://www.ascii.co.jp/nt/

  • 特典1
    「定期購読3ヶ月分 無料購読サービス!」1年間(12ヶ月分)の定期購読料金にて、創刊号('98年4月発売号)から'99年6月発売号まで合計15ヶ月間(15号分)ご購読いただけます。

  • 特典2
    「先着200名様、月刊 net PC別冊「実践!Windows NT ネットワーキング」無料進呈!」
    Windows NT 4.0を使用したネットワークの構築・運用からトラブルシューティングまで、最新技術やノウハウを詳細に解説した、アスキー既刊「実践! Windows NT ネットワーキング」(定価¥2,000 大好評発売中)を無料進呈いたします。
  • 定期購読のお申し込み方法および内容に関する詳細はこちらでご覧いただけます。 ==> http://www.ascii.co.jp/nt/
  • 定期購読に関するお問い合わせは下記でも承っております。

    株式会社ダイレクト サービスセンター
    TEL 03-5351-8202 (AM10:00~PM5:00 土・日・祝日は除く)
    FAX 03-5351-8201 (24時間受付)

MSDNアーカイブCD-ROMご提供中

- Weekly News Vol.39 でご案内しております。 -

Microsoftでは32-bit環境でのアプリケーション開発を推進していますが、企業のビジネスユース上で従来の(16-bit対応)アプリケーション開発を行なっている方も少なくありません。「受託開発としてMS-DOSやWindows 3.1など、従来のオペレーティングシステム上のアプリケーション開発がいまだに続いているが、その開発環境が入手できない」という声に応えて、MSDNでは、ご希望の方に16-bitアプリケーション開発にも対応した開発環境をご提供しております。
定期版と違い、内容は当面更新されることはありません。MSDN会員の方に1回のみの発送となります。お申し込みいただいた方には、無償でご提供いたします。お申し込みは、下記ホームページからお申し込みください。

http://www.msj.co.jp/msdn/archive/

MSDN会員登録内容の変更

MSDN会員の方へ製品を確実にお届けする為に登録内容に変更がありましたら、必ずご連絡ください。
登録内容の変更方法は、下記のホームページをご利用ください。ホームページにアクセスできない場合は、事務局へお電話ください。
なお、会社名変更の場合は、別途、社名変更の確認ができる書類が必要となります。「登録内容変更依頼書」と一緒に郵送またはFAXをお願いいたします。
また、会員名義が変更した場合は、新しい会員証を郵送しております。

- 登録内容変更ホームページ -
http://www.msj.co.jp/msdn/registration/


Microsoft Developer Network Weekly News Japan

発行:
マイクロソフト デベロッパーネットワーク事務局
〒332 埼玉県川口市本町 4-1-8
TEL:
048-226-5700
<9:30~12:00 13:00~17:30 祝祭日を除く月から金曜日>
FAX:
048-226-1177
Email:
dn-info@m-group.co.jp

MSDN Weekly News Japan は、マイクロソフト株式会社の許可なく自由に再配布できます。ただし、書面による事前の許可無しに、改変および他メディアへの転載などを行うことを一切禁止します。記載されている会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標または商標です。

表示: