Windows マルチメディア

Windows マルチメディアの関数には、次のものがあります。

関数説明
acmDriverAdd利用可能な ACM ドライバの一覧に、ドライバを追加します。
acmDriverClose以前にオープンした ACM ドライバインスタンスをクローズします。
acmDriverDetails指定された ACM ドライバを照会し、その機能を調べます。
acmDriverEnumドライバまたは FALSE を返すコールバック関数がなくなるまで、利用可能な ACM ドライバを列挙します。
acmDriverEnumCallbackacmDriverEnum 関数とともに使用されるコールバック関数です。
acmDriverIDオープンしている ACM ドライバインスタンスまたはストリームハンドルに関連する ACM ドライバ識別子のハンドルを返します。
acmDriverMessage指定された ACM ドライバインスタンスに、ユーザー定義のメッセージを送信します。
acmDriverOpen指定された ACM ドライバを開き、そのドライバとの通信に使用できるドライバインスタンスハンドルを返します。
acmDriverPriorityACM ドライバの優先順位および状態を変更します。
acmDriverProcACM ドライバとともに使う、アプリケーション定義のコールバック関数を指定します。
acmDriverRemove利用可能な ACM ドライバの一覧から、ACM ドライバを削除します。
acmFilterChooseACM 定義のダイアログボックスを作成し、ユーザーがウェーブフォームオーディオフィルタを選択できるようにします。
acmFilterChooseHookProcユーザー定義関数を指定して、acmFilterChoose ダイアログボックスをフックします。
acmFilterDetails特定のウェーブフォームオーディオフィルタタグを持つフィルタの詳細について、ACM を照会します。
acmFilterEnumACM ドライバから指定されたフィルタタグに利用可能なウェーブオーディオフィルタを列挙します。
acmFilterEnumCallbackacmFilterEnum 関数とともに使う、アプリケーション定義のコールバック関数を指定します。
acmFilterTagDetails特定のウェーブフォームオーディオフィルタタグに関する ACM ドライバの詳細を照会します。
acmFilterTagEnumACM ドライバから利用可能なウェーブオーディオフィルタタグを列挙します。
acmFilterTagEnumCallbackacmFilterTagEnum 関数ととに使う、アプリケーション定義のコールバック関数を指定します。
acmFormatChooseACM 定義のダイアログボックスを作成し、ユーザーがウェーブフォームオーディオフォーマットを選択できるようにします。
acmFormatChooseHookProcacmFormatChoose ダイアログボックスをフックする、ユーザー定義のコールバック関数を指定します。
acmFormatDetails特定のウェーブフォームオーディオフォーマットタグに対応する、フォーマットの詳細について ACM を照会します。
acmFormatEnum指定されたフォーマットタグに利用可能なウェーブフォーム オーディオフォーマットを、ACM ドライバから列挙します。この関数は、適切なフォーマットタグがすべて列挙されるか、コールバック関数が FALSE を返すまで列挙を続けます。
acmFormatEnumCallbackacmFormatEnum 関数とともに使う、アプリケーション定義のコールバック関数です。
acmFormatSuggestACM または指定された ACM ドライバをテストして、目的のフォーマットを提供されるソースフォーマットとして推奨します。
acmFormatTagDetails特定のウェーブフォームオーディオフォーマットタグの詳細について ACM を照会します。
acmFormatTagEnumACM ドライバから利用可能なウェーブオーディオフォーマットタグを列挙します。
acmFormatTagEnumCallbackacmFormatTagEnum 関数とともに使う、アプリケーション定義のコールバック関数です。
acmGetVersionACM のバージョン番号を取得します。
acmMetricsACM またはそれに関連する ACM オブジェクトのさまざまなメトリックを取得します。
acmStreamCloseACM 変換ストリームを閉じます。
acmStreamConvert指定された変換ストリームでの変換を ACM に要求します。ストリームを開いた方法により、変換は同期的または非同期的に行われます。
acmStreamConvertCallbackacmStreamOpen 関数が CALLBACK_FUNCTION フラグをセットした場合に使われる、アプリケーション定義のコールバック関数です。
acmStreamMessageACM ドライバにドライバ固有のメッセージを送信します。
acmStreamOpenACM 変換ストリームを開きます。
acmStreamPrepareHeaderACM ストリーム変換のために、 構造体を準備します。
acmStreamReset指定された ACM ストリームの変換を停止します。
acmStreamSizeACM ストリームの変換元または変換先バッファの推奨サイズを取得します。
acmStreamUnprepareHeaderacmStreamPrepareHeader 関数が ACM ストリーム変換のために行った準備をクリーンアップします。
auxGetDevCaps指定された補助出力デバイスの機能を取得します。
auxGetNumDevsシステムにインストールされている補助出力デバイスの数を取得します。
auxGetVolume指定された補助出力デバイスの、現在のボリューム設定を取得します。
auxOutMessage指定された補助出力デバイスに、メッセージを送信します。
auxSetVolume指定された補助出力デバイスのボリュームを設定します。
AVIBuildFilter 関数または 関数で使うフィルタの仕様を作成します。
AVIClearClipboardクリップボードから AVI ファイルを削除します。
AVIFileAddRefAVI ファイルの参照カウントを 1 つ増やします。
AVIFileCreateStream既存のファイルに新しいストリームを作成し、そのストリームへのインターフェイスを作成します。
AVIFileEndRecordビデオデータとオーディオデータのインターリーブ率が 1:1 のインターリーブファイルを書き込むときに、レコードの終端をマークします。
AVIFileExitAVIFile ライブラリを終了し、ライブラリの参照カウントを 1 つ減らします。
AVIFileGetStream指定された AVI ファイルに関連付けられたストリームインターフェイスのアドレスを返します。
AVIFileInfoAVI ファイルについての情報を取得します。
AVIFileInitAVIFile ライブラリを初期化します。
AVIFileOpenAVI ファイルを開き、それにアクセスするのに使うファイルインターフェイスのアドレスをを取得します。
AVIFileReadData作者や著作権情報など、ファイル全体に適用されるオプションのヘッダデータを読み取ります。
AVIFileReleaseAVI ファイルインターフェイスハンドルの参照カウントを 1 つ減らし、カウントが 0 になるとファイルを閉じます。
AVIFileWriteData補足データ (通常のヘッダー、フォーマット、ストリームデータ以外) を、ファイルに書き込みます。
AVIGetFromClipboardクリップボードから AVI ファイルをコピーします。
AVIMakeCompressedStream非圧縮ストリームと圧縮フィルタから圧縮されたストリームを作成し、圧縮されたストリームへのポインタのアドレスを取得します。
AVIMakeFileFromStreams各ストリームから、AVIFile インターフェイスポインタを構成します。
AVIMakeStreamFromClipboardクリップボード上のストリームデータから編集可能なストリームを作成します。
AVIPutFileOnClipboardAVI ファイルをクリップボードにコピーします。
AVISave他のファイルまたはメモリのデータストリームを組み合わせて、AVI ファイルを作成します。
AVISaveOptionsファイルの保存オプションを取得し、それをバッファに返します。
AVISaveOptionsFreeAVISaveOptions 関数で割り当てたリソースを解放します。
AVISaveV他のファイルまたはメモリのデータストリームを組み合せて、AVI ファイルを作成します。
AVIStreamAddRefAVI ストリームの参照カウントを 1 つ増やします。
AVIStreamBeginStreamingストリーミングで使うパラメータを指定し、ストリーミング用のストリームハンドラを初期化します。
AVIStreamCreateファイルと関連しないストリームを作成します。
AVIStreamEndStreamingストリーミングを終了します。
AVIStreamFindSample指定された位置からの相対的なサンプル (キーフレーム、空でないフレーム、フォーマット変更を含むフレーム) の位置を取得します。
AVIStreamGetFrame圧縮解除されたビデオフレームのアドレスを取得します。
AVIStreamGetFrameCloseビデオフレームの解凍に使ったリソースを解放します。
AVIStreamGetFrameOpen指定されたビデオストリームからビデオフレームを解凍する準備をします。
AVIStreamInfoストリームヘッダー情報を取得します。
AVIStreamLengthストリームの長さを取得します。
AVIStreamOpenFromFileAVI ファイルから 1 つのストリームを開きます。
AVIStreamReadストリームタイプに従って、ストリームからオーディオ、ビデオまたはその他のデータを読み取ります。
AVIStreamReadDataAVI ストリームからオプションのヘッダーデータを読み取ります。
AVIStreamReadFormatAVI ストリームフォーマットデータを読み取ります。
AVIStreamReleaseAVI ストリームインターフェイスハンドルの参照カウントを 1 つ減らし、カウントが 0 になるとストリームを閉じます。
AVIStreamSampleToTimeストリーム位置をサンプルからミリ秒に変換します。
AVIStreamSetFormat指定された位置にストリームのフォーマットを設定します。
AVIStreamStartストリームの先頭サンプルの番号を返します。
AVIStreamTimeToSampleストリーム位置をミリ秒からサンプルに変換します。
AVIStreamWriteストリームにデータを書き込みます。
AVIStreamWriteDataストリームにオプションのヘッダー情報を書き込みます。
capControlCallbackストリーミングキャプチャの開始と終了の精度をコントロールする、アプリケーション定義のコールバック関数です。
capCreateCaptureWindowキャプチャウィンドウを作成します。
capErrorCallbackビデオキャプチャ関数とともに使われる、アプリケーション定義のエラーコールバック関数です。
capGetDriverDescriptionキャプチャドライバのバージョン情報を取得します。
capStatusCallbackビデオキャプチャ関数とともに使われる、アプリケーション定義のステータスコールバック関数です。
capVideoStreamCallbackストリーミングキャプチャ関数とともに使われる、アプリケーション定義のコールバック関数です。オプションで、キャプチャされたビデオのフレームを処理します。
capWaveStreamCallbackストリーミングキャプチャ関数とともに使う、アプリケーション定義のコールバック関数です。オプションで、オーディオデータのバッファを処理します。
capYieldCallbackビデオキャプチャ関数とともに使われる、アプリケーション定義のコールバック関数です。
CreateEditableStream編集可能なストリームを作成します。
DllGetClassObjectC++ ファイルに使われるエントリポイントで、ハンドラのインスタンスを作成するストリームハンドラです。
DrawDibBeginDrawDib デバイスコンテキストのパラメータを変更するか、または DrawDib デバイスコンテキストを新しく初期化します。
DrawDibChangePaletteDIB を描画するために使われるパレットエントリを設定します。
DrawDibCloseDrawDib デバイスコンテキストを閉じ、DrawDib がそれに割り当てたリソースを解放します。
DrawDibDraw画面に DIB を描画します。
DrawDibEndDrawDibBegin 関数または DrawDibDraw 関数でセットされた DrawDib デバイスコンテキストのフラグとそれ以外の設定をクリアします。
DrawDibGetBuffer圧縮解除のために DrawDib に使われるバッファの位置を取得します。
DrawDibGetPaletteDrawDib デバイスコンテキストで使われるパレットを取得します。
DrawDibOpenDrawDib ライブラリを開き、描画のために DrawDib デバイスコンテキストを作成します。
DrawDibProfileDisplayディスプレイシステムの設定を決定します。
DrawDibRealize指定された DC と共に使う DrawDib DC のパレットを実体化します。
DrawDibSetPaletteDIB の描画に使うパレットを設定します。
DrawDibStartストリーミング再生用に DrawDib DC を準備します。
DrawDibStopストリーミング再生用に DrawDib DC が使しているリソースを解放します。
DrawDibTime描画処理に関するタイミング情報を取得します。
DrawEscapeグラフィックデバイスインターフェイス (GDI) から直接操作できないビデオディスプレイの描画機能にアクセスします。
EditStreamCopy編集可能のストリーム (またはその一部) をテンポラリストリームにコピーします。
EditStreamCut編集可能のストリームの全体または一部を削除して、ストリームの削除された部分から、編集可能のテンポラリストリームを作成します。
EditStreamPasteあるストリームからストリーム (またはその一部) をコピーし、それを別のストリーム内の指定位置に貼り付けます。
EditStreamSetInfo編集可能ストリームの特性を変更します。
EditStreamSetNameストリームに、説明文を割り当てます。
GetOpenFileNamePreview[ファイルを開く]ダイアログボックスを使ってファイルを選択します。
GetSaveFileNamePreview[名前を付けて保存]ダイアログボックスを使って、ファイルを選択します。
ICCloseコンプレッサ (圧縮処理) またはデコンプレッサ (圧縮解除処理) を終了します。
ICCompress1 つのビデオイメージを圧縮します。
ICCompressorChooseコンプレッサ (圧縮処理) を選択するためのダイアログボックスを表示します。
ICCompressorFreeほかの VCM 関数が使った 構造体のリソースを解放します。
ICDecompress1 つのビデオフレームを圧縮解除します。
ICDecompressEx1 つのビデオフレームを圧縮解除します。
ICDecompressExBegin圧縮データを解凍するために、デコンプレッサ (圧縮解凍処理) の設定を行ないます。
ICDecompressExQueryデコンプレッサ (圧縮解凍処理) が特定の形式でデータを解凍できるかどうかを調べます。
ICDrawイメージを描画のために解凍します。
ICDrawBeginレンダラーを初期化して、描画のために描画先を準備します。
ICDrawSuggestFormat描画ハンドラに推奨入力データ形式を通知します。
ICGetDisplayFormat圧縮されたイメージの表示に最適な、利用可能な形式を決定します。
ICGetInfoコンプレッサ (圧縮処理) に関する情報を取得します。
ICImageCompressイメージを指定されたサイズに圧縮します。
ICImageDecompress初期化関数を使わずにイメージを解凍します。
ICInfoインストールされた特定のコンプレッサ (圧縮処理) に関する情報を取得するか、またはインストールされたコンプレッサを列挙します。
ICInstall新しいコンプレッサ (圧縮処理) またはデコンプレッサ (解凍処理) をインストールします。
ICLocate指定された形式でイメージを処理できるコンプレッサかデコンプレッサ、または指定された形式でイメージをハードウェアに直接解凍できるドライバを検索します。
ICOpenコンプレッサ (圧縮処理) またはデコンプレッサ (解凍処理) を開きます。
ICOpenFunction関数として定義されたコンプレッサ (圧縮処理) またはデコンプレッサ (解凍処理) を開きます。
ICRemoveインストールされたコンプレッサ (圧縮処理) を削除します。
ICSendMessageコンプレッサ (圧縮処理) にメッセージを送信します。
ICSeqCompressFrameフレームシーケンスの 1 つのフレームを圧縮します。
ICSeqCompressFrameEndICSeqCompressFrameStart 関数と ICSeqCompressFrame 関数を使って開始したシーケンスの圧縮を終了します。
ICSeqCompressFrameStartICSeqCompressFrame 関数を使い、フレームシーケンスを圧縮するためのリソースを初期化します。
ICSetStatusProcステータスコールバック関数のアドレスをコンプレッサ (圧縮処理) に送信します。
IOProcデータベースやファイルアーカイブなどの固有の格納システムにアクセスします。このコールバック関数は、mmioInstallIOProc 関数を使ってインストールまたは削除できます。
joyGetDevCapsジョイスティックを照会してその性能を調べます。
joyGetNumDevsジョイスティックドライバを照会して、サポートされるジョイスティック数を取得します。
joyGetPosジョイスティックを照会して、その位置とボタンの状態を取得します。
joyGetPosExジョイスティックを照会して、その位置とボタンの状態を取得します。
joyGetThresholdジョイスティックを照会して、現在の移動しきい値を取得します。
joyReleaseCapture指定のキャプチャされているジョイスティックを解放します。
joySetCapture指定されたウィンドウにメッセージを送信して、ジョイスティックをキャプチャします。
joySetThresholdジョイスティックの移動しきい値を設定します。
mciGetCreatorTask指定されたデバイスのクリエータタスクを取得します。
mciGetDeviceIDオープンしているデバイスの名前に対応するデバイス識別子を取得します。
mciGetErrorString指定された MCI(メディアコントロールインターフェイス) エラーコードに対応する、エラーの内容を説明する文字列を取得します。
mciGetYieldProc待機 (MCI_WAIT) フラグと関連付けられたコールバック関数のアドレスを取得します。
mciSendCommand指定された MCI(メディアコントロールインターフェイス) デバイスへ、コマンドメッセージを送信します。
mciSendStringMCI(メディアコントロールインターフェイス) デバイスへ、コマンド文字列を送信します。
mciSetYieldProc待機 (MCI_WAIT) フラグが指定されたために、MCI デバイスがコマンドの終了を待っている間、定期的に呼び出されるプロシージャのアドレスを設定します。
MCIWndCreateMCIWnd ウィンドウクラスを登録して、MCI サービスを使うために MCIWnd ウィンドウを作成します。
MCIWndRegisterClassMCI ウィンドウクラス (MCIWND_WINDOW_CLASS) を登録します。
midiConnectMIDI 入力デバイスを MIDI 通過デバイスまたは MIDI 出力デバイスに接続します。
midiDisconnectMIDI 入力デバイスと、MIDI 通過デバイスまたは MIDI 出力デバイスの接続を解除します。
midiInAddBuffer入力バッファを指定のオープンしている MIDI 入力デバイスに送信します。
midiInClose指定された MIDI 入力デバイスをクローズします。
midiInGetDevCaps指定された MIDI 入力デバイスの性能を調べます。
midiInGetErrorText指定されたエラーコードで識別される、エラーの原文記述を取得します。
midiInGetID指定された MIDI 入力デバイスのデバイス識別子を取得します。
midiInGetNumDevsシステムに存在する MIDI 入力デバイスの数を取得します。
midiInMessageMIDI デバイスドライバにメッセージを送信します。
midiInOpen指定された MIDI 入力デバイスをオープンします。
midiInPrepareHeaderMIDI 入力のためのバッファを準備します。
MidiInProc着信 MIDI メッセージを処理するコールバック関数です。
midiInReset指定された MIDI 入力デバイスで入力を停止します。
midiInStart指定された MIDI 入力デバイスで MIDI 入力を開始します。
midiInStop指定された MIDI 入力デバイスで MIDI 入力を停止します。
midiInUnprepareHeadermidiInPrepareHeader 関数を使って行った準備をクリーンアップします。
midiOutCacheDrumPatches内蔵 MIDI シンセサイザデバイスをあらかじめロードし、指定された一連のキーベースのパーカッションパッチをキャッシュするように要求します。
midiOutCachePatches内蔵 MIDI シンセサイザデバイスをあらかじめロードし、指定された一連のパッチをキャッシュするように要求します。
midiOutClose指定された MIDI 出力デバイスをクローズします。
midiOutGetDevCaps指定された MIDI 出力デバイスを照会して、その性能を調べます。
midiOutGetErrorText指定されたエラーコードで識別されるエラーの原文記述を取得します。
midiOutGetID指定された MIDI 出力デバイスのデバイス識別子を取得します。
midiOutGetNumDevsシステムに存在する MIDI 出力デバイス数を取得します。
midiOutGetVolumeMIDI 出力デバイスの現在のボリューム設定を取得します。
midiOutLongMsg指定された MIDI 出力デバイスにシステム排他 MIDI メッセージを送信します。
midiOutMessageMIDI デバイスドライバにメッセージを送信します。
midiOutOpen再生のために MIDI 出力デバイスをオープンします。
midiOutPrepareHeader出力のために、MIDI システム排他バッファまたはストリームバッファを準備します。
MidiOutProc発信 MIDI メッセージを処理するコールバック関数です。
midiOutReset指定された MIDI 出力デバイスに対するすべての MIDI チャネルの音符 (ノート) をすべてオフにします。
midiOutSetVolumeMIDI 出力デバイスのボリュームを設定します。
midiOutShortMsg指定された MIDI 出力デバイスに短い MIDI メッセージを送信します。
midiOutUnprepareHeadermidiOutPrepareHeader 関数を使って行なった準備をクリーンアップします。
midiStreamClose開いている MIDI ストリームを閉じます。
midiStreamOpen出力のために MIDI ストリームを開きます。
midiStreamOutMIDI データのストリーム (バッファ) を MIDI 出力デバイスで再生するか、またはそのキューに入れます。
midiStreamPause指定された MIDI ストリームの再生を一時停止します。
midiStreamPositionMIDI ストリーム内の現在位置を取得します。
midiStreamPropertyMIDI 出力デバイスと関連付けられた MIDI データストリームのプロパティを設定、または取得します。
midiStreamRestart一時停止した MIDI ストリームを再開します。
midiStreamStop指定された MIDI 出力デバイスのすべての MIDI チャネルで、音符 (ノート) をすべてオフにします。
mixerClose指定されたミキサーデバイスをクローズします。
mixerGetControlDetailsオーディオラインと関連付けられた、1 つのコントロールに関する詳細を取得します。
mixerGetDevCaps指定されたミキサーデバイスを照会して、ミキサーデバイスの性能を調べます。
mixerGetID指定されたデバイスハンドルと関連付けられたミキサーデバイスのデバイス識別子を取得します。
mixerGetLineControlsオーディオラインと関連付けられている 1 つ以上のコントロールを取得します。
mixerGetLineInfoミキサーデバイスの特定のラインに関する情報を取得します。
mixerGetNumDevsシステムに存在するミキサーデバイスの数を取得します。
mixerMessageカスタムミキサードライバメッセージを、ミキサードライバに直接送信します。
mixerOpen指定されたミキサーデバイスをオープンし、アプリケーションがハンドルをクローズするまでデバイスが削除されないようにします。
mixerSetControlDetailsオーディオラインと関連付けられた 1 つのコントロールのプロパティを設定します。
mmioAdvancemmioGetInfo 関数での直接入出力バッファアクセス用にセットアップされたファイルの入出力バッファを進めます。
mmioAscendmmioDescend 関数で進入した、または mmioCreateChunk 関数で作成した RIFF ファイルのチャンクから退出します。
mmioClosemmioOpen 関数で開いたファイルを閉じます。
mmioCreateChunkmmioOpen 関数で開かれた RIFF ファイルにチャンクを作成します。
mmioDescendmmioOpen 関数で開いた RIFF ファイルのチャンクに進入します。また、指定されたチャンクを検索することもできます。
mmioFlushファイルの入出力バッファに書き込みがあった場合、バッファをディスクに書き込みます。
mmioGetInfommioOpen 関数で開いたファイルに関する情報を取得します。
mmioInstallIOProcカスタムの I/O プロシージャをインストールまたは削除します。
mmioOpen入出力のバッファリングを解除するか、入出力をバッファリングして、ファイルを開きます。
MMIOProcmmioInstallIOProc 関数でインストールされたカスタム I/O(入出力) プロシージャです。
mmioReadmmioOpen 関数で開いたファイルから、指定されたバイト数を読み取ります。
mmioRename指定されたファイルの名前を変更します。
mmioSeekmmioOpen 関数で開いたファイルの現在のファイル位置を変更します。
mmioSendMessage指定されたファイルと関連付けられた I/O プロシージャにメッセージを送信します。
mmioSetBuffer入出力のバッファリングを有効または無効にします。または、mmioOpen 関数で開いたファイルのためのバッファまたはバッファサイズを変更します。
mmioSetInfommioOpen 関数を使って開いたファイルについて、mmioGetInfo 関数で取得した情報を更新します。
mmioStringToFOURCCNULL で終わる文字列を 4 文字コードに変換します。
mmioWritemmioOpen 関数で開いたファイルに指定されたバイト数を書き込みます。
MyStatusProcICM_SET_STATUS_PROC メッセージおよび ICSetStatusProc 関数で使われるアプリケーション定義のステータスコールバック関数です。
timeBeginPeriodアプリケーションまたはデバイスドライバの最小タイマ分解能を設定します。
PlaySoundファイル名、リソース、システムイベントのいずれかで指定されたサウンドを再生します。各システムイベントは、レジストリ内または WIN.INI ファイル内で、1 つのサウンドに関連付けることもできます。
sndPlaySoundWAVEフォームサウンドを再生します。
timeEndPeriod以前にセットされた最小タイマ分解能をクリアします。
timeGetDevCapsタイマデバイスを照会して、分解能を調べます。
timeGetSystemTimeシステム時刻をミリ秒単位で取得します。
timeGetTimeシステム時刻をミリ秒単位で取得します。
timeSetEvent指定されたタイマイベントを開始します。
waveInAddBuffer提供されたウェーブフォームオーディオ入力デバイスに、入力バッファを送信します。
waveInClose提供されたウェーブフォームオーディオ入力デバイスをクローズします。
waveInGetDevCaps提供されたウェーブフォームオーディオ入力デバイスの性能を取得します。
waveInGetErrorText提供されたエラー番号で識別される、エラーの原文記述を取得します。
waveInGetID提供されたウェーブフォームオーディオ入力デバイスのデバイス識別子を取得します。
waveInGetNumDevsシステムに存在するウェーブフォームオーディオ入力デバイスの数を取得します。
waveInGetPosition提供されたウェーブフォームオーディオ入力デバイスの、現在の入力位置を取得します。
waveInMessageウェーブフォームオーディオ入力デバイスドライバにメッセージを送信します。
waveInOpen提供されたウェーブフォームオーディオ入力デバイスを、録音のためにオープンします。
waveInPrepareHeaderウェーブフォームオーディオ入力のために、バッファを初期化します。
waveInProcウェーブフォームオーディオ入力デバイスとともに使われるコールバック関数です。
waveInReset提供されたウェーブフォームオーディオ入力デバイスでの入力を停止し、現在位置を 0 にリセットします。
waveInStart提供されたウェーブフォームオーディオ入力デバイスでの入力を開始します。
waveInStopウェーブフォームオーディオ入力を停止します。
waveInUnprepareHeaderwaveInPrepareHeader 関数で行われた初期化をクリーンアップします。
waveOutBreakLoop提供されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスでのループを中断し、ドライバリストの次のブロックで再生を継続できるようにします。
waveOutClose提供されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスをクローズします。
waveOutGetDevCaps提供されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスの性能を取得します。
waveOutGetErrorText提供されたエラー番号で識別される、エラーの原文記述を取得します。
waveOutGetID提供されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスのデバイス識別子を取得します。
waveOutGetNumDevsシステムに存在するウェーブフォームオーディオ出力デバイスの数を取得します。
waveOutGetPitch指定されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスの現在のピッチ設定を取得します。
waveOutGetPlaybackRate指定されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスの現在の再生レートを取得します。
waveOutGetPosition提供されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスの現在の再生位置を取得します。
waveOutGetVolume指定されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスの現在のボリュームレベルを取得します。
waveOutMessageウェーブフォームオーディオ出力デバイスドライバにメッセージを送信します。
waveOutOpen提供されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスを、再生のためにオープンします。
waveOutPause提供されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスでの再生を一時停止します。
waveOutPrepareHeader再生のために、ウェーブフォームオーディオデータブロックを初期化します。
waveOutProcウェーブフォームオーディオ出力デバイスとともに使われるコールバック関数です。
waveOutReset提供されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスでの再生を停止し、現在位置を 0 にリセットします。
waveOutRestart一時停止したウェーブフォームオーディオ出力デバイスでの再生を再開します。
waveOutSetPitch指定されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスのピッチを設定します。
waveOutSetPlaybackRate指定されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスの再生レートを設定します。
waveOutSetVolume指定されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスのボリュームレベルを設定します。
waveOutUnprepareHeaderwaveOutPrepareHeader 関数で行われた初期化をクリーンアップします。
waveOutWrite提供されたウェーブフォームオーディオ出力デバイスに、データブロックを送信します。
表示: