WaitForDebugEvent

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms679308.aspx https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms679308.aspx

デバッグ中のプロセスでデバッグイベントが発生するのを待機します。

BOOL WaitForDebugEvent(
  LPDEBUG_EVENT lpDebugEvent,  // デバッグイベントの情報が入った構造体へのポインタ
  DWORD dwMilliseconds         // イベント待機時間(ミリ秒)
);

パラメータ

lpDebugEvent
待機するデバッグイベントの情報が入った 構造体へのポインタを指定します。
dwMilliseconds
デバッグイベントを待機する時間をミリ秒単位で指定します。0 を指定すると、指定したデバッグイベントが発生しているかどうかテストされ、ただちに制御が戻ります。INFINITE を指定すると、指定したデバッグイベントが発生するまで制御が戻りません。

戻り値

関数が成功すると、0 以外の値が返ります。
関数が失敗すると、0 が返ります。拡張エラー情報を取得するには、GetLastError 関数を使います。

解説

WaitForDebugEvent 関数を呼び出すことができるのは、デバッグ中のプロセスを作成したスレッドだけです。

注意(警告)  WaitForDebugEvent 関数を呼び出すスレッドへの非同期プロシージャ呼び出し(APC)をキューに置かないでください。

対応情報

Windows NT/2000:Windows NT 3.1 以降
Windows 95/98:Windows 95 以降
Windows CE:対応していません
ヘッダー:winbase.h 内で宣言
インポートライブラリ:kernel32.lib を使用

参照

ContinueDebugEventDebugActiveProcessDebugBreak、、OutputDebugString

表示: