DeleteObject

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc428944.aspx

ペン、ブラシ、フォント、ビットマップ、リージョン、パレットのいずれかの論理オブジェクトを削除し、そのオブジェクトに関連付けられていたすべてのシステムリソースを解放します。オブジェクトを削除した後は、指定されたハンドルは無効になります。

BOOL DeleteObject(
  HGDIOBJ hObject   // グラフィックオブジェクトのハンドル
);

パラメータ

hObject
ペン、ブラシ、フォント、ビットマップ、リージョン、パレットのいずれかの論理オブジェクトのハンドルを指定します。

戻り値

関数が成功すると、0 以外の値が返ります。

指定したハンドルが有効でない場合、またはデバイスコンテキストでそのオブジェクトが選択されている場合は、0 が返ります。

Windows NT/2000:拡張エラー情報を取得するには、 関数を使います。

解説

デバイスコンテキストで選択されている描画オブジェクト(ペンまたはブラシ)は削除しないでください。

パターンブラシを削除しても、そのブラシに関連付けられているビットマップは削除されません。ビットマップを削除するには、個別に削除を行う必要があります。

対応情報

Windows NT/2000:Windows NT 3.1 以降
Windows 95/98:Windows 95 以降
ヘッダー:Wingdi.h 内で宣言、Windows.h をインクルード
インポートライブラリ:Gdi32.lib を使用

参照

SelectObject

表示: