FlashWindow

指定されたウィンドウのタイトルバーを 1 回点滅させます。ウィンドウのアクティブ状態を変更することはありません。

指定された回数だけウィンドウを点滅させるには、FlashWindowEx 関数を使います。

BOOL FlashWindow(
  HWND hWnd,     // ウィンドウのハンドル
  BOOL bInvert   // フラッシュのステータス
);

パラメータ

hWnd
点滅対象のウィンドウのハンドルを指定します。このウィンドウは、開いていても最小化されていてもかまいません。
bInvert
ウィンドウの点滅状態を変化させるか、元の状態に戻すかを指定します。TRUE を指定すると、タイトルバーの点滅状態が変化します(アクティブのときは非アクティブになり、非アクティブのときはアクティブになります)。FALSE を指定すると、元の状態(アクティブか非アクティブ)に戻ります。アプリケーションが最小化されている場合、TRUE を指定すると、タスクバーのウィンドウボタンの状態が変化します(アクティブ/非アクティブのどちらか)。FALSE を指定すると、タスクバーのウィンドウボタンは非アクティブへ変化しますが、これは色が変わらないことを意味します。再描画する場合と同様に点滅状態が変化しますが、ユーザーにとっては、視覚的な反転による手がかりが何も得られません。

戻り値

FlashWindow 関数を呼び出す前のウィンドウの点滅状態が返ります。呼び出しを行う前に、アクティブなウィンドウと同じ表示状態になっていた場合は、0 以外の値が返ります。非アクティブなウィンドウと同じ表示状態になっていた場合は、0 が返ります。

解説

ウィンドウが点滅するということは、ウィンドウが非アクティブからアクティブへ、またはアクティブから非アクティブに変化する場合と同様に、キャプションバーの外観が変化することを意味します。(非アクティブなキャプションバーはアクティブへ、アクティブなキャプションバーは非アクティブへ変化します。)実際にアクティブ状態になったり、非アクティブ状態になったりするわけではありません。

通常、キーボードフォーカスが置かれていないウィンドウにユーザーの注意を向けるために、ウィンドウを点滅させます。

FlashWindow 関数は、ウィンドウを 1 回だけ点滅させます。ウィンドウを連続して点滅させるには、システムタイマを利用するべきです。

対応情報

Windows NT/2000:Windows NT 3.1 以降
Windows 95/98:Windows 95 以降
ヘッダー:Winuser.h 内で宣言、Windows.h をインクルード
インポートライブラリ:User32.lib を使用

表示: